仮想通貨 社会情勢・知っておきたいこと

【最新版】コインチェックXEM流出(GOX)事件について【全記録】

更新日:

2018年1月26日コインチェックに制限が急遽はいる

リカルドくん
コインチェックのネムが640億円分ハッキングされたってまじ?
ガールさん
どうやら、まじのようね

 

僕も使っていたコインチェックがハッキングされて阿鼻叫喚しているわけですが、こんなにもあっさりと、すっぱ抜かれるとは思ってもいなかったので、自分の甘さに反省しています

 

ことの発端は1月26日に起こりました

まずは公式のツイッターでNEMの取引に制限がかかりました

 

感の鋭い人はここで出金、もしくはウォレットに資産を移すなどしたことでしょう・・・実際に僕も「ん?」とはなりましたが、この段階でまさかGOX事件になるなんて思ってもいなかったので通常運転でした

 

そこからこまめに情報をチェックするも、自分は仕事中ということもあり、どうしようもできない状況、最終的には出金制限までかかり「強制ガチホ」が決行されました

で、その後ツイッターの情報からコインチェックがハッキングされNEMの時価総額640億円が盗まれたってことが判明いたしました

 

「なぁあああにぃぃいい!!?」

 

筆者はいわゆる遅めの「出川組」だったため、コインチェックにお金は入れていたものの、全然少額だったので、何百万、何千万とコインチェックに預けていた人に比べると痛くも痒くもないのですが、それでも大切な資産です

 

しかも中身は全て大切なリップルです。これが消え失せるのは正直辛い・・・

リカルドくん
大事件は辛いけど背景を直に見ることができるチャンスでもある

 

その中には億単位でコインチェックに資産を置いていた人もいるそうで、もうシャレになりませんよこれは

 

仮想通貨の過去の履歴を見てもぶっちぎりで歴代1位の大事件です

こんな事件はもう起こってほしくない&多くの人に知ってもらいたいので、この記事はできる限り時系列に沿って書いていきます

 

記事に過ちなどがあれば、すぐに修正しますので、コメントなりいただければと思います




コインチェックは倒産するのか?

正直なところ、こればっかりはわかりませんが、僕は全額ではないにしろ返ってくるんじゃないかなと前向きに考えています

 

理由としては、国内でここまで仮想通貨の存在を知らしめたコインチェックを「はい、終了」となくならないのでは?ってところ

 

大手企業がコインチェックの買収に入るのでは?と著名人たちがこぞってコメントしているあたり、全然ありえない話ではないんだろうなぁと

実際に、「信用」が地の底まで落ちてしまったコインチェックを誰が買うのか?って感じですが、ここまでで形成されたプラットフォームとコインチェックが抱えている顧客をまるごと引き継げるってなると話は変わってくるのでしょうか?

 

うーん、わかりません。ただ、こういった可能性がまだ僅かでも残されているっていうのが救いですね

 

また、個人でもコインチェック存続に向けて、各所で行動が起きています

単純に個人が持つ資産の10%をコインチェックユーザーが負担すれば500億をかき消すことができるので、資産が全部消えるくらいだったら!!!ってことですね

 

実際にAiさんは分析力もあることながら、発言に芯が通っているので素直にすごいなって思いますね。またこういう事態になってもすぐに声をあげて「みんなにとって良い方法」を発信できるのは立派すぎます

実際に詐欺まがいだったコインチェック

盗まれてしまったものは、今になってはどうしようもできないのですが、僕が一番許せないのは「セキュリティ」に虚偽とみられても仕方がない項目があるからです

 

コインチェックはユーザーの資産はコールドウォレットで保管してると記載がありました。が、実際はコールドウォレットにされていなかったためにハッキングされてしまった訳なんですね

 

コールドウォレットって何?って感じですが、コールドウォレットは簡単に言うと「オフラインで管理すること」です。つまりオフラインであれば通常、ハッキングは不可能なんです

 

しかし今回ハッキングされたってことは・・・コールドウォレットではなくホットウォレット(オンライン)だったってことになりますよね

 

信頼していただけに残念ですが、こうなってしまっては僕が嘆いたところで何も変わりません

引用:コインチェック公式

実際、急激に駆け上がって行ったコインチェックだっただけに色々と手が回らないこともあったでしょうが、これはあまりにもずさんな管理です

 

しかもセキュリティ項目に「虚偽」があったわけです。実際、コインチェックにお金を入れっぱなしにしておくのはアホだ!って意見も多くみられますが「コールドウォレットだから信用してた」って人も多いはずです

 

何も知らずにコインチェックに資産を入れっぱなしだった人は勉強不足だとしか言えませんが。ここはしかるべき責任を負わなければなりません

1月27日に技術者目線でのコメントも挙げられていました

 

僕は専門ではないので、追求はできませんが、「杉井靖典氏」によるとNEMの特性上コールドウォレットでの管理が難しかったとのこと

また、某媒体社から電話かかってきました…。「コールドウォレットなら防げたのか?」と…。NEMをコールドウォレット運用するのは、他のビットコイン等と比べると難しい点が確かにあると思います。コインチェック社の名誉のために言うと、彼らの...

杉井 靖典さんの投稿 2018年1月27日(土)

コインチェック社の名誉のために言うと、彼らの技術力は相対的に評価しても高い方だと思います。

一般に預かり残高が多いほど、コールドウォレット保管の率は高くなる傾向があって、特に現物保有率が高いコインチェック社のコールドウォレット保管率は、他社と比べても高水準(推定で90%以上)のはずです。

ならばなぜ、NEMをコールドウォレット保管することができていなかったのか、記者会見で彼らは「それが技術的に難しかった」と答えていますが、おそらくその言い分は正しいです。

引用:https://www.facebook.com/yasunori.sugii/posts/1826225380785828

NEMに救世主が現る!?

コインチェックはNEMが盗まれた日に記者会見を開きましたが、答えは「全て検討中」と言うことで、細かい詳細はほとんどわからないことだらけでした

 

まぁ社長も脳内真っ白でしょうし、本当にわからないことだらけだったんでしょう・・・ずさんな管理をしてきたことを死ぬほど後悔したでしょうね

 

そうは言っても盗まれてしまったものは仕方がありません。。。。と思ったらなんと17歳JK(通称:ホワイトハッカー)なる救世主が現れ、盗んだ犯人のアドレスを特定し、追跡しているとのこと

コインチェックからNEMが盗まれた当日、このようなツイートがされました

 

なんだこれ、かっこよすぎねーか?????

完全にマークされているハッカーですが、まさに「天才VS天才」の映画を1本作れるんじゃねーか?レベルのドラマをタイムリーに見ることができて感動すら覚えました

 

もしこれで、コインチェックから失われたNEMを取り返すことができたらNEMの評価は爆発的に上がるでしょうね

NEM財団がコインチェックの救済へ!謎の女性ホワイトハッカー水無凛が追跡中! | ...
NEM財団がコインチェックとNEM(ネム)の救済へ! twitterで話題のNEM(ネム)を守るNEM財団のホワイトハッカー「水無凛(みなりん)」氏とは? twitterでの話題を中心に、...

 

で、今後考えられる展開として「ひろゆき氏」が記事にアップしてましたので、こちらも参考までに

仮想通貨580億円分を盗んだ後のいたちごっこの話。(西村博之/ひろゆき)
こんにちは。ひろゆきです。さてさて、コインチェックという仮想通貨の取引所でNEMという仮想通貨が580億円分盗まれて、その後どうなるか?という話です。まずあんまり...

仮想通貨少女「給料はお金ではなく仮想通貨で」

仮想通貨をテーマにしたアイドルユニット「仮想通貨少女」が今回の事件を受けて記者会見を開きました

 

僕もこの騒動で初めて存在を知ったのですが、目的は「投機ではなく仮想通貨の技術を広めたい」とのことで結成されたアイドルユニット

 

コインチェックに振り込まれた彼女らの給料が「強制ガチホ」になってしまったため、給料が支払えない状況になったそう・・・

 

これに対して彼女らは「給料は取引可能になってから仮想通貨で」と一言。すごすぎるだろ・・・

 




不正に送金されたNEMに対する保証の実施

1月28日にコインチェック公式より、不正送金されたNEMに対する保証が発表されました

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

引用:http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

こんな早い段階で保証が発表されるとは思ってませんでしたが、不祥事の中、素早い決断だと思います

 

これで取り急ぎNEMを保有していた人たちの不安は緩和されそうですね、よかった!!!!!

 

とはいえ、まだ実際に返金されたわけではありませんので安心はできませんが、早く損失してしまった方々への返金が待たれますね

アフィリエイトプログラム一時停止

こちらも同日に一時停止になりました

 

仮想通貨のアフィリエイトで稼いでいた人には痛い報告ですが、まぁそうですよね・・・

【アフィリエイトプログラム】一時停止について
2018年1月28日15:00頃より、Coincheckアフィリエイトプログラムの一部機能が停止いたしますことをお知らせいたします。
————————
停止日時:2018年1月28日15:00頃
停止機能:アフィリエイト報酬の承認

停止日時より前に発生した報酬については通常通り支払の対象となります。
また、停止後も管理画面上に報酬の速報値は表示されますが、停止開始から再開するまでに発生したアフィリエイト報酬は全て対象外となります。
————————

本プログラムの再開の見込みは未定となっております。
この度はご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

※記載されている日時は全て日本時間です。

引用:https://coincheck.com/blog/4682

今のこの状況でコインチェックに登録する好き者は少ないと思うのですが、アフィリエイターさんにとっては痛いニュースと言えます

金融庁の業務改善命令について


2018年1月29日に入った、コインチェックからのお知らせです。内容は金融庁からコインチェックに対して業務改善命令が出されました

 

事件が起こってからすぐに行動に移すあたり、国も「仮想通貨」はもはや放っておけないレベルまできているのでしょう

 

被害にあった人も26万人(NEM所有者除けばもっと)もいて、盗まれた金額も尋常ではないですから当たり前ですけどね

コインチェック株式会社は、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、本日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基づく業務改善命令を受けましたことをお知らせいたします。

http://corporate.coincheck.com/2018/01/29/32.html

当社では、今回の措置を厳粛かつ真摯に受け止め、深く反省するとともに、早期に、事案の事実関係と原因究明、お客様の保護、システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化ならびに、実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定を進めていく所存です。

改めまして、お客様をはじめとする関係者の皆様に、多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。また、今後、策定する改善策を着実に実施することにより、お客様の信頼回復に向け、最善の努力をしてまいります。

Ⅰ.業務改善命令の内容

1. 本事案の事実関係及び原因の究明
2. 顧客への適切な対応
3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
5. 上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

以上

各キャンペーン一時停止

2018年1月30日の12:00ごろより、コインチェックが行なっていたキャンペーンも一時停止が決定しました

 

まぁいまキャンペーンなんかしてる暇なんてないですからね・・・内容はこんな感じ

・マーケットメイカー出来高ランキング

・2段階認証で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

停止日(時間)より以前に発生した報酬については、通常通り付与されるとのこと。アナウンスや次に行う行動などを知らせてくれるスピード感には安心しますが、まずそれよりも個人的には早くNEMを損失してしまった方への返還作業をして欲しいですね

 

僕のXRP(リップル)も強制ガチホされてるままなので、早く安心したいです

2018年1月30日より、コインチェック株式会社の提供する各キャンペーンを一時停止いたしますことをお知らせします。

http://corporate.coincheck.com/2018/01/30/33.html

■停止日時
2018年1月30日 12:00頃より

■対象キャンペーン
・マーケットメイカー出来高ランキング
・二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

停止日時より前に発生したキャンペーン報酬につきましては、通常通り付与が行われます。また、再開時期は未定となっております。

この度はご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

※記載されている日時は全て日本時間です。




コインチェック2月13日を目処に再開予定?!

金融庁が2月13日までに再発防止策をコインチェックに報告するように提示しました

 

それに対してコインチェックは2月13日以前に報告可能とのこと

 

実際にどういった報告になるか気になるところですが、破綻だけは避けて欲しいところ。。。これまでに出ている情報では破綻はないと筆者は踏んでいますが、100%ではないため、正確な情報が早く欲しいですね!

 

余談ですが、2月13日はコインチェックのCMでおなじみの出川哲朗さんのお誕生日です。しかも2月13日は(にいさん)になる・・・

 

こんなの偶然で起こり得るのでしょうか(笑)??

 

とにもかくにも、早い報道を望みます!!

仮想通貨NEMに不正送金に関するご報告と対応について!

3月8日にNEMの不正送金に対する報告と対応が報告されました

内容としては

・本事案(不正送金)の概要

・本事案の発生原因の調査及びその結果

・サービス再開に向けた取り組み

・システムリスク管理体制の強化

・お客様窓口の拡充とNEMの補償について

・一部サービスの再開について

・今後の当社の事業継続について

コインチェックは継続の意思を引き続き示し、ハッキングされたNEMについても保証はしてくれると見て間違いなさそうです

 

各項目を詳しく見たい方はコチラ

仮想通貨NEMの不正送金に関するご報告と対応について:coincheck

 

個人の感想としては、コインチェックさん・・・何とかこの苦難を乗り切ってください!!!

不正送金されたNEMの保有者に対する保証/再開について

3月12日、この日はNEM保有者にとっては長い事まった嬉しい出来事に歓喜した日ですね!

 

日本円での保証でしたが、これまで倒産して全ての資産がなくなる・・・なんて怯えていた人も多くいたと思います。なくなると覚悟していた人も大勢いた中でのこの対応は、これまでのネガティブな空気を少なからず払拭できたのではないでしょうか?

仮想通貨NEMの不正送金に係る補償について

補償日時:2018年3月12日中
補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数
補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様
引用:コインチェック




一部仮想通貨の出勤、売却再開のお知らせ

同日に発表されたコチラのニュースも仮想通貨界隈としては嬉しいニュースでした

一部仮想通貨の出金・売却再開について

再開日時:2018年3月12日(順次)
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC
売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止を行なっておりません)
引用:コインチェック

全てではないですが、安全性の確認が取れた通貨から順次、取引を再開して行くようです。諦めずにユーザーのため、会社のために迅速に動いているのは交換がもてます

 

GOXしちゃったことについては悪いのは完全に犯人ですが、セキュリティが甘かったのも悪いです。しかしその失敗を今後に活かせるはずですので、引き続き頑張って欲しいと切に願います

業務改善命令に対する業務改善計画書提出

3月22日に行政から提出を求められていた業務改善計画書を提出したようです

 

詳細はコインチェック株式会社に対する行政処分について、金融庁のサイトでまとめられています

LISK,FCTの出金・売却再開

コチラも同日の3月22日にお知らせが入りました
一部仮想通貨の出金・売却再開について

再開日時:2018年3月22日(順次)
再開機能:一部仮想通貨の出金、売却(入金、購入は対象外となります)
出金再開対象仮想通貨:LSK、FCT
売却再開対象仮想通貨:LSK、FCT
引用:コインチェック

日々、少しづつですが、安全・健全な取引所再開に向けて進んでいます。完全復活には失った信用含め、まだまだ時間はかかるかと思いますが、この調子で1日も早い実現を願います

コインチェックGOX事件について【全記録】:まとめ

現時点で出ている情報はこんな感じです

 

今後、コインチェックが倒産せずに存続となった場合、コインチェックを使うか?と言われると、おそらく「使う」と思います

 

理由としては、今回これほどまでの不祥事を起こしてしまったわけですが、これを機にセキュリティに関しても日本一になるでしょうし(ならざるを得ない)、コインチェックから別の取引所に移ったところでまた同じことが起こらないとも言い切れません

 

あとは大金を管理する場合は、ハードウェアウォレットなどに移すのが良いのでしょうが、実際このハードウェアウォレットが浸透するか?って言われると正直なところ難しいんじゃないかなぁ

 

使い方もわからない人が大半なのではないでしょうか?仮想通貨が今後、もっともっと浸透していくためには、取引所としてだけでなく「安全に管理もしてくれる場所」じゃないと素人目線から見ても難しそうです

 

社長もまだ若いですし、これをきっかけにさらに素晴らしいサービス向上へ向けて頑張って欲しいと思います(仏の心)

 

この記事は随時、更新していきたいと思っていますので、情報が入り次第更新していきます

リカルドくん
歴史を動かしたな・・・
ガールさん
ハッピーエンドを期待しているわ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-仮想通貨, 社会情勢・知っておきたいこと

Copyright© ヒロローグ , 2018 All Rights Reserved.