自分の適正年収っていくら?5分で簡単チェック>>

【東京住みなら】アパレル販売員でキャリアアップは必須だという話

4 min
【東京住みなら】アパレル販売員でキャリアアップは必須だという話 アイキャッチ画像

私のアパレル販売員として歴は某セレクトショップだったのですが、今思えば恐ろしいほどの安月給で働いていました。

田舎の物価が安い地域なら良いかもですが、これが東京になると話は別です。

東京は物価がとにかく高いです

今は某ラグジュアリーブランドで、それなりに良い給料で結婚もして子供もいる訳ですが、当時は自分1人を養うことで精一杯でした。

今だからこそ言えることも多いのですが、結論として、アパレル販売員として頑張って行くなら「キャリアアップ」は必須項目です。

特に「東京」という物価が高い街で「不自由なく」暮らしていくのにはキャリアの構築は絶対的に必要不可欠なのです。

私は恥ずかしい話ですが6年もの間、何も考えずに過ごしたおかげで20代後半になるまで貧乏で本当に辛かったです。

当然ですが、そうはなりたくないですよね。

最初に結論を言うと、金銭面で楽になりたければ転職を成功させるしかありません。

転職するなら圧倒的にクリーデンスがおすすめ!

東京でアパレル販売員をするにあたって、なぜキャリアアップが必須なのか、について実体験をもとに詳しく書かせていただきます。

東京住みのアパレル販売員が、キャリアアップ必須な理由

東京住みのアパレル販売員が、キャリアアップ必須な理由 画像

理由はただ一つ。「お金」です。

冒頭でも書きましたが、東京は物価が高く、住む地域によっては家賃もエグいです。(この部屋でそんなに取るか???ってレベルです)

  • お金がないから行きたい飲み会にも行けない
  • お金がないから欲しい服も買えない
  • お金がないから恋人にもいつも割り勘
  • お金がないから将来が不安になる
リカルド

リカルド

お金がないことで制限されることが多過ぎて辛かったです。

お金がないことにより、食事も大したものが食べられないし、たまにの飲みの場でも常に「お金」を意識してしまいます。

絶対に参加したい飲み会もお金がないので行けません。

アパレル販売員として働いていると、新作がシーズンごとに入荷してきます。そうなると、欲しくなるのが人間の性です。

でも、お金がないので我慢を強いられることが増えます。

恋人がいて、デートに行っても基本「割り勘」。

本当はどんなにご馳走したくてもお金がないから割り勘にせざるを得ないのです。

そして最後に、お金がないことにより将来に対する不安が募るのです。

この状態から脱出する方法はただ一つだけ。

給料をあげるしかありません。

すなわち「キャリアアップ」するしかないのです。

好きなことにお金を使えず毎日の生活でいっぱいいっぱいになった私の話

好きなことにお金を使えず毎日の生活でいっぱいいっぱいになった私の話 画像

私は約6年ほど東京でアパレル販売員として何も考えずに過ごしました。

その結果、それなりの経験値は積めたのかもしれませんが、自分の将来に対するキャリアプランは皆無でした。

給料も大して増えない。毎日、毎月、毎年、生活が楽になることはなく、ただただ何かを常に我慢する毎日。

今思えば、よく6年も耐えれたな、と思う訳ですが、当時の私はお金がないことに慣れていたんだと思います。

お昼ご飯は家で炊いた白米にコンビニで買ったカップラーメン。夜は百円ローソンで買ったもやしを焼肉のタレで炒める。飽きてきたら、スパゲティにお茶漬けの素を混ぜた簡易パスタを繰り返す日々。

どんなに欲しい物があってもお金がないので諦め、数少ない手持ちから日銭を稼ぐために売って凌ぐ毎日。

彼女ができてもお金がないので贅沢は一切なし。

こんな生活に慣れてしまっていて、周りも同じようなレベルが集まっていたので、何も違和感を感じず「これが普通」になってしまってたのです。

しかし、そんな中、同じアパレル業界なのに私よりも遥かに年収も高く、日々楽しそうにしている人と出会ったことで私の価値観は少しおかしいということに気がつきました。

この時にこの人と出会っていなければ、私は今でも極貧生活をしていたと思います。

某セレクトショップのMDと知り合ったことで私の価値観が崩壊した

飲み会でたまたま紹介された某セレクトショップのMDと出会ったことで、私の価値観は崩壊しました。

彼はMD(マーチャンダイジング)というアパレルの中でも少し特殊な役職を持つ人でしたが、彼もまたアパレル販売員からキャリアをあげていったとのこと。

もともとMDになりたかったらしいのですが、私との決定的な違いはMD(キャリアアップするために)になるために努力を惜しまなかったということ。

私は日々に流され、何も考えずに毎日毎日過ごしていたのですから、ほぼ同年代にも関わらずその差は歴然だったのです。

そこで私は初めてこう思いました。

リカルド

リカルド

私も給料を上げるためにキャリアアップしたい・・・

ただの販売員からキャリアアップするために手っ取り早く転職を選んだのが私には正解だった

今のブランドに居続けても給料が大して上がらないことは以前からわかっていました。(当時の店長の月収を知っていたため)

今のブランドのまま頑張って店長になったところで給料は底が見えていることから、居心地は良かったのですが脱出することを決意しました。

そこで早速ファッション業界の転職といえば!ってことで、クリーデンスに登録しました。

転職活動を開始して3ヶ月ほどで内定をゲット

仕事の合間にコツコツと履歴書や職務経歴書を書き上げ(エージェントがサポートしてくれます)、良い案件があれば面接に行くというのを繰り返し内定をもらいました。

面接に行ったのは5社ほどだったと思います。

私の目的は「キャリアアップ」だったので、少しハードルをあげての転職活動だったこともあり「決まるかな?」なんて不安になりながらでしたが、大丈夫でした。

この転職で、ブランドのランクを上げることができ、年収も約70万円ほど増えました。

キャリアアップ(給料UP)に成功して毎日が楽しくなった

キャリアアップ(給料UP)に成功して毎日が楽しくなった 画像

これまでは、家賃や生活費を給料から差し引くとほとんど手元に残らない状況だったのが、キャリアアップに成功して、少しばかり「余裕」が生まれました。

この「少しの余裕」が私には大き過ぎて、これまでずっとずっと貧乏生活で心の片隅にあった不安が少し薄くなったのです。

ちょっとくらいなら贅沢できる環境、欲しいものも頑張れば買える状況、さらには飲みに行く頻度を上げることができる、というのは私にとって革命的でした。

結果論でしかありませんが、なんでもっと自分のキャリアについて考えなかったのだろう。

強いて言えばなぜもっと自分で給料を上げる努力をしなかったのだろうと、この時に強く思いました。

今回、キャリアアップを目的とした転職をしてみて、貧乏なのは会社でも誰のせいでもなく「自分自身」の問題だったということに気がつけたのは大きく、今後の私のキャリアプランの考え方に大きく貢献しました。

お金があれば大抵の「我慢しないといけないこと」は買えます

当時の私のように、お金がなくて苦しい、ストレスが半端ないって方は是非ともキャリアアップ転職を視野に入れて欲しい。

アパレル業界は転職してなんぼ(無意味な転職は除外)って言葉の意味が初めてわかりました。

東京でBIGになると意気込んで上京したはいいものの、いつまで経っても生活は豊かにならない・・・そんな人も多いと思います。

  • 家賃などの固定費で大半を持ってかれる
  • どこに行っても値段が高い
  • デートも割り勘
  • 欲しいものも買えない
  • 食事もコンビニばかり

上記以外にもお金がなくてストレスや不満が溜まる原因はいくらでもあります。つまり、お金がないと心に余裕がなくなります。

それなりにアパレル販売員として経験を積んでいて、現状が苦しいのであればキャリアアップ転職をしてみてください。

アパレル転職サイトのエージェントに話を聞くだけでもいいです。

上がる人は100万円以上、年収が上がると思いますよ。

私はこの時に「キャリア」の重要性に気づくことができて、本当にラッキーだったと思います。

リカルド

リカルド

この時の私と同じように、忙しい日々に流されているだけの人は、意識を変えて行動に移すだけで年収が上がるかもしれません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。