仕事・ファッションの悩めることなら「ヒロローグ」

アパレル業界

服飾専門学校を経てアパレルに就職した方が良い理由について

更新日:




アパレル業界で働くには服飾学校は出ておいた方がいいのか

答えは即答でYes!と言いたいところですが、あなたが目指すポジションにもよるでしょう。一言でアパレルといっても販売員、VMD、MDなど様々なポジションがあります。

きちっとキャリアプランを構成しながら転職を繰り返してランクアップを狙うのもありですし、一社で突き詰めて色々させてもらえるように行動するのも1つの手でしょう。

タイトルに戻りますが、今後アパレル業界で働いていこう!と考えているあなたは、服飾専門学校に通うべきか否かを考案したいと思います。

あなたがなりたい職種によっては、また目指すポジションによっては服飾専門学校に通う必要はないかもしれないので、参考になれば幸いです。

販売員

例えば、あなたが流行りのカリスマ店員(死語)を目指していて自分自身を個人を売り込みたい場合にはっきり言って服飾専門学校に通う必要は全くございせん。

知識は後から勝手に着いてきます。極論を言ってしまえば「販売員」をしたいのであればわざわざ学校を出る必要はないでしょう。

もちろん学校で学んだ事が全く使えないという事はないですが、それよりも現場で学ぶ事の方が圧倒的に多いです。

素材や洗濯の知識は?なんて思うかも知れませんが、この辺りも真面目に働いていれば勝手に覚えます。現場には先輩が沢山いますからね。

販売員として頑張りたいのであれば、知識も当然、大事ですがそれよりもいかに「言葉に説得力を持たせるか」この人から買いたいと思ってもらえるかの方が重要です。

会社によっては、個人ノルマがある所も多いですし、高みを目指すのであれば「個人でどれだけ売り上げたか」は非常に大事になってきますし長く働いていく上でのモチベーションにもつながります。

販売員を極めるのであれば、服飾専門学校に通わず、先ずは現場に慣れる、接客に慣れる方が優先順位は高いです。

デザイナー

あなたがデザイナーを目指す場合は学校に通うことをオススメします。理由は後述で。

学校に行きたくない場合は参考書を片手に毎日3体デザイン画を書き続けて下さい。それだけで画力は自ずと向上し、そこらの人より遥かに美味い絵が描けるようになります。

ちなみに僕は毎日それくらい書いてました。なのでそこらの人よりは上手いと自負してます。

後はいかに流行に敏感になれるかです。どんなに絵が上手くてもセンスを磨かないと「売れる」服はデザインできません。

また、デザイナーは絵だけ描けても成功はしません。というのも、「この素材だからこうなる」というのを理解しなければいけません。

個人の好みでデザインを出来るというのはかなり稀です。大抵はこういった感じでなどと、指示があるケースがほとんどです。

いきなり好き勝手、好きな事をデザインしたいのであれば独立するしかないでしょうね。最初は「郷に入れば郷に従え」というように、企業に属する場合は「デザイン」について勉強するくらいの感覚の方が良いかと思います。

それでも長く勤めているとある程度、自由度は増してきます。僕の友人で10年以上勤めてる方なんかは当然知識もかなり深い所までついているのでノビノビデザインできているそうです。



一発目の就職先

服飾専門学校に通うメリットはここが全てと言っても過言ではないくらい重要です。それなりにしっかりしている学校であれば企業からの評価も高いので(はず)、あなたがデザイナーになれる確率はグンッと上がります。

逆に自己流で勉強してからデザイナーになることも勿論可能ですが、誰でもなれる職種ではありません。なりたくてもなれない人は沢山います。

まずは「経験」がものをいうので、その足がかりとしての1社目は服飾専門学校を卒業して1社目で入社できるかどうかは、かなり大きなアドバンテージといえます。

デザイナーを目指すのであれば服飾専門学校に通った方が有利なのは間違いありません。

パタンナー

あなたがパタンナーを目指している場合は、大人しく学校に通った方がいいでしょう。独学で出来ない事はないですが、時間がかかりすぎると思います。

レディースからメンズ、キッズに至るまで教えてもらう事ができ、型紙だけでなくドレーピング技術やパソコンをつかったCADなども学べます。

効率的に学ぼうと思えば僕は学校に通う事をオススメします。またデザイナーと同じく学校からの斡旋があるので就職にも有利です。

やはり「手に職」をつけるような特殊な技術の場合は専門学校に通った方が圧倒的に有利ですよね。

これは服飾に限らず、なんでもそうだと思います。パタンナーになりたいのであれば服飾専門学校に行き、卒業後1社目は必ずパタンナーとして就職しましょう。

就業経験があるのとないのとでは天と地ほどの差があります。誰でも出来る仕事ではないので新卒カードを上手く利用することが、取っ掛かりとしてはベストです。

VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)

視覚から購買意欲を上げる戦略ですね。僕もアパレル時代少し携わっていた時期もありましたがVMDを目指す場合は学校に通わなくてもいいでしょう。

僕の経験上でお話するので極端な意見になってるかも知れませんが、VMDを目指す場合はまずはいわゆるファストファッションからスタートさせるといいと思います。

というのも、まず日本が運営している企業でVMD枠を設けてるところをほとんど知りません。あったとしてもかなり枠は少ないでしょう。

ここでファストファッションを押す理由としては、まず母体が大きく、売場規模も大きい所が非常に多いです。そうなってくると店頭に立つ販売員だけでは売場環境を保てないんです。

なので一度求人を調べて貰えると分かると思いますが、ファストファッションは別枠でVMDを募集している所が非常に多いです。ファストファッションじゃなくてハイブランドのVMDがしたい!と思われてるかもしれませんが、何事も段階があります。

ハイブランド=ラグジュアリーブランドはVMDだけでなく販売員としてもいきなりなれるケースは少ないです。

大抵はセレクトショップなどで数年経験してからやっとなれた…というようにステップアップしていくケースがほとんどです。VMDも同じようにいきなりラグジュアリーブランドのVMDをしたい!と思っても、おそらく雇ってくれる会社はかなり少ないでしょう。

また、セレクトショップではなくファストファッションを押す理由としてVMDの業態が日本と海外では全然違うんですよ。

極端に説明すると国内ブランドであれば、ある程度「見せ方」さえ良ければ自由度は高いと言えます。海外ブランドになると、「見せ方の型」が決まってるので、その見せ方に沿ってVMDしなければなりません。ここが大きな違いです。

僕の友人でもファストファッションのVMDを数年経験した後に、ラグジュアリーブランドのVMDになった人はたくさんいますよ。

MD(マーチャンダイジング)

アパレルで働いてる方でここを目指してる人は多いのではないでしょうか?なろうと思ってみんながなれるポジションではないだけに運やあなたの仕事振り、人柄にも大きく影響されると思います。

目指すなら小さい店舗から始めるのが1番ではないかと思います。なんでもそうですが、どんな規模であれ経験したことがあるかどうかはかなり重要なんです。

ちなみにMDというのは超分かりやすくいうと商品管理のことです。どの商品をどれくらい仕入れるのか、仕入れた商品はどこの店舗にどれくらい割り振るのかなどを考えます。

MDをされている方は当然「お偉いさん」よのうな方か「仕事ができる人」「スキル、経験が豊富な人」が多いですね。

扱うのが商品そのものなので、仕入れを間違えると会社売り上げの首を締めるハメになるのでとても重要なポジションです。

横移動の法則

転職をする際には基本的には横移動になるんですよね。例えばあなたが平社員なら違う会社に移っても平社員。

部長なら部長と大体の場合、ポジションはそのままのパターンが多いはずです。

大手セレクトショップの販売員からコツコツ働いてMDを目指すとなるとかなり骨が折れる作業になりますよね。もちろん無理ではないですし、可能です。

なので本気で最終的に大手のセレクトショップやハイブランドでMDを目指す場合は上に上がれるチャンスの多い会社を選び、そこでまずMDの肩書きを手に入れることがあなたのしたい仕事に近づく近道ではないでしょうか。

肩書きさえ手に入れてしまえば、あとはノウハウを学び、より質の高い内容に仕上がるようにスキルアップしていくのみです。

どんな規模の企業であれ、そこでMD経験が3年くらいあれば、あなたの市場価値はかなり高くなってるでしょう。MDとして働ける企業はかなり増えているはずです。

在庫管理

専門学校に通う必要はないでしょう。

管理の仕方は直接自分の体で覚えた方が早いです。

またこの職種はどこに何が、どれくらい在庫があるのかを把握しておく必要性が高く、また店舗に送り出す場合にどの商品がリピートで売れやすいのかも加味しながらストックのレイアウトを考えないといけないのでまさに影の立役者ですね。

服は好きだけど人と関わるのは苦手という方に向いてる職業ですね。

服飾専門学校を経てアパレルに就職した方が良い

それぞれの職種にピックアップして僕の経験から判断させていただきましたが、結局全ての職種は繋がっているのである程度の仕事の流れや知識は持って置いた方がいいでしょう。

アパレルで働きたい場合服飾学校に通うのはありなのか。という問いに対して僕はややYesよりの意見ではありますが、ここまで紹介させていただいた内容でも分かる通り必ずしもYesではないという事です。

看護学校だろうが音楽学校だろうがきっと同じ様な内容にまとまるんじゃないでしょうか。

勉強より大事な事

ファッション業界では「横の繋がり」が物を言います。同じ志を持った人達が集まるわけですから卒業して10年後とかに仕事でばったり会ったりもあるわけです。

もしかすると、そこから次の仕事につながる可能性もありますし、何よりそんな同じ様な志を持った仲間と同じ環境で学ぶ事が出来たというのはあなたにとってかけがえのない財産になるはずです。

 

関連記事

アパレル販売員って何するの?仕事内容を理解していれば可能性が広がる!

アパレル販売員ってどんな仕事するの? アパレルと一言で言ってもとても幅広いんですが、これからアパレル業界で販売員として働きたいと思ってる方の参考になればと思いツラツラと書かせていただきます。 あなたが ...

続きを見る







関連コンテンツ

-アパレル業界

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.