仕事・ファッションの悩めることなら「ヒロローグ」

考え方・実践

【世界一ふざけた夢の叶え方】仕事で独立したい人は読むべし

更新日:




世界一ふざけた夢の叶え方レビュー

僕が読んでみてとてもワクワクできた本を紹介したいと思います。この本を読んで、なんだか自分も頑張らないといけないなぁなんて思いましたね。

成功者の本を読むのが好きのですが、本書は全員が夢や目標に向かって進んでいき、各々の夢を実現させていくといった内容になります。

是非、皆さまもお時間がある時に読んでみて下さい。

実際に本書に書かれている内容をすべて実践している訳ではないですが、こういう仲間を持つってとても素敵なことだと思いますし、こういう仲間が欲しいと切実に思いました。

自分の夢は仲間の夢と一緒に叶えていく。

この本では3人の男性がメインの本で、菅野一勢さん、柳田厚志さん(通称:ぼーず)そして、ひすいこたろうさんのお話しになります。

内容を少し紹介させていただくと、男同士で毎月1回、居酒屋で定例会という名の飲み会を開いていたそうです。

そこでノートに「1年後に自分はどうなっているか」の夢をそれぞれ書き合います。

そしてその夢に対して全員で「お前ならできる!」と励まし合うことでした。

最初は年収1億だとか、本をだしていきなりベストセラーだとか現実に考えると有り得ないようなふざけた夢だったのですが、結果的にノートに夢を描き、全員で励ましあった結果、全員がこのとき描いたすべての夢を叶えてしまいます。

「1人で見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ」オノ・ヨーコ

本書では、夢は仲間と一緒に、ウキウキしながら紙に書くと叶う!と何度も伝えています。

絶対楽しいですよね!?確かにひとりだと限界はあっても仲間がいたら頑張れる気がします。

仲間だけどライバルとする

毎月定例会で集まっては、夢に向かってどうなってるかの進捗状況を報告しあって、その度にみんなでコメントをし合うのですが、ほかの仲間の進捗状況を聞いて○○には負けない!とより一層ややる気がでたり。

あいつにだけは負けたくないというライバル心を持つこと。それこそが、最高の潜在能力開発法だと本書でも綴っています。

要は、かけっこと同じですよね。一人で50m走るよりも、一緒に走ってくれる人が居たほうがタイムも短くなります。

仕事も同じなんですかね。同じような目標、志を持った人と一緒に高みを目指したらきっとどんどんタイムが更新されていき、結果最速タイムで成功できるんでしょう。

実際、惰性で働いてる人(僕とか)も大勢いる中で、ブレない心を持つというのは非常に重要なんだと、読む度に思います。

そして本書で僕がとても影響された言葉があるので、是非、皆さまにも紹介させていただきますね!

「ツイてる人」とはツイてると言っている人である

もともとは斉藤一人さんの言葉らしいです。

斉藤一人さんとは?

1993年以来、毎年、全国高額納税者版付で、総合10位に入り続けているとんでもない方です。

で、そんな人が実践してる言葉らしく僕も速攻で影響され、嫌なことがあっても無理やりポジティブな理由を付けて「ラッキー♪」と思うようにしてます。

本当に困った時こそ言えるようになりたいですね。またこの考え方が身体に染み付いたら本当に怖いものなしな気がします。

そうなるように癖づけていきたいですね。

「ラッキー♪」

ビジネスこそ究極の遊び

今は働き方に革命が起きている。

今僕たちが生きている現在は、インターネットの発達でオフィスも必要なければ出社する必要もありません。

サービス業など直にお客さんに接する場合は例外ですが、ネット環境さえあれば世界中のどこにいても好きなときに仕事ができる環境が整いつつあります。

好きな時に好きな仲間と好きな場所で仕事しようと思えばできるんです。

そんなことを教えてくれます。

確かに今の日本の働き方だと延々と会社の歯車となり、本来自分がしたかった仕事をできる人なんて一握りでしょう。

僕もその「枠」から抜け出せない一人ですが、35歳には独立するという夢がありますので少しづつでも今の考え方を柔軟にしたいなと思います。

世界一ふざけた夢の叶え方:まとめ

ほんと一部しか抜粋して書きませんでしたが、これから起業を目指す方や、今の働き方に疑問を持ってる方には是非一読してほしいと思います。

僕も今後の働き方を非常に考えさせられました。大好きな仲間と遊ぶように仕事してもいいんです。

そんな人生を楽しみながら働くという本来なら舐めるな!と言われてしまいそうなことですが、楽しく稼げる、楽しく働くって人生の大半を占める働くという行為に対してとても重要だと改めて実感できるはずです。

他にも起業して加速度的に成功させる秘訣や自分の経験がお金になる!?など気になるコンテンツが盛りだくさんの一冊になってます。

おすすめ書籍紹介でした!







関連コンテンツ

-考え方・実践

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.