稼ぐための思考

田舎に移住したい!自力で稼いで生活していくために今やるべきことは?

更新日:




最近、何かのテレビで都会に疲れた人たちが地方へ移住している___という旨の番組を見ました。それを見てなんとなく僕も考えていたこともあり、老後は田舎へ移住してノンビリ暮らしたいなぁなんて思いがフツフツと湧いてきました

 

ただ現実問題、田舎に”今”いったところで仕事はあるのか?ちゃんと生活していけるのだろうか?という不安もあります。それに今はまだ若いので都会を満喫していてもいいのでは?って考えです

 

なので、実行に移すのはまだまだ先の話になりそうですが、それでもしっかりと準備はしておかないといけません。

 

具体的には「お金のこと」ですね

 

現代社会では「お金」が全てです。何をするにも必ずお金は必要ですし、買い物だけでなく、もしかしたら急に病気になってしまうかもしれません

 

そういった不意にくる問題が起こったとしても動じなくて済む準備が必要になります。もし今が20歳くらいなのであれば「どうにかなるか!」と、即実行できるかもしれませんが、おっさんになってしまうとなかなかそうもいきません

人口減少に拍車がかかる=田舎の人がどんどん減る

高齢化社会の真っ只中にいる日本ですが、これがもう数年、数十年すると人口は減少の一途を辿っていきます。これは年々下がっている出生率を見ても明らかですし、国はこの問題をどう捉えているのでしょうね

 

税金・税金・税金___金・金・金____

 

これから国を支えていかない若者から金を搾取しまくっているわけです。もうバブルも終わって何年経つのでしょうか?

 

いつまで我が国は大丈夫だと思っているのでしょうか

 

背景を見るとそもそも選挙に行かない若者が多いことも問題ですが、定期的にニュースを賑わす「過労死」働きすぎで「鬱」になり自殺・・・

 

それだけ働いても残業代はつかず、「会社のため」だと訳のわからない理屈で酷使される日々に誰が明日に希望を持てるのでしょうか

 

無理でしょ

 

そんなに働いても一人が生活していくのが精一杯の人が溢れているのに、そこから結婚して子供を産んで家族を作るなんてかなり厳しい。だったら結婚なんてせずに自分一人で不自由なく暮らしていきたいって人が増えるのは当たり前な感じがします

 

少し脱線してしまいましたが、こうやってどんどん結婚する人が減り、子供を産むことが減っていけば間違いなく衰退していく一方な上に、「働くために生きている」状態が当たり前になります

 

僕はそうなりたくないし、仕事はあくまで自分の人生を豊かにするツールの一つであって欲しいです

 

ですが、田舎から都会に進出する若者も未だ多いと聞きますし、実際に僕も田舎から東京へ進出したこともあります。若いうちは目的を持って都会に繰り出すのはとても良いことだと思います。チャレンジ精神がなくなったら終わりですからね



田舎も人口減少を抑えるべく色々と施作している

僕が見たテレビで言っていたことですが(地域によって異なります)例えばですが、一軒家の賃貸する場合に、なんと5000円〜から借りることができたり、医療費を負担してくれたり、自営するにあたり補助金が出たりと本当に色々あるみたいです

 

移住っていいことあるんだ!!知らないと損する全国自治体支援制度2922|田舎暮らし...
JOINは田舎暮らしの魅力・情報を発信し、移住・交流のニーズに応じた地域サービスを提供するシステムの普及などを行います。

 

都内に比べ物価自体が安いので、生活費も格段に抑えることができます。つまり生活していく上で今、都内で住んでいる人に比べ極端ですが半分くらいの収入もあれば全然生活できてしまいます

 

お金を追う生活から脱出できて、空気がきれいなところでノンビリ生きて行くことができれば最高な気がします。当然、田舎ですのでゲームセンターもないでしょうし、でっかいショッピングモールもないでしょう。街中で芸能人とすれ違うこともないでしょうし、今現在の刺激はなくなることは明白です

 

ただ、それでも「いつかは田舎に住みたい」と思ってしまうのです

 

そのために各地方で「村おこし」も進んできていますし、補助だってたくさんあります。もう少し時間が経てば空き家の数はもっともっと増え、もしかしたら住む家に困ることはなくなるかもしれませんね。そうなれば生活コストはさらに下げることができます

 

それが都内であれば、間取り6畳ワンルームの築何年だよって感じで、駅からも遠い場所で平気で家賃7万円とかしてきます。生きづらい・・・

 

生きづらい・・・

 

そんな中、各地方の「村おこし」の内容を見るとメリットの方がでかいんじゃないかって感じてしまいます。高知の某有名ブロガーも言っていますが、方向性は違えど都心にこだわる必要はないなっていう部分は共感できます

そのためにどうやって自力で稼ぐか

村おこしには、自営業をするにあたっての支援制度も整っていますが、僕はチキンです。なのでやったこともない事業に手を出すのは怖いですし、なんなら在庫とか絶対に持ちたくありません

 

自営するにあたって支援金が出るのは非常に魅力的ですし、選択肢が増えるのも事実ですが「失敗しない保証」は当然ながらついていません。田舎に移住して生活コストは下がったものの、事業に失敗して借金に追われる生活なんてまっぴらごめんです

 

となってくると、自分でどうやって稼いで行くかって非常に重きを置かなければならないポイントなんですよね。農業がしたくて自給自足の生活を目指しているのであれば別ですが、そうでない人もたくさんいるはずです

 

少なくとも僕はそうです

 

このブログでも何度か書いてきていますが、このブログで約20万円くらいは稼げるようになりましたので今のうちから、ある程度の土台は作って生きたいと考えています

 

ブログは最初こそしんどいジャンルではありますが、資産になります

 

これは1年ほどですが、ブログを運営してきて自信を持って言えます。グーグルに依存してしまうのは間違い無いのですが、まぁそう簡単にグーグルがなくなることはないでしょうし、ネットを使っての情報の発信は今後も増え続けると思います

 

なのでこれからも僕はブログを使って、資産を蓄積していきたいですし、今よりもっともっと稼ぎたいです。僕はネットを使って本業以外の収入源を確保する作戦に出ましたが、別にネットじゃなくてもいいと思います

 

ただ、ネット以上にローリスクでハイリターンが見込める稼ぎ方って他にはないのでは?

 

ネットでの稼ぎ方については、ここでは深く言及しませんが、また気が向いたら記事にするかもです(ちょこちょここのブログでも書いてます)

田舎に移住したい:まとめ

久しぶりに取りとめのない記事を書いてしまいましたが、なんだか最近本気で思うようになったんですよね

 

毎日毎日、同じ時間に起きて同じ職場に行って上司やお客にペコペコして夜になったら帰ってビールを飲んで寝るっていうクソみたいなローテーションの中で生きていると「本気でこのままでいいのか?」って

 

そんな中でも頑張ってる人もたくさんいますが、それって果たして幸せなのか?って聞かれると僕はNOなんですよね。幸せのボーダーをどこに持ってくるのかっていうのは考え方次第でいくらでも変わることでしょう

 

毎日、決まった時間に仕事に行くことができて、厳しくも優しい上司や時折「ありがとう」と言ってくれるお客さん。仕事が終わったら食事を作って待っていてくれる人がいてビールを飲んでその日の疲れを癒す

 

こう書くとめちゃめちゃ幸せだと感じることはできます、ガチで

 

ただ、仕事に人生を支配されてる感がすごいストレスなんですよね。それはもう発狂したいレベルに

 

(どんだけ仕事が嫌いなんだよこいつ)

 

今の環境って生きてるだけでかかるコストが大きすぎるんですよね、別に現状でお金に困ってないですし、欲しいものも我慢することなく買えてますし、連休があれば旅行にだって行ってます

 

でも、それまでなんです

 

この不満やストレスが田舎に行ったら消えるのか?と言われれば微妙なところですが、正直少し休憩したいって気持ちなのかもしれません

 

だから若いうちに、本業や副業で貯金もしておきたいですし、急に本業がなくなってもどうにかなるレベルの収入は確保したい

 

なので僕が今やるべきことは、こうやってツラツラと文章にすることで副業を頑張ることなんだな(本業頑張れ)と、こうして自分の気持ちを再確認することができました

 

なので、田舎への移住を考えている人は本業以外でも自分で稼げる「何か」を見つけて移住するまでにどうにか形にしましょう。僕もなんとか形になるよう頑張ります

 

ノンビリ田舎暮らしをすることを新たな目標とし、ブログの更新を頑張ろうと新たに決意しましたのでまた本腰入れて頑張っていこうと思います

 

副業ブログ、本当におすすめなので少しでも稼ぎが欲しい方はぜひスタートしてみてはいかがでしょうか

 

 

PS.テレビってあんまり見ないけどなんだかんだ影響力あるのね







関連コンテンツ

-稼ぐための思考

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.