自分の適正年収っていくら?5分で簡単チェック>>

【アパレル販売員】希望のブランドへ入社できる確率を上げる方法

2 min
【アパレルのセレクトショップで2年勤務】向いてる人と希望のブランドへ入社する方法について

アパレル販売員歴10年のリカルドです。

私が一番最初にアパレル販売員として勤めたのはセレクトショップで今はラグジュアリーブランドで働いています。

辛いこともたくさんありましたが、今でも楽しく販売音をしています。

この記事では実体験を元に希望のブランドへの入社確率を上げる方法について書いていきたいと思います。

希望のアパレルブランドへ入社する確率を上げる方法

アパレルのセレクトショップ販売員が向いている人はこんな人

私はこれまで、数々の転職サイト(エージェント)を利用してきて分かったことがいくつかあります。

そこで、私が実体験から学んだ「希望のアパレルブランド」へ転職させる為の必須項目は以下の通り。

Point
  • アパレルに特化した転職サイト(エージェント)を使う
  • ノルマのためではなく「あなた」の為に動いてくれる転職サイト(エージェント)を使う
  • 自分の転職する地域を明確にする

上記を徹底するだけで、ある程度は確率を上げることができます。

今回であれば「希望のアパレルブランドへ入社する」という明確な目的があります。

専門の転職サイト(エージェント)以外は登録しないでください

アパレルブランドへ転職したいのに、たまに「総合転職サイト」に登録してしまう人がいます。

これって専門性がかなり薄くなるので、勝率がかなり下がってしまいます。

リカルド

リカルド

アパレルに特化していない転職サイトは最初から除外してください。

私が利用した事のあるエージェントで「私のために」親身に動いてくれた転職サイトって2つだけです。

どうやって自分の為に動いてくれているか?の判断ですが、簡単です。

  • 客観的に見て助言してくれる
  • 大量に案件を紹介してこない
  • 希望ブランドがある場合に必要なスキルや経験を明確に教えてくれる
  • 連絡を密にくれる

ノルマ目当てだと、スパムメールのようにありったけの案件を機械的に送られます。

親身に目的に合わせたアドバイスをくれる転職サイトを使う

どれだけ自分の為に時間を割いてくれているかはスグに分かります。

最後にあなたがどのエリアで転職を希望するのかを明確にしておく尚GOODです。

非公開求人の質も良いですし抱えている案件数も多いので、一般公開されていない自分が入りたいブランドの案件を持っている可能性が高まります。

エリア特化の転職サイトがあるなら最優先で利用する

ここまでの3項目を満たす転職サイトを利用すれば、希望のブランドへ転職できる確率はグッと上がります。

業界最大手のクリーデンス

すでにファッション界で経験がある場合はクリーデンスが圧倒的におすすめです。

私はこれまでの転職は全てクリーデンス経由なのですが、転職するたびに年収も面白いくらい上がっていっています。

関連記事:アパレル転職で「クリーデンス」を実際に利用した私の体験談【年収200万円UPに成功】

上記の記事を読んでいただけると分かりますが、クリーデンスはアパレル転職エージェントとしてはかなり優秀です。

リカルド

リカルド

次の転職でもクリーデンスを利用することは間違いなく利用します。

別記事になりますが、クリーデンスに関しては過去に何度も利用させていただいている事から、実体験ベースでメリット・デメリットをまとめた記事もあります。

関連記事:クリーデンスの担当エージェントはどうだった?「良かった所・悪かった所」を実体験から詳細にお伝えする

Point
  • キャリアアップして年収をあげたい
  • 安心して転職活動を任せたい

|登録・利用・相談無料|

評判、口コミはこちらをどうぞ

希望のブランド×年収UPで進んでいきましょう

まとめ:セレクトショップで働くのが「向いてる」と感じたら行動あるのみ!

そのブランドで働きたい、と思ったその時が一つの転機だと思うので、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

リカルド

リカルド

頭でアレコレ考えているだけでは前に進めませんからね。

最後にもう一度、希望のブランドへ転職する確率を上げる為に必要な事のまとめです。

Point
  • アパレルに特化した転職サイト(エージェント)を使う
  • ノルマのためではなく「あなた」の為に動いてくれる転職サイト(エージェント)を使う
  • 自分の転職する地域を明確にする

一つ注意点もあって、希望のブランドへ行くのは応援しますが、その際にキャリアを下げてしまう様なら一度考え直してください。

キャリアを下げるのは簡単だけど上げるのは大変なので

基本は「キャリアアップ」を念頭において転職活動をすると、結果的に「お金」が付いてくるので、後々後悔しないと思いますので。

あなたが希望のブランドに入れる様に応援しております!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です