\おすすめのアパレル転職サイトはこちら/

【辞めるって言いづらい】円満退社をスムーズに成功させる方法

4 min
会社辞めたいって言いづらい

いざ、転職が決まって、今の会社辞めるぞ!っと決意が固まっても、その意思を上司や会社に伝えるとなると、新たなプレッシャーがあなたを襲います。

私も転職先が決まったら「速攻でやめてやる〜」なんて思ってましたがいざ転職先が決まって、次は会社に言わなければ・・・って考え出したときに「なんて言いづらいんだ・・・」と絶望したものです

そこで、会社を辞めるって言いづら過ぎて新たな悩みに直面しているあなたへ、上司に辞める旨を伝える方法をまとめましたので、無事に円満退社してください!

そもそも「会社を辞める」のですから言いづらくて当たり前

ブラック企業で精神共々にダメージを受けているのであれば、問答無用で辞めるんだ!ってアドバイスするのですが、転職理由って様々です。

リカルド

リカルド

言いづらい理由なんて置かれてる環境で変わりますが、大体、このあたりでしょう。

辞めると言いづらい理由
  • 仕事が忙しい(繁忙期)
  • 人が足りてない
  • 引き継ぐ時間がない
  • 上司が怖い(パワハラ系)
  • 情が湧いてくる
  • 他の社員に迷惑をかけてしまう

本当に状況は人それぞれですが、根本は全て「人間関係」に集約されます。

「こんなに言い出せない自分が情けない」と自分を責めるのはNGです。むしろ、こんなに辞める会社のことを考えられる自分を褒めてあげてください。

リカルド

リカルド

あなたが「会社を辞める」ってことはすでに決定事項として決まっています。

ここで言い出せずにダラダラと時間をかけてしまうと、会社のスケジュールもどんどん詰まっていき、どんどん言い出しにくくなります。

言い出しにくい気持ちは良く分かりますが、「辞める」と決めた以上、できるだけ早く会社に伝えることが大事です。

円満退社のためにスムーズに行動に移そう

私は言い出しづらくて無駄に1週間くらい時間をかけてしまいました。

転職先が決まっている場合、向こうもいつから出社できるのかを早く知りたいはずです。

しかし、今在籍している会社に辞める旨を伝え、やるべき事を終えない限りは正確な日程を先方に伝えることはできません。

たまに「辞める会社なんだからどうでもいい」なんて意見を見かけたりしますが、社会は狭いです。

リカルド

リカルド

円満退社することが何があっても正解です。

全くの他業種であれば、今後また仕事で遭遇する可能性は低いですが、同業種であれば遭遇してもOKな状態にしておくべきです。

会社を辞めると確定した時点で早急な行動が、結果的にあなた自身を楽にしてくれます。

会社(上司)にどうやって伝えるのがベスト?

私は実際にこれまで何度も転職をしていますが、結果的に全て同じ方法で上司に伝えており、全ての会社で円満退社できています。

おそらく多くの人が嫌に感じるのは辞めることを伝える為に上司を呼び出すことではないでしょうか?

その方法は特に特別なことは何一つしておりませんが、私のケースを書いておこうと思います。

リカルド

リカルド

円満退社に向けての初動についてお話しします。

私のケース
  • 上司が一人の時を見計らって「お話があります」や「少しミーティングの時間をいただいてもいいでしょうか」といった具合に伝える
  • そうすると大体は「退職か!?」と内心では勘付かれますが「わかった。では○時にミーティングに出よう」などと向こうからアクションが返ってくる
  • ミーティングまで持っていければ、あとはありのままを話すだけでOK

「なんで?」「今後こういうポストを任せようかと思っていた」「俺は評価していた」などと辞めさせまいと揺らぐ言葉をいくつか言われることでしょう

しかし「辞める」と言った以上、これらの言葉にグラつかないようにしてください。

リカルド

リカルド

そもそも退職の旨を伝えるというのは、そういうことです。

こちらもガッチガチに決意したからこそ、会社を辞めると伝えているということを忘れないようにしましょう

あまりギリギリになってしまうと、民法に触れて希望日までに退職できない可能性も出てきますし、悩んでいても結局会社に伝えることは変わらないので、遅くとも1カ月前には伝えるようにしてください。

会社規定がある場合は規定に合わせるのがベストです

私が以前、退職した時の記事があるので、一例として見てください。

代わりに退職手続きをしてくれる「退職代行」を使うのもあり

私もこんなサービスがあるなんて知りませんでしたが、パワハラ上司や異常な会社体質に悩むサラリーマンは少なくありません。

リカルド

リカルド

そこで代わりに退職をしてくれる代行サービスがあるのです。

通常の企業であれば、筋を通して自分で伝えるべきだとは思います。しかし世の中には常識が通用しないブラック企業も数多く存在します。

毎日毎日、罵倒してくる上司に「辞めます」っていうのがどれほどの勇気が必要になるのか、考えただけでもわかるはずです。

そんな会社や上司であれば正直、直接話す必要もないと僕は考えますので、あまりに理不尽な会社に対しては「退職代行サービス」を利用するのもありです。

\ブラック企業にサラバ/

|業界最安値 27,000円で安心退職|

ガールさん

ガールさん

ブラック企業に同情の余地はないわ。

どんなにギリギリになっても2週間以内はNG!

まず,法律上,労働者側からは,2週間の予告期間を置けば,いつでも雇用契約の解約(退職)ができることになっています(民法627条1項)。
その一方で,期間によって報酬を定めた場合には,当期の前半に解約申入れ(退職を申し出ること)をすれば,次期に解約(退職)となります(民法627条2項)。
一般的には,給与は月給制が原則とされています(労働基準法24条2項)。
注意すべき点は,627条1項の2週間が適用されるのは,結局,『日払い』『週払い』など,給与が月単位ではない場合のみ,ということです。

引用:https://www.mc-law.jp/rodo/1616/

基本的に正社員であれば、民法上は2週間前に会社に伝えていれば、問題なしとされていますが、会社規定によっては「1カ月前」「2カ月前」など民法とズレが生じているケースも少なくありません。

会社規定に準じて会社に辞める旨をお伝えするのを推奨しますが、転職先の都合によっては難しいケースも出てきます。(できるだけすぐに来て欲しいなど)

その場合でも2週間を切っている場合は、希望日までに退職できない可能性が出てきますので、やはり行動は早いに越したことはありません。

目安として、どんなに言いづらくて引っ張ってしまった場合でも「2週間前」までに会社に報告しましょう。

リカルド

リカルド

一般的には2週間前だとあまりに時間が少ないため、いい顔はされない可能性大です。

円満退社をするのであれば、会社規定に従うのがベスト

また、余裕を持って伝えていた場合、使いきれなかった有給休暇はお金として返ってくるケースもあるので、自分の会社はどうなのか調べておきましょう。

まとめ:時間をかけても良いことはなし!

この記事のまとめ
  • 退職活動は迅速に行動しよう!
  • 辞めるまでに必要な流れは3つだけ
  • ブラック企業なら退職代行を使うのもあり
  • 民法上、遅くても2週間前までに伝える!

何回やっても退職の旨を会社に伝えるってしんどい作業です。

リカルド

リカルド

個人的には転職活動よりもしんどいと感じます。

しかし、自分自身がより良い生活、キャリアアップして行くためには、今の時代に転職は必要不可欠です

一昔前までであれば「終身雇用制」が当たり前で一社で定年まで働くってのが一般的でしたが、今の時代は違います。

終身雇用制度は今の時代には崩壊している

長く働いたところで昇給額は知れていますし、そもそも大企業がバンバン倒産やリストラなど人員削減をしている時代です。

リカルド

リカルド

そんな時代ですから自分の身は自分で守らなければなりません。

自分の武器を増やしていくとなると、どうしても転職は必要になります。

これまで働いてきた会社に「情」が出ないわけがありません。

私も当たり前のように毎回、感じています。

会社に辞めるって言うのはとても言いにくいですが、きちんとルール(会社規定、民法)に準じて行動すれば、頭で考えているよりもはるかにスムーズに事は運んでいきます

言いづらいからと悩んでいる時間が勿体無いですし、何より「辞める事は決まっている」のですから、後はいかに円満退社できるか?に考えをシフトしていくと結果もついてきます。

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です