仕事・ファッションの悩めることなら「ヒロローグ」

社会情勢・知っておきたいこと

スーツを着たくない!仕事でのスーツは心を縛り付ける

更新日:




仕事は私服化すべきだ

僕は土日でもスーツを着ないといけない職場にいます。世間的に見ると、土日といえばファミリーや恋人同士が遊びに出かける日というイメージではないでしょうか。

ですので僕は、出勤途中にそんな土日をエンジョイしている人々を見る度に「なんか違う、こんなんでいいのだろうか」という疑問が沸々と込み上げてきます。

逆に、土日の朝にスーツを着てこれから仕事に向かうのであろう方達もいます。そんな人達を見て僕は心の中で「お互い今日も頑張ろうぜ。」と呟くのが日課です。

ただ見渡してみても、やはりというべきか、スーツマンの割合が圧倒的に少ない。それに気づいたスーツマン達はきっと僕と同じ気持ちになっているでしょう。

世の大半が休日を過ごしている中、スーツを着て働きに出ている訳ですからね。不満も溜まるというものです。

しかし、これがスーツではなく、私服なのであればどうでしょうか?土日のみ私服がOKであれば幾分か気持ちは楽になりませんか?

理由は1つ、周りの目が気にならないから。

というのも以前、若いカップルが「スーツ着てるし今から仕事なんやな。」「可哀想やな。」「謝りにいくんかな。」とか後ろでボソボソ話しているのを聞いてしまった事があり、そこからより土日スーツマンに対して嫌悪感を持つ様になりました。

今の仕事が何よりも好きなのであればきっと何も気にならないのでしょうが、僕の場合は勿論そうではなく生活の為に仕方なく働いているだけなので、何かが胸に突き刺さりました。

どういった職業に多いのか

土日に出勤されるという事はきっとサービス業の方でしょう。もしくは休みなんてない様な超絶ブラックにお勤めの方。(いない事を信じてます)

僕は普通の会社員とサービス業の中間くらいの立ち位置にいる為、常にサービス業な訳ではないのですが、土日になると人手不足になる為、

諦めてネクタイを締めて出勤しています。

土日をスーツで出勤するメリット

土日にスーツを着て働くメリットを考えたのですが、振り絞って1つだけなんとか見つける事が出来ました。

結婚式の二次会があればそのままいける!

事ですかね。

年に数回あるかないかのハッピーな出来事に二つ返事で参加できるメリットは計り知れません。

少し話を変えまして、一旦スーツを頭から切り離し、休日についてフォーカスしていくと、メリットは多く存在します。

土日出勤という事は、基本的に休みは平日になります。

  1. 休みの日はどこ行っても空いてる
  2. 連勤が少ない

などが、あげられます。

逆にデメリットも、多く存在するのですが今回はメリットに絞って書き進めたいと思います。



休みの日はどこ行っても空いてる

これは意外とホントに良くて弾丸で旅行に行っても余裕で宿が確保できたり、飛行機などの交通費もかなり安く収めることが可能です。

また有名テーマパークに行った際も基本的にほとんど並ぶという事をしなくてもいいです。

土日なんかに行くと数時間待ちが当たり前ですからね。

そういった事を一切気にせずに遊びに出掛ける事ができます。

なにも予定がない日でも昼間っからビールを飲んでオシャレカフェでのんびりと読書するなんてことも可能になります。

また遊びとは少し話が逸れますが、市役所などの各種手続きも仕事の合間をぬって行く必要がなく余裕を持って行くことが可能です。

そういった公共機関は土日やってないですからね。

連勤が少ない

これも個人的には大きなメリットだと感じています。

月曜日から金曜日までの5連続勤務がないので、とりあえずサザエさん症候群になる事はないです。

また連勤が多くないので身体面でも負荷は少ないです。

メンタル面の負荷は大きいかもしれませんが、スーツじゃなければもっと軽減されるでしょう。

私服化希望!仕事でも毎日スーツはウンザリ:まとめ

実際、土日にスーツを着て働いている人なんて山ほどいるんでしょうが、自分がその状況下に置かれると気になって仕方がありません。

世の土日スーツマンはどんな気持ちで働いているのでしょうか。慣れてしまえば気にならないものなんでしょうか。

カッコいいスーツの着こなし方を追求して土日を使って世間にアピールしているのでしょうか。

結局のところは人それぞれ、どうやって楽しみ方を見出すかによるのでしょうけども。

最後になりましたが、僕は別に土日休みに憧れている訳ではございません。土日に仕事でも休みでも別にどうでもいいのです。

答えはいつも単純です。

そう、土日にスーツを着たくないだけなのです。







関連コンテンツ

-社会情勢・知っておきたいこと

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.