仕事・ファッションの悩めることなら「ヒロローグ」

社会情勢・知っておきたいこと

【上京】東京へ家探しに行く際に気を付けるべき”たった2つ”のポイント

投稿日:




僕はずーっと東京で働くのが夢で、学校を卒業後は1年ほどフリーターをしてお金を貯めて翌年に無事に上京することに成功しました。

この時に実際に貯まった金額は130万円くらいでしたが、並行して仕事も探さなければならなかった為、「家探しで往復」「仕事の面接」で東京を行き来するというコスパ最悪の方法を選択してしまったのです。

 

この時は僕もまだ若く、130万円もあったら余裕でしょ!なんていう若さ全開の考えでしたが気が付けばこの130万円はあっという間に底をつき、東京で最初に就職した会社は安月給だったので、東京に行ってすぐ極貧生活を送る羽目になりました。

東京ってとても華やかで遊ぶところも沢山ありますし、若かった僕にとっては「お金」が余りに足りませんでした。

 

それもそのはずです。

家探しのためだけに関西(当時は神戸近辺に住んでました)から東京までを合計3往復もしてしまったのです。

ちなみにですが、この距離を新幹線で往復した場合約3万円ほどかかってしまいます。

往復だけで10万円・・・

この段階で資産の13分の1を失ってしまったのです。

で、後になってこうしとけばよかった。。。なんてポイントがありますので、これから上京を考えているあなたの参考になるはずですので、この僕の失敗を糧に無駄なく上京して頂ければと思います。

下調べは”超”重要

実は僕は、この上京をするまで東京に行ったことがありませんでした。

憧れこそあったものの、なんとなく自分の中でタイミングがなかったのでしょう。お金もなかったですし彼女もいなかったのでディズニーランドへ行こう!なんて幸せなプランもなく、僕の周りには東京に憧れている人もおらず、一人モンモンとしていました。

一人でもいけよ!って話ですが、人見知りのチキンなシャイBOYには一人で東京に遊びに行くなんてハードルが高すぎました。

 

そんな感じで、ざっくりと「東京」への憧れだけが余計に強くなってしまったのかもしれません。しかし、いざ、住むところを探し始めた時に一つ目の致命的なミスが浮き彫りになります。

東京って思ったより広かった




そうです。

東京に住みたいと考えていましたが、「東京」って思ったより広いんです(笑)

そこで激しく後悔したのが、実際に東京の不動産屋に行くまで「ここに住みたい」もっといえば「このあたりに住みたい」など全く考えていなかったのです。

 

バカなのかな(笑)?

 

その時は、状況資金を貯めるために毎日ほぼ無休で働いていましたし、「東京に一刻も早く行くんだ」という熱い思いだけで行動していましたので、具体的なことは一切無視してたんですよね。

そして、意気揚々と家探しに東京に行ったものの、東京に着いて初めて「どこに住もっかなー」と考え始めたレベルでした。

 

結果的に、東京に着いてから本気で住む場所を考え始めるという愚策を決行し、無駄に満喫に宿泊し、初日は下調べで潰すというなんとも笑える一日目になりました。しかも、これが初東京で初東京がこのザマでした。

漠然と東京進出を考えていたものの、肝心なところをマルッと全部考えていなかったことが、僕の敗因です。仕事が先に決まっていれば、職場に合わせて家を決めることができたのですが、仕事もまだ決まっていない状態だったのも僕の要領の悪さを露出する形になってしまいました。

◎失敗しないポイント

・住みたい場所はあらかじめ徹底的にリサーチ
・東京は思ってるよりも広い(マジで)

先に仕事を決める!

これも普通に考えればわかることですね。(僕はわかってませんでした)

独り身が家を選ぶ基準って、やっぱり職場から近い場所を選ぶと思います。しかし、バカな僕は東京に移りたいがあまり、先に家探しをしてしまいました。

まぁそこから通える範囲のところで探すっていうのも有りかとは思いますが、僕はやりたいことが明確に決まっていたのでこの案は却下でした。

 

後、精神的にも先に仕事が決まっている方が安心です。

僕は幸いにも、引越してからそこまで引っ張ることなく仕事先が決まりましたが、今思うとなかなかギャンブラーなことしてたなぁと思います。

もし仕事が決まらなかったら東京に行っていきなり路頭に迷うか「したくもない仕事」に精を出す羽目になり、「何をしに東京へ上京したのかわからなくなる」ところでした。危ない危ない。

◎失敗しないポイント

・精神のためにも先に仕事を決める
・先の保険も確保しつつ行動、勢いだけは×

同時に見つけることが理想

まぁ、とはいえ家探しと職探しを同時に進めることが理想です。

職探しで東京に行った時に家も探す。

これができれば完璧なんですが(実際、並行してた日もありました)、かなりしんどい。。。

当時は状況資金繰りのため、アルバイトのシフトはほとんど埋まっており空いた日に弾丸で家探しに行っている状況でした。そこで面接先の企業がある程度合わせてくれると同時進行できたりするのですが、向こうも僕個人のためにそこまで合わせてくれるはずもなく、結局うまく噛み合わせることができずに何度も東京に出向く羽目になってしまったという訳です。

 

ということで、家が決まって仕事が決まるまでに結構な金額が吹っ飛び、引越先で家具やらなんやら揃えると・・・

 

まぁ吹っ飛びましたよねぇ、130万円なんて秒殺でしたねぇ(白目)

ここでのお金の使い方は完全に失敗でしたし、いざ東京に来てもお金がなくてほとんど楽しめませんでした。なのでこれから東京進出を考え、「家・職」を探すあなたにぴったりのサービスが有ります。

東京で働きたい人必見!仕事と住まいを同時に探してくれる裏技を伝授します!

東京は刺激に満ちた楽しい街 地方に住んでいる方にとって、東京って一度は住んでみたい都市の一つではないでしょうか?やかましいから嫌だという方も勿論いるでしょう。しかし、それはあくまであなたの先入観が生ん ...

続きを見る

詳しくは上記記事を読んでいただけるとわかるのですが、僕が大失敗を犯した「家・職」を同時に探してくれるエージェントです。

僕が上京する時にはなかったサービスなので、非常に悔やまれますが今はあります。さらには一番最初に支払うでっかいお金があります。ご存知でしょうか?

引っ越しする時には「敷金と礼金」が必ずと行っていいほどかかってきますが、またこの額が結構でかいんですよね。。。その辺りの初期費用もこのサービスを使えば無料ですのでお金は相当浮いてくるはずです。

お金が浮けば?

東京をエンジョイできますよね(笑)僕は全くエンジョイできなかったので、あの時にこのサービスがあればぁぁぁあぁと悔やんでいます。

さらには、同時に「仕事」も探してくれるので、僕みたいに何回も往復をしなくて済みます。

 

僕の時にはなかったけど、今はあります。

 

お金のことで、東京進出を諦めてる方も多いのではないでしょうか?

お金のことで東京進出を諦めて欲しくないなぁと個人的に思います。だって本気で東京生活楽しかったから!

このサービスもいつ終わるかわからないので、本気で東京進出を考えているなら今ですよ!

では、東京を楽しんできてください!!!

 







関連コンテンツ

-社会情勢・知っておきたいこと

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.