アパレル業界について

アパレル販売員の仕事内容(下積み/MD/VMD)って何をするの?

更新日:

アパレル販売員ってどんな仕事するの?

リカルドくん
アパレル販売員ってどんな仕事をしてるんだ?
ガールさん
できるだけ分かりやすく書いていくわね♡

アパレルと一言で言ってもとても幅広いんですが、これからアパレル業界で販売員として働きたいと思ってる方の参考になればと思いツラツラと書かせていただきます

 

あなたが興味のある項目だけチェックしていただければOKです

 

ちなみにですが、僕はアパレル業界で販売員として10年くらい働いています。その中で店頭での販売だけでなく、運よくVMDやMD業務に至るまで幅広く携わることができましたので、これからあなたが狙ってるポジションについての参考にしてください




まずは下積み(基礎知識)が大事

まず、アパレル販売員と聞いたら店頭で服を売っている人を想像しますよね?その通りで、一言で言えばそうなんですが実際にはただ延々と接客しているわけではありません

 

ただ、ほとんどのブランド・企業ではそうですが入社してしばらく〜数年はおそらく販売・裏の仕事以外は回ってこない可能性が高いです

 

というのも、そのブランドについての知識はもちろんですが、どんなお客さんをターゲッチにしていて、どんな接客をしていかないといけないのか、どうすれば購入につながって売上げに繋がるのかということを理解する必要があります

接客について

もっと言えばそのSHOPのどの場所にどんなアイテムを置けば反応が良いのか、人気アイテムに合わせてどういったストックレイアウトにすれば販売員が効率よく接客できるのか?までを考えて行く必要があります

 

これまでにきちんと経験を積んできているのであれば問題ないんですが、これからアパレル業界で働こうと思ってる方には未知ですよね

 

全てのブランドがそうとは言いませんが、まずは接客を覚え、次に納品などの捌きを覚えることになります

 

接客に関しては、お客さんが変われば対応方法も変わってきますよね。当然ながら顧客さんや、リピーターの方以外は初めて話す方になるわけです

 

あらゆるお客さんと円滑にコミュニケーションをとって更に購入まで繋げるにはやはりそれなりに経験は必要になってきます。まぁ続けてたら勝手にできるようになってるので安心して大丈夫

納品の捌き

次に納品の捌きですね

 

なんでそんな雑務みたいなことをしないといけないんだ、と思う方もいるでしょうが、これは必須です

 

まだまだ慣れない頃は、どんな商品があってどんな商品が売れるのか?なんてわからないと思います。売れるイテムはブランドによって様々ですし、シーズンによっても変わりますよね

 

しかし、納品の捌きを自分ですることによって、どんなアイテムが入ってきたのかわかるようになります。自分で捌いてるんですから当たり前ですけどね

 

当たり前なんですが、この当たり前がとても重要です

 

自店では何が人気で何が売れるのかを理解してる人って案外少ないんですよね。毎日接客して納品を捌いていればなんとなく「これが人気」くらいはすぐにわかるようになります

 

更にそこから一歩先を行くのであれば「数字」として見ましょう

 

結構見ない人が多いので最初は月単位から、徐々に週単位、最終的には毎日チェックしましょう

 

感覚ではなく、「リアルな数字」を見ていきましょう。感覚ほど当てにならないものはありませんし数字を理解していれば説得力が違います

下積み:まとめ

自分の店に何があるのかを把握していないと、代替えの商品も提案できないですし、売り逃がしに繋がるばかりか売れないと何よりあなた自身のモチベーションが下がってしまいます

 

面白いように売れるようになると、売ることが楽しくなってきますし、実際に売上げを作るスタッフは出世も早いです。これは有名ブランドになってくると引き抜きがあるからです

 

いわゆるヘッドハンティングってやつです

 

給料もポーンとあがるケースがほとんどなのでテンション爆上げ待ったなしになりますよ!アパレル業界は底辺なんてよく言われたりしますが、そんなことないです

 

また、合わせて店頭で接客しているとどのアイテムが人気で、自分はどんなアイテムをお勧めするのが得意なのかということも合わせてわかってきます。そうなってくると自分の中で「何か掴めた感覚」をGETできるのでそうなれば、成長は早いでしょう

 

で、このあたりの仕事内容があなたの中で確立してきたら次のステップへというイメージを持ってもらって間違いないかと



MDについて

前置きが長くなってしまいましたが、次のステップです。おそらくMDを目指して販売員になった方、なろうとしている方も多いとおもいますが、具体的にMDって何をするの?ってところです

マーケティング活動のひとつとして位置づけられることが多い。 ただし、マーチャンダイジングという言葉が主として使われる場は、アカデミックな場ではなく、実際の商業の場なので、多義的で流動的に用いられている。例えば百貨店業界でのマーチャンダイジングの実態は、仕入れ、販売、管理などの業務フローについてのマネジメント・コントロールであり、マーチャンダイジングは経営マネジメントの概念のひとつとして捉えるべきともされる。

引用:

マーチャンダイジング - Wikipedia

どんな商品をどれくらい仕入れるのかなど、目利きの要素ですね。またその仕入れた商品をどうやって販促していくのかの戦略を立てていきます

 

大抵MDは本社にポジションがあることがほとんどですが、ブランドによっては店舗MDといって店舗でもMDを配置するブランドもあります

 

僕が以前所属していたブランドでは店舗にMDが配置されており、運よくこのMDの経験を2年ほどですが積むことができました

 

規模としてはブランドではなく「店舗」なので小さいですが、それでもこの店舗は何が売れてどんな商品がHITするのかというマーエティングも勉強しないといけないですし戦略も立てないといけないので大変ですが上手くいった時の達成感はとてもやりがいを感じました

 

これがブランド単位になれば大変さも倍増でしょうが間違いなくやりがいを感じられるポジションです

 

あなたの感性と戦略が売上げを大きく動かすわけですからね。目指す価値は多いにあります

VMDについて

1年ほどしか僕は経験がないので、あまり詳しくは話せませんが個人的には一番楽しいポジションでした

 

まず、VMDとは?

VMDとはヴィジュアルマーチャンダイジングのことで、視覚から購買意欲が湧くように仕掛けていく戦略のことです。

簡単にいうと、店の前には大抵、マネキンが並んでいますよね?

 

そのマネキンのコーディネートって店員が勝手に好みで着せているわけではありません。ブランドが売りたい商品、そのブランドを象徴する商品などなど理由は様々ありますがちゃんと意味があって服が着せつけられてるんです

 

ブランドによってVMDのルールはまちまちで、がっちりルール化されているブランドもあれば、ある程度個人のセンスに任せてくれるブランドもあります

 

僕が経験したところは、ある程度自分のセンスを活かせるブランドでしたので、非常に楽しかったですね

 

ただ着せて売れたら嬉しいでは中学生でもできるので、きちんと分析して「なんで売れたのか」を理解することが大事です。なんでもそうですが上手くいった時って振り返らないですからね。ここもきちんと数字で管理していきましょう



実際に働いてみる前に短期間で派遣してみるのもあり!

「どんなのかわからないし一生の仕事にして良いのかわからないし不安!!」って人も多いと思います

 

実際、僕もすごく不安でした。「自分にあっているのだろうか」とか「人間関係ってどうなってるの?」とか考え出したらキリがありません

 

そこでオススメなのが、自分にアパレル業界があってるかどうかを、事前に確認してしまうってことです

 

この記事を読んでいるってことは、学生の方もしくは異業種からアパレル業界への転職を考えている方でしょう

 

今は便利な世の中なので、いきなりぶっつけ本番をしなくても、事前に働いてみて嫌だったら別の道を考えることができる時代です

 

不安なあなたにこそ利用してもらいたいのですが、派遣で数ヶ月だけ現場で働いてみて「合う・合わない」をチェックして欲しいのです。合わないのに嫌々働くのももったいないですし、「私にあってる!」ってなれば本腰入れれば良いだけですから

 

そこでアパレル派遣なびが使いやすくて案件も多いので、自分がイメージしているブランドも見つかりやすいですし、「中を見てから」本腰入れるかどうかを見極めるのにオススメです

  • 勤務地
  • 時給
  • ジャンル
  • 勤務期間

自分のスタイルに合わせてアパレル派遣なびではアパレルの仕事を探せるので、いきなり本番は誰だって怖いものです。なのでワンクッション挟むのは全然ありです。失敗して時間を棒に振る方がよほど怖いですからね

 

アパレル販売員って何するの?仕事内容を理解していれば可能性が広がる!:まとめ

簡単にメジャーな職種だけ説明させていただきましたが、なんとなくでもどんなことをするのか分かりましたでしょうか?

 

なんでもそうですが、いきなりやりたいことをできるほど世の中甘くはありません。。。

 

冒頭でも書いてますが、下積みがあってこそ次のステップへ進むことができます

 

中でもMDやVMDといった知識や経験がものをいう職種なら尚更です。もしVMDになりたいのであればVMDになるために行動していきましょう

 

ここだけの話ですが、言葉の力はかなり強いです

 

日頃からVMDになりたいのであればVMDになりたいと口に出していきましょう。それだけでなく自ら勉強している姿勢も見せていきましょう

 

たったこれだけであなたがVMDに選ばれる可能性って尋常じゃないくらい上がりますよ

 

またすでにアパレル経験があり次のステップへ行きたい方は思い切って転職してみてはどうでしょうか

 

僕の持論ですがアパレル業界は転職してナンボです。転職しないと一生安月給のまま暮らすことになりますよ、ほんと

リカルドくん
本当にやりたい事があるなら日頃から口に出してアピールしていこう。言葉の力は強いぞ
ガールさん
リカルドくんも毎日MDになりたいっていってたもんね♡

ヒロローグがおすすめするアパレル転職エージェント

CREDNCE(クリーデンス)

☑業界最大手
☑非公開求人多数
☑関西、関東と広エリア
☑登録者数130,000人以上
☑販売職から専門職まで
☑相談からでもOK

ファッショーネ

☑非公開求人多数
☑関東エリアに特化
☑対象エリア(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)
☑販売職から専門職まで多数
☑相談からでもOK

iDA

☑派遣に特化
☑ブランド数多数
☑全国に支店あり
☑取り扱いブランド1,000件以上
☑相談からでもOK

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アパレル業界について

Copyright© ヒロローグ , 2018 All Rights Reserved.