ファッション業界|コラム

給料が少なくて将来が不安だからアパレル販売員から異業種へ転職したけど心折られた話

更新日:

このブログでも何度か話題には出てますが、私、今でこそアパレル販売員を続けていますが、一度だけ異業種へ転職したことがあるんです。

 

異業種へ転職した理由としては、当時はアパレル販売員としての将来のヴィジョン(給料が安すぎた)を描くことができずモヤモヤしていたのと、一度でいいから異業種で働いてみたかったから、という理由です。

 

さらに勤めていたアパレル(ブランド)が倒産したのも追い討ちをかけました。で、実際に異業種へ転職してから2年ほどでアパレル販売員に舞い戻ってきたわけですが、この2年でこれでもかと心を折られてしまったので、これからアパレル販売員から異業種へ転職しようとしている方に失敗例をお伝えできればと思い執筆しています。

 

アパレル販売員をしている間は、違う業種へいけば将来は安心、給料だって改善されるだろうと夢を見てらっしゃると思います。転職先にもよりますが、私が転職した先はこんな感じでした。

  • 年収微増
  • 見込み残業50時間(大体MAX 行く感じ)
  • 毎日終電間近になる
  • 体育会系の社風

全くの未経験業種で慣れないことばかりの中、この状態で2年ほど働き心身はズタボロになり心療内科に通うことになりました。そしてお医者さんから「休職しなさい」と言われ、退職しました。まぁ今思えばお昼休憩すら取らせてもらえない職場でしたからね・・・

 

そこからアパレル販売員として復帰したので、今だからこそ気付けたことを掘り下げていきたいと思います。


アパレル販売員は「給料が安いから異業種に転職する」は大間違いに気付けた

そもそも論ですが、異業種へ転職するってことは業界気経験である場合がほとんどだと思うんです。もちろん私も業界未経験で異業種へ転職しました。

 

ここで問題だったのが、アパレル販売員を辞めて異業種へ行けば

  • 給料も上がって
  • 待遇も良くなって
  • 将来安心

なんて本気で思っていたことなんですよね。アパレル販売員以外にいけば良くなるんだったら誰もアパレル販売員なんてしないよねってことです。

 

にも関わらず、当時は本気で良くなると考えていたのですから、盲信って怖いですよね。この記事を読んでいるあなたも盲信しすぎていないか今一度振り返ってみてください。

 

私の場合ですが、これまでのアパレル販売員のキャリアはそれなりにあり、役職もついていました。で、あればわざわざ1から異業種へ行くよりもアパレル販売員としてキャリアを積んでいった方がよほど建設的だったわけです。

 

このことに気がついたのは、なんと異業種へ転職し、さらに退職した後のことです。

これまでのキャリアを捨て、また1から仕事を覚えるのは至難の技

転職先が自分に合ってれば話は別ですし、あなたの年齢が若ければ若いほどあまり苦には感じないかもしれませんが、自分に合っていない職場の場合は大変です。自分に合っていない(興味がない)仕事内容を完全に1から覚えないといけないですからね。

 

全くの1から覚えることになるので、プレッシャーに押し潰されそうになりながら必死に頑張りましたよ。これまでの経験がないので、仕事の展開も予想が立てづらく、慣れるまで相当かかりました。いや・・・実際、2年働いていても慣れることはありませんでした。

 

常にミスしないか不安に駆られ「中途採用者」だから一刻も早く仕事を覚えないといけない焦りと不安よる極度の緊張状態がずっと続いていました。

 

いくら中途採用者だからと、いきなり仕事ができるわけないんです。ましてや業界未経験なのに。でも中途採用者として雇われた以上、頭ではわかっていても焦ってしまうんですよね。

そして気付けば、電車に乗るのが怖くなり、会社の自動ドアをくぐるのが怖くなっていました。最後の方は自動ドアをくぐる事ができずに、何回も家に引き返していました。どうにか出勤できても動機、冷や汗が止まらずに早退の日々。

 

私には「異業種で1から頑張る」のは無理だったのです。もちろん職種に適性があり、過ごしやすい社風で残業も少なく、お昼休憩もちゃんとあれば違ったでしょう。

 

私の下調べ不足と期待の大きさもあって、現実は全て理想と真逆でした。しかし、業界未経験者を雇う会社なんて、こんなところが多いのでは?とも思います。

※全てではありません

 

私のようにならないためにも、異業種へ転職する場合、自分のヴィジョン(将来の目的)と一致しているかっていうのは最重要視してください。出ないと、頑張りきることができません。

 

歯車が狂いだすと私のように一気に崩れ落ちることになります。寝ても覚めても仕事が嫌だっていう負の思考による動悸に悩み続けることになりますからね。



給料が安くて異業種へ行くくらいなら、キャリアアップ転職した方がかなり現実的

これも今だからこそ分かった事ですが、給料が安いのは「アパレル販売員」だからではありません。自分自身がきちんとキャリアと向かい合っていなかったからなのです。

 

これまでは意識していないといえば嘘になりますが、ほとんど成り行きで行動してきていました。「なんとなく」働いていてキャリアアップできたら誰だって苦労しません。

 

今だからこそ言えますが、当時の年収と今とを比べると「倍以上」年収は違います。当時の年収が低すぎるだけっていうのもありますが、キチンとキャリアプランを立てて転職すれば年収は確実に上がるのです。

 

給料が低いのは会社のせいではなく、何者でもない「自分自身」のせいだと今ならハッキリ言えます。給料に不満があるならスキルなり知識なりを付けてキャリアアップ転職すればいいのです。現状に対して不満を漏らしたところで事態は好転しませんし、給料だって上がりません。

 

もし私が、当時の自分にアドバイスを送るのであれば、間違いなく「アパレル販売員としてキャリアアップできる転職をしろ」と言いますね。

 

それに今の転職エージェントは優秀です。私の要望をほぼ全て汲んでくれたうえに、しっかりキャリアアップ&大幅年収UPの求人を紹介してくれたうえに採用まで導いてくれたんですから。

これは、微々たる給料UPのために2年もの間、異業種で働いて鬱になりかけたからこそ気付けた事です。



まとめ:給料が安くて将来も不安は自分の責任

結局は給料が低くて将来が不安になっているのは、自分自身の責任なんですよね。これはアパレル業界に限らず、どこの業種でも同じだと思います。

 

キャリアプランを立てずに毎日同じように働いていては給料もキャリアも上がりません。ましてや異業種へお金目的で転職したところで、また1から仕事を覚えないといけないうえに、業界未経験者に出す給与なんてたかが知れてるんです。

 

お金目的でアパレル販売員を辞めて違う業種へ行けば「良くなる」なんて幻想です。むしろ普通に考えれば「悪くなる」可能性の方が圧倒的に高いんです。30歳手前の未経験者を雇うくらいなら、まっさらな新卒を雇います。

 

私もかなり遠回りをしてきましたが「自分が今後どうなりたいのか、どれくらい稼ぎたいのか」を明確化しておけばあとは目標に向かってキャリアを構築していくだけです。

 

当たり前ですが、理想に近づくにつれて給料も上がっていきます。私は異業種へ行けば全て救われるという謎の盲信をしたおかげで随分、遠回りしてしまいました。

 

やりたい事が明確なのであれば異業種への転職は全然ありですし、頑張るべきだとは思います。ですが、私のように「お金」目的だと痛い目を見る可能性が高いので、一度立ち止まって冷静に自分の将来ヴィジョンと照らし合わせてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ファッション業界|コラム
-,

Copyright© ヒロローグ , 2019 All Rights Reserved.