アパレル業界|コラム

ラグジュアリーブランドに転職する”きっかけ”をくれたのはまさかの転職エージェントでした

更新日:

ラグジュアリーブランドへ転職したきっかけは転職エージェント

リカルドくん
実は最初はラグジュアリーブランドに行くつもりなかったんだよなぁ
ガールさん
そうなの?なんでラグジュアリーブランドに行くことになったの?

そうなんです

 

実は最初、ラグジュアリーブランドに行くつもりなんて毛頭なかったんです(毛根はあります)

 

元々は東京のセレクトショップで働いていたんですが、色々とあって2年ほど別の職種(一応アパレルはアパレル)に移ったんですよね

 

そこで、精神をズタズタのボロボロにされたんですが、ここで転職を決意。合わせてアパレル販売員が性に合っていると再確認し、アパレル販売員に戻ろうという気持ちが強くなってきました。こういう時、通常のサラリーマンと違って年齢関係ないの特ですよね🎵

 

そこで僕はいつもお世話になっているクリーデンスに連絡し、再び転職する旨を伝えました





現状を報告&希望をエージェントへ伝えた

とにかくブラックすぎて、現状から逃げ出したかった僕はいまの現状(半うつ状態)を話し、同じような職場には絶対に行かない旨をこれでもかと熱弁しました

 

さらに転職する以上、キャリアアップするならまだしも、キャリアダウンすることだけは絶対に嫌でした。一回キャリアを落としてしまうと、次に上がるのにまた年月を費やし、時間を無駄使いすることになるからです

 

これは「自分ルール」で転職するときは絶対にキャリアアップする。これは大前提でした

鬱になりそう(心療内科通い)

・残業が多すぎる

・体育会系は絶対に無理

・キャリアアップは絶対

・給料UPも絶対

ガールさん
リカルドくん・・・なかなか無茶な要望出してたのね・・・(笑)

 

こう書き出すと、なかなか無茶言ってますね(笑)しかし、転職って人生を左右する選択の一つだと思うんです

 

定年まで頑張る!って気はなかったですが、少なくとも数年は働く会社になるわけです。それなのに現状から逃げるために全て(条件や希望)を投げうってしまうのは、あまりに愚策です。思考回路が消えそうになる中、自分ルールをなんとか守りました(自分を褒めたい)

※完全に心が壊れてしまう可能性がある場合は、しのごの言わず、その職場から逃げてください

 

まぁ伝えただけで、実際にその要望が叶うかどうかは、これまで自分が培ってきたスキルや経験がものを言うわけですが、要望を話すだけなら無料です。タダですタダ

 

なので、「こんなこと言っても良いのかな?」ってことで、言わずに後悔するくらいなら、エージェントさんには全ての想いを伝えましょうね!

リカルドくん
ワイの熱い要望は全て伝えた・・・あとは希望にマッチした案件をクリーデンス氏が持ってるかどうかだな

希望通りの案件はあったのか?

ぶっちゃけ最初は全然なかったですね。エージェントさんも色々と提案はしてくれたんですが、どうもしっくりこず、早くブラック企業から脱出したい気持ちとは裏腹に時間だけが過ぎて行きました

 

スムーズに準備が進まなかったのは、「完全に僕が原因」でした。希望を伝えたものの、肝心の気持ちが定まってなかったのが原因です。アパレル販売員に戻ろうとは思っていたものの「本当に戻って良いのか?」って気持ちがモヤモヤと心の中にあり、エージェントさんにうまく伝えられていませんでした

 

ただ僕の出した要望を全て叶えようとすると、どうしても「歴の長いアパレル販売員」になってしまいます

 

こればっかりは無理を言っても仕方がありません。未経験の職種で僕の条件を全て満たすことは不可能なのです

 

ウダウダと悩んでいる僕に対して「○○さんの経歴やスキルを考慮すると○○というブランドが絶対マッチします!しかも滅多に求人を出さないブランドですので話を聞くだけでも良いので、一度面接へ行ってみて下さい!」と本当にしつこいくらいに言われたんです(笑)

 

条件だって

・体育会系ではなくフラットな社風(外資なので)で、

・キャリアもアップしますし

・給料も最低でも年収の10%以上アップする

という、今考えれば即決で受けるべき案件だったのですが、当時の僕は何を自惚れていたのかウダウダしていました(メンタルがズタボロだったのでまともな思考回路ではなかったのだと思います)

リカルドくん
普通に考えたら、2度とこないかもしれないレベルの案件だったな・・・

さっそく某ラグジュアリーブランドへ面接へ行ってきた

ってことで面接を受けることになり、面接の準備に取り掛かることになりましたが、ここでの某ラグジュアリーブランドの対応が素晴らしすぎて「受かったら行こう」と勝手に決めてしまいました

 

当時、僕が勤めていた会社は毎日朝から晩までお昼休憩すらないブラックな環境でしたので、なかなか準備が進まない&面接を希望される日程がことごとく仕事で行けなかったんです(今思えば、辞めると決めてる会社なのでガン無視で面接に行くべきだった)

 

転職活動をしたことのある方なら分かるかと思いますが、向こうは日程を合わせてはくれません。多少は融通は効くかもしれませんが基本はこちらが合わすスタンスです

 

仕事で面接へ行けない僕に対して「いつだったら可能ですか?」と僕に合わせて日程を組んでくれたんです。面接は全部で3回あったんですが、3回とも全て僕の予定に合わせて、わざわざ出向いてくれたんです

 

なんで僕のためにわざわざ?っていう疑問もありましたが、最初の面接から手応えしかないまるで出来レースのような面接で、当然のように採用されました

 

しかも、もともと年収が300万円くらいしかなかった低所得者でしたが、この面接でなんと150万円以上もの年収がアップしたのです

 

ま?これマ?

 

って感じでしたが、マジでした。あとから聞いた話ですが、給料に関してはエージェントさんが、かなり頑張って交渉してくれたみたいで、偶然にも某ラグジュアリーブランドが求めていた人材と僕がマッチし、その要望を汲んでくれたようでした

採用後は要望通りだったか?

年収に関しては申し分ないくらい満足でしたが、残りの

・キャリアアップできているかどうか

・体育会系かどうか

 

ですが、キャリアに関しては入社した時点でキャリアアップできていますのでクリア!残りの体育会系かどうかは入ってから出ないとわからない所なのでドキドキでしたが、2年以上経った今でも体育会系な部分は感じてません

 

そりゃあ仕事ですので、理不尽なこともりますし、ムカつくことも当然あります。しかし、前職に比べたら、ぬる過ぎて笑っちゃうくらいには余裕です(どんだけブラックな環境だったんだ)

転職して2年経った今は?

こうやって改めて振り返ってみると、完璧に要望通りになってて怖いくらいですね

 

転職活動を始めた当初はちょっと鬱状態で思考も行動も伴っていませんでしたが、こうやって「納得のいく職場」を紹介してくれたクリーデンスのエージェントさんには本当に頭が上がりません

 

っていうか、ここまでしてくれるアパレル特化エージェントって他にないんじゃないかな?あったらガチで教えて欲しいです

 

それほどまでに感謝していますし、もし今後またキャリアアップ目的で転職するときは絶対にまた利用させてもらいます

 

話を戻しますが、2年働いて、今では役職もいただいており、笑えるくらいに順調に進んでいます・・・(逆に怖い)無理せずにこの調子で自分のペースでやっていきたい所ですね!

ラグジュアリーブランドに転職する”きっかけ”をくれたのはまさかの転職エージェントでした:まとめ

「なんでラグジュアリーブランドへ行ったの?」「どうやってラグジュアリーブランドに入ったの?」ってちょこちょこ聞かれるのでまとめました

 

これからラグジュアリーブランドに転職したい方や、興味がある方の一つの可能性として参考になれば幸いです

 

結果論ですが、「あのとき」「あのタイミングで」「クリーデンスに相談した」から今があります。そう考えたらブラックで毎日半泣きになってたのも良い思い出です(100%の結果論)

 

クリーデンスは、本当に利用する側の気落ちを汲み取ってくれる数少ないアパレル転職エージェントだと思うので、アパレル業界で転職する方は登録しておくべきです

 

「たまたま」って言われたらそれまでですが、「たまたま」でも上手くいった人間がここにいます。ルートは一つではないので、あなたがラグジュアリーブランドへの転職を成功できるよう、心より祈っております

クリーデンスに無料登録する>>>

ガールさん
リカルドくんのケースは稀かもしれないけど、親身になって行動してくれるエージェントは少ないわ。クリーデンスってすごいのね
リカルドくん
エージェントも人なので当たりハズレはあると思うけど、ワイは感謝しかしてないです

ヒロローグがおすすめする転職サイト

CREDNCE(クリーデンス)

☑業界最大手
☑非公開求人多数
☑関西、関東と広エリア
☑登録者数130,000人以上
☑販売職から専門職まで
☑相談からでもOK

ファッショーネ

☑非公開求人多数
☑関東エリアに特化
☑対象エリア(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)
☑販売職から専門職まで多数
☑相談からでもOK

iDA

☑派遣に特化
☑ブランド数多数
☑全国に支店あり
☑取り扱いブランド1,000件以上
☑相談からでもOK

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リカルド

リカルド

アパレル業界で働きつつ、将来に向けて「複業」を開始。現代の働き方に「?」を抱いています。 ご質問やお問い合わせは「お問合せフォーム」「twitter」からお願いします。

-アパレル業界|コラム
-, ,

Copyright© ヒロローグ , 2018 All Rights Reserved.