\おすすめのアパレル転職サイトはこちら/

iPhoneに写真データをサクサク送れる「Lightning to SD Card Camera Reader」が素晴らしい【レビュー】

3 min
iPhoneに写真データをサクサク送れる「Lightning to SD Card Camera Reader」が素晴らしい【レビュー】

今時のカメラにはwi-fi転送機能が付いているものも多く、特に必要ないと思っていたのですが、遅いし重いし・・・でイライラしてしまうことが多々ありました。

それでもwi-fi転送機能が「付いているから」というだけでストレスを我慢していたのですが、iPhoneユーザーである私はApple純正の「Lightning to SD Card Camera Reader」を購入しました。

そして何故もっと早く購入しておかなかったのかとめちゃくちゃ後悔しました。

私が実際に使ってみて感じたメリットはこちら。

メリット
  • 持ち運びしやすい
  • 非常にコンパクトで軽量
  • iPhoneユーザーなら差し込むだけでOK(使い方が超簡単)

詳しい使用方法などは後述しますが、とにかく便利でiPhoneユーザーなら間違いなく後悔はしないだろうってこと。

「Apple純正」写真をiPhoneにノンストレスで転送する”Lightning to SD Card Camera Reader”レビュー

「Apple純正」写真をiPhoneにノンストレスで転送する”Lightning to SD Card Camera Reader”レビュー

買うと決めたらすぐにポチ・・・ろうと思ったのですが、ビックカメラのポイントが貯まっていて用事もあったので実店舗にて購入してきました。

外箱はAppleらしいシンプルで無駄のないデザイン。

Lightning to SD Card Camera Reader:外観レビュー

Lightning to SD Card Camera Reader:外観レビュー

箱から取り出すとこんな感じです。

  • 本体
  • 取り扱い説明書(日本語&英字)
Lightning to SD Card Camera Reader:外観レビュー2

本来の機能以外、全てを排除した「THE シンプル」な設計になっているので、初めて使う方で、使い方に迷うって人は10000人に1人くらいではないでしょうか。笑

Lightning to SD Card Camera Reader:外観レビュー3

SDカードの挿し口。

Lightning to SD Card Camera Reader:外観レビュー4

iPhone(iPad)へ挿すlighteningケーブル。

使う場所はこの2箇所だけなので、一切ムダがありません。

Lightning to SD Card Camera Reader:使用方法

Lightning to SD Card Camera Reader:使用方法

まずはLightning to SD Card Camera Reader本体にSDカードを差し込みます。

Lightning to SD Card Camera Reader:使用方法2

iPhoneに接続。

Lightning to SD Card Camera Reader:使用方法3

そうすると上記の画面に勝手に切り替わってくれます。これだけでiPhoneユーザーである私は歓喜。

Lightning to SD Card Camera Reader:使用方法

今回は何枚も撮った中から1枚だけiPhoneに転送したい為、iPhoneに転送したい写真を1枚だけチェックします。

転送したい写真にチェックマークを入れたらiPhone画面右上に表示されている「読み込む」をタップ。

Lightning to SD Card Camera Reader:使用方法5

「読み込む」をタップすると、上記の画面になります。

今回はチェックした写真だけをiPhoneに転送したいので「選択項目を読み込む」をタップすると、iPhoneに画像が転送されます。

Lightning to SD Card Camera Reader:使用方法6

読み込みが完了すると、iPhoneに転送した写真を削除するか(SDカード内のデータ)どうかを選べるので、iPhoneに転送してその写真が不要であればその場で削除することができるのも嬉しいポイントです。

Lightning to SD Card Camera Reader:詳細&注意点

普通の人が普通に使用する分には全く問題ないと思います。(動画に関しては試していないのでご容赦ください)

写真フォーマットJPEG/RAWなど標準的なフォーマットに対応
ビデオフォーマットH.264/MPEG-4/SD&HDをサポート

私が普段使用している中で特に不具合は感じていませんが(利用用途は写真転送のみ/iPhone7使用)、Amazonの口コミで気になった点だけピックアップしておきます。

注意点
  • パソコンで編集した画像や動画をSDカードに保存した場合、iPhoneへの転送は出来ない
  • SDカードからiPhoneへの転送はできるが、iPhoneからSDカードへの転送は出来ない
  • iOSのバージョンによっては認識されない

Amazonでの口コミをチェックしたい方は下記からチェックしてみてください。

スナップを撮りにいく「ついで」に持っていけるので使い勝手が抜群に良い

スナップを撮りにいく「ついで」に持っていけるので使い勝手が抜群に良い

私がLightning to SD Card Camera Readerを購入してからというもの、カバンの中には常に入っています。

私はスナップ写真がメインなので、荷物もできる限り軽量化しています。

カメラバッグも相棒であるLeica Qがちょうど収まるサイズを選んだので、このバッグに入らないアイテムは不必要なのです。

私は普段、家に帰ってMacBookでノンビリ現像するのが好きなのでその場でiPhoneに写真を転送したりしません。

Lightning to SD Card Camera Readerは非常にコンパクトなので、ちっさいポーチに入れてカバンのポッケに放り込んでおけば、友人や家族と一緒にいるときにめちゃくちゃ真価を発揮してくれます。

一緒にいる人がiPhoneユーザーなら、自分のiPhoneに転送した写真をAirDrop(エアドロップ)で一発共有できます。

家に帰ってからいちいちパソコンを開いて・・・って方もSDカードを差し替えないといけないっていう手間は発生するものの、かなり使い勝手は良いと思います。

まとめ:写真のWi-fi転送にストレスを感じているなら「ガチ」でおすすめできるSDカードカメラリーダーです!

まとめ:Wi-fi転送にストレスを感じているなら「ガチ」でおすすめできるSDカードカメラリーダーです!

って感じで購入してから使い勝手がすごく良かったのでレビュー記事を書かせていただきました。

Point
  • Wi-fi転送にストレスを感じている
  • 小型&軽量で持ち運びに便利なモノで探している
  • iPhoneユーザーである

私はモロに上記に当てはまっていて、購入して大満足だったので同じ感覚の方にはきっとハマるはず!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です