自分の適正年収っていくら?5分で簡単チェック>>

【写真に線が入る】LEICA M-P(typ240)に不具合が起きたのでライカストアで修理のお願いをしてきました

3 min
LEICA 線が入る 写真 画像

購入してから気に入って大事に使っていた私の相棒であるLEICA M-P(typ240)以下MPですが、ある時に気がついてしまいました。

これまで夜にスナップを撮ることが多かったので気が付かなかったのですが、たまたま日中に撮影したところ、決まって同じ位置に端から端まで線が入っている事に気がつきました。

リカルド

リカルド

正直、嫌な予感しかしません・・・

おや?と思い過去の写真を見返したところ、数日前の途中から線が発生している事が分かりました。

LEICA 線が入る 写真 画像
上部にきれいに真っ直ぐな線が・・・

こちらの空を撮った写真とかすごく分かりやすいです。(右側に線が入っています)

LEICA 線が入る 写真 画像
縦にしても同じ場所に線が入りやがります

特にぶつけたりとか雑に扱ったとかでもないので、本当にお手上げ状態。

MPの液晶には線は入っておらず、PCやiPhoneで確認すると発生してきます。

色々ググッて調べたのですが、情報が少な過ぎてまったく理由はわかりませんでした。

リカルド

リカルド

センサーだけは勘弁してください・・・

どちらにしろこの状態では使えないこともあり、吐き気と絶望に背中を押されながらライカストアに持ち込んできました。

ライカストアで聞いた「線が出る」原因について

これまでに同じような事例は沢山あると思うので、原因について考えられることは何なのかを聞いてみました。

店員さん:そうですねぇ・・・修理に出してみないと分からないですねぇ。

分からんのかい!!!

リカルド

リカルド

さすがに、何かしら教えてくれると思っていただけに残念でなりませんでしたが、修理に出してみないことには分からないものは仕方がありません。

とりあえず何が原因なのか分からないので下記をまとめて預けました。

  • 本体
  • レンズ
  • SDカード

簡単に治る修理であることを祈りつつ、見積もりが出るまで1週間ほどかかるとのことでしたが、わずか2日後に連絡がありました。

結論から言うと線が入ってしまう原因は不明のままでした。

しかし可能性として、以下の状況下では私と同じような故障が発生しやすいそうなので、LEICA使いの方は注意してみるといいかもです。

LEICAの店員さんいわく、飛行機や山(かなり高い)など高所に行った際に同じような現象が起きやすいとのこと。

残念ながら私は山にも飛行機にも乗っていないので上記には当てはまりませんでしたが、気圧が関係しているのか良く分かりませんでしたが、LEICAに限らず画素欠損することが多いらしいので、飛行機に持ち込む際などはお気をつけください。

修理代は4万円ほどでした

ってことで今回はセンサー異常ではなかったので一安心でしたが、センサーに異常があった場合、15万〜20万くらいは修理代がかかるかもとのこと。

リカルド

リカルド

修理で20万は正直、頭おかしいと思う。

LEICAを買う人は修理代なんて気にしないレベルの人ってどこかでみましたが、さすがにえぐい。

話を戻しまして私の今回の修理内容は2点。

  • 画素欠損の修復
  • センサークリーニング

画素欠損の修復と聞いて10万円超えを覚悟しましたが、上記二つで4万円弱でした。

リカルド

リカルド

思っていたよりも遥かに安い・・・!!!

修理代が20万円とか来たら手放すことも若干考えていたので、嬉しい誤算でしたw(それでも高いけど)

その際に工期は2週間ほどと言われましたが見積もりの電話からわずか2日で「予想より早く仕上がりました」と連絡が入りました。

いくらなんでも2週間が2日は早すぎません?と突っ込みたかったですが、早いに越したことはないのでありがとうございます。

見積もりで1週間、工期2週間とのことでしたが、終わってみたら修理に持っていってわずか5日ほどで修理を終えて手元に帰ってきました。笑

LEICAは維持費含めて考えないとダメだね

今回改めて感じたのが購入して終わりではないってことです。

レンズ沼にはまって出費が嵩むだけなら資産としてレンズが残るので良いのですが、電子機器なのでいつかは必ずどこかで不具合が起きてきます。

で、その修理には高額な修理代がかかってきます。

自分のは大丈夫ってどこかで思ってる人は多いと思うのですが、いつくるか分からないので気をつけて下さいね。笑

リカルド

リカルド

自分のは大丈夫って謎の自信がありましたが粉々にされました。

今回の修理は支払い予定のなかった急な出費だったので、かなりのダメージです。

さすが高級カメラやで・・・

まとめ:大事に使っていても不具合は出てくるもの

電子機器である以上、いつかは必ず不備が出てきます。

個人的には数年は出てきて欲しくなかったですが、出てきてしまったものは仕方がありません。

今回は比較的安価な修理内容で助かりましたが、いつ10万コースの不具合がくるかも分からないわけですから、この修理代とも付き合っていかないといけないんだなぁと改めて思いました。

ということで、今までも大事に使っていましたがこれからも大事に使っていきたいと思います!

こちらは京都ライカストアにセンサークリーニングに行ってきたときの記事です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です