アパレル販売員が他業種へ転職したくなる理由

アパレル業界|コラム 転職する前のこと

アパレル販売員が他業種へ転職したい理由|実際に転職したので、全経緯を教えます

投稿日:

リカルド
実はワイ、アパレル販売員を一度辞めて他業種へ転職した事があるんだ

アパレル販売員を長年やっていると、アパレル販売員から他業種へ転職する人が結構な割合でいることをご存知でしょうか?

 

そんな僕も例に漏れず、アパレル販売員をこのまま続けて将来性はあるんだろうか・・・給料は増えるんだろうか・・・結婚できるのだろうか・・・年をとったらどうなるんだろうか・・・っていう悩みはずっと抱えていました。

 

今だからこそ言えることですが、結果として他業種を一度経験したことは、人生において間違いなくプラスになりました

 

今回はその時の僕の考えや行動を包み隠さずに「今」まさにアパレル販売員から他業種へ転職を考えているあなたへお伝えしようと思います




他業種へ転職を決意したきっかけ

転職 きっかけ

冒頭でも書きましたが、僕が他業種への転職を考え始めたのは

他業種へ転職したかった理由

  • 低給料
  • 社会的信用
  • 将来への不安

この大きな3つになります。今考えると「?」って感じる部分もありますが、この時は本気でそう思っていましたので、この辺り詳しく書いていきますね。同じように考えている人もたくさんいると思うので!

アパレルは給料が低い

この見解はほぼほぼ正解ですが、必ずしも正解ではありません。早速矛盾しまくっていますが、アパレル販売員で一社で定年まで勤めきる人ってほとんどいません

 

なんならこれまで僕は、そんな人に見たことも会ったこともありません。アパレル販売員の多くは転職して給料をUPさせていくからです

 

ですが、この時の僕は全くの無知で、現在進行形で勤めている会社で大した業績も残しておらず、特別なスキル(マネジメントやVMDなど)も持ち合わせていないただの一般社員だったんです

 

そんな一般社員が転職してガツンと給料が上がる?上がるわけないだろ・・・と自分で勝手にアパレル販売員に対して蓋をしていた部分もありました

※きちんとキャリアプランを立てて転職すれば上がる可能性は高いです

 

ちなみにですが、その時勤めていたブランドでは約4年働いていましたが

  • 年収300万円
  • ボーナスなし

という状態でした。よくこれで4年も働いたな・・・って今なら思いますがどうでしょう?誰がどう見てもこの年収は低いですよね。自分一人が生活するだけで一杯一杯です

 

これから先、この会社に勤め続けて給料が爆発的に増えることはあるんだろうか?いや、かなりの高確率でないですよね

 

働いている時は「希望」がないと頑張れないので、「いつか自分も」と思って現実から目をそらし頑張ってきましたが、30歳が目の前に見えてきたときに「これではダメだ」と確信しました

社会的信用ってある?

さらにこれは今現在アパレル販売員として働いている人への冒涜(自分含め)にもなってしまいますが、当時は本気で「アパレル販売員なんて底辺の仕事」「アパレル販売員してますっていうの恥ずかしい」っていうことを本気で思ってました

 

言い換えれば「アパレル販売員なんて社会的信用なんてないでしょ」くらいまで思っていました。同年代の友達が順調に出世していき年収が600万!700万!とか上がっていく中で、自分に対する劣等感が半端なく膨れがっていったんですよね

 

今では胸をはって「アパレル販売員してます!」って言えるんですが、この時に同じセリフを言えるか?と聞かれれば間違いなくNOです

 

自分は底辺だからアパレル販売員をしていると本気で信じていましたからね

将来への不安が募っていった

こんな感じでグルグルと自分の中で考えていると将来に対して絶望感・悲壮感しかなくなっていきました

 

そもそも40歳とか50歳になった時にどうなってるんだ?っていう不安もありました

 

「何をチンタラしているんだ」「早く行動に移さないと詰むぞ」とアパレル販売員を辞めることしか頭の中にありませんでしたね

 

今の給料で結婚なんて無理!デートに行っても奢るなんて無理!割り勘しか無理!なんなら奢って欲しい!とさえ本気で思ってましたからね

 

それと同時にアパレル販売員を辞めて他業種へ転職できたら

  • 年収が上がって
  • 社会的信用もGETできて
  • 将来の不安がなくなる

と本気で思っていました。この選択が正解かどうかはわかりませんが、少なくとも無事に転職できたら「いま抱えている不安」はなくなることだけは間違いありませんでした

アパレルから脱出するために僕がとった行動

転職準備

転職エージェントへ登録

一度覚悟を決めてしまえば、行動するまでに時間はかかりませんでした。僕の目的はアパレル販売員から脱出することです

 

この時僕は正社員で他業種という転職先にポイントを絞っていましたので、口コミや評判をもとにDYM就職JAICに登録しました

大手転職サイトであるリ○ナビやマイ○ビにはあえて登録しませんでしたね。これにも理由があって大手転職エージェントってそれだけ登録人数が多いので、個人一人一人に対するサービスの質が低いんじゃ?と勝手に勘ぐってしまったからです

 

結果的には大手を外して正解でした。無事に転職できましたので。それと今回2つのエージェトに登録したのですが2つに登録したのにも僕なりの理由がありました

 

アパレル販売員以外の職種に転職したことがなかったので、「比較するため」に2社登録したんです。給料や条件だけでなく取り扱っている案件もエージェントによって違いますからね

 

登録自体はすぐに終わるので、情報を精査する意味でも2社は登録しておいた方がいいと思います。もちろん僕が使った上記2社だけでなく他の大手エージェントでも構いません

 

とにかく比較できる環境は大事です

職種探し

職種に関しては漠然と「営業」を考えていましたが、結果的に担当してくれたエージェントさんのアドバイスも営業が僕にマッチングしそうとのことで、営業での職探しに絞りました

 

僕の場合、アパレルから脱出することばかり考えていて、あまり「何をしたいのか」を考えていなかったんですね・・・これでは初速も遅くなりますし、悩むポイントが増えるだけなので、これから他業種へ転職を考えているのであれば、ある程度の職種は考えておいた方がいいですよ!

 

ちなみにアパレル販売員の僕がお勧めされた職種は下記をご覧ください

ポイント

  • 経理
  • 営業(あらゆるジャンル)
  • 美容関係
  • 企画・PR

正直、経理は???って感じでしたが、他の職種は興味を持って活動できそうだったのでめちゃくちゃワクワクしました(笑)経理っていきなりなれるもんなのかだけが、今でも不思議です

履歴書・職務経歴書作成からの面接!

面接準備

職種が決まったので、給料など僕が希望する条件にマッチングする企業にガンガン書類選考してもらうべく、エージェントさんが動いてくれました

※履歴書や職務経歴書はエージェントが添削してくれます

 

ここで感じたのは、他業種だとびっくりするくらい書類通過すらしないんだってことです。なんとなく謎の自信があっただけにショックを隠しきれませんでしたが、10社送って面接までいけるのは1〜2社ほど。2割弱ほどしかないのです

 

とはいえ、面接まで持っていければ「受かる」気しかしていなかったので、ここは諦めずに気になった企業があれば応募し続けました

 

で、最終的に3社と面接することになりました

面接で聞かれた質問内容

ここで予想通りと言いますか、絶対に聞いてくるだろうなって面接での質問があります。僕もある程度は想定していたのですが、気になる方も多いと思うので、僕が実際に聞かれた質問を置いておきます

聞かれた質問

  • 自己紹介
  • 長所・短所
  • 志望動機
  • 前職で得たスキルや知識
  • 以前の職場で生かせるスキルは
  • なんで以前とジャンルが違う会社(他業種)へ転職を?
  • 前の職場の職場環境
  • 1から覚えるの大変だと思うけど大丈夫かどうか
  • 家族構成(結婚)は?

3社共通して聞かれた質問は上記になります。結果論で申し訳ないのですが、ここで大事なのは自分のキャリアが面接企業で「どれだけ役にたち、これまでのスキルが通用するか」と言うことを明確に伝えることです

 

これは面接前にもエージェントさんに言われたのですが、僕の転職理由は「アパレルから脱出したかった、この1点のみ」です

 

こんな理由では採用などされるはずもありませんよね。なので企業研究をもとに、これまでやってきたこと(スキル・経験)がどれだけ通用するのか?と言うのを伝えることが採用されるポイントになってきます

 

言いがちな回答として「未経験ですが気合いと根性はあるので頑張ります!」とかは完全にNGです。新卒での面接ならまだしも、中途採用社に会社はそんなことを求めてはいないからです

 

この辺りは担当エージェントにあなたのスキルと経験をもとにした解答例をいくつか相談しておくと、採用される確率はグッと上がるはずです。僕は相談しまくりましたよ(笑)

無事に内定をゲット!

そして僕は面接した3社のうち1社から内定をいただき、無事に他業種への転職を成功させました。アパレル業界から脱出したかった僕にとってはとても大きな進展です

 

ざっくりですが、僕が転職したときの案件内容を晒しておきます

  • 年収約100万円UP!
  • 残業-繁忙期はあり(ここはある程度は仕方がないと我慢)
  • ボーナス年2回あり
  • 年間休日108日(やや少なめ)
  • デスクワークと外回りが半々くらい

個人特定を避けるため、あまり詳しい詳細は書けないのですが、条件(特に金銭面)としては元が300万円だっただけに大満足でした

 

給与交渉やその他の交渉も全て担当のエージェントさんが行ってくれるので、聞きにくいことや、面接で聞けなかったことへのフォローも全部やってくれたのも、今回無事に転職できた理由だと思います。ありがとうございました!

アパレル販売員が他業種へ転職したい理由|実際に転職したので、全経緯を教えます:まとめ

アパレル転職 他業種

期間にすると、転職を決意してから内定をもらうまでに3ヶ月くらいでしょうか?転職の期間としてはやや早いか妥当な期間で無事に転職できたと思います

 

新しい職場でこれまでとは全く違う仕事内容に最初は戸惑うことも多く、ストレスを抱える時期もありましたが、ここで他業種に挑戦した経験はいまでも生きています

 

特にデスクワークなんて、これまで売上管理やシフト作成くらいしか使ったことなかったですからね(笑)見積書の作成やアポとって訪問とか最初はドキドキして不安でいっぱいでしたが、なんとかなりました

 

新しい職場って絶対緊張もするし不安にもなりますが、時間が解決してくれます。モヤモヤを抱えたままずっと何年もアパレル販売員を続けるなんて時間の無駄です

 

まずは行動に移してみて「自分にあってる」と感じたら続ければいいし「やっぱ販売員の方がよかったな」って思ったなら戻ればいいのです

 

そんな僕ですが、結果的に新しい職種へ移ったものの、2〜3年ほど経験してから訳あってアパレル業界に戻りましたが、他業種での経験は間違いなく今でも生きています

 

他業種に憧れるなら実際にやってみると、違った見え方ができます。隣の芝は青く見えるとよく言いますが、まさにその通りで他業種に行けばまた新しい悩みが出てくるものです

 

そこで初めて「転職してよかった」「アパレル販売員やめてよかった」と思うのです。もしかしたら改めてアパレル販売員の良さに気付く可能性もあります

 

アパレル販売員から、とにかく脱出したいのであれば、一度脱出してみてください。頭で考えているだけでは何も始まりません

 

僕は間違いなく、あの時のあのタイミングで一度アパレル販売員を辞めてよかったと思います

リカルド
人生って選択の連続なんだよな。後悔しないように生きたいぞ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リカルド

リカルド

アパレル業界で働きつつ、将来に向けて「複業」を開始。現代の働き方に「?」を抱いています。 ご質問やお問い合わせは「お問合せフォーム」「twitter」からお願いします。

-アパレル業界|コラム, 転職する前のこと
-,

Copyright© ヒロローグ , 2018 All Rights Reserved.