アパレル業界について

アパレル販売員の将来|歳をとっても働けるの?

更新日:

アパレル販売員の将来ってどうなるの?

リカルドくん
アパレル販売員の将来ってどんな感じになるんだ?
ガールさん
確かにそこは気になるかも!どうなるの?

アパレル販売員として働き続けたとして、歳とったらどうなるのって考えている方は多いと思います

 

僕も同様に、「歳をとったらどうなるんだろう」と悩んだ時期がありました

 

実際に現場で働き出すと見えてくるもの・わかってくるものってあるのですが、「これからアパレル販売員として働こう」としている方には不安ですよね

 

例えばですが、あなたがよく行くブランドがあるとしましょう。そこには30代くらいの人は働いてるけど、それ以上の年代がいない・・・まさかクビになったの??年齢制限があるの??とか考えてしまうわけですが、そんな事ないですよ!

 

実際に年齢が原因でクビになることはないです。大抵は転職して自分の年齢、身なりにあった他所のブランドへ移っているだけです。もしくは本社勤務になったとか、要因は色々ありますが、アパレル販売員として働こうと思えば定年まで働くことは可能です

 

アパレル業界に入って早10年経つのと、結構この手の質問を受ける事が多いので、この10年で見えてきたアパレル販売員の将来について考えていきたいと思います

アパレル販売員に年齢制限はある?

結論から言うと、アパレル販売員に年齢制限はないです

 

ただ、ブランドによっては「ある」と考えています。たとえばですが、50歳になった時に109でギャル相手に接客できるか?と言われたら不可能に近いですよね

 

違和感の塊でしかないです。もしかすると珍しいのでメディアが取り上げてくれてワンチャン…って可能性もありますが、109で販売員として定年まで働くのは困難を極めるでしょう

 

しかし、これが109ではなくティファニーやシャネルだとどうでしょうか?

 

かなり現実的です。若い時は109でいいですが、年齢とともに自分が在籍するブランドを変えていえば一生、アパレル販売員としてやっていくことも可能です

・年齢制限はブランドによってはある
・アパレル販売員という大枠で見ると年齢制限はない
リカルドくん
確かにわかる。逆に大手ラグジュアリーブランドだと若い人がいないもんなぁ




アパレル販売員だけを定年まで続けてる人は少ない

こう書くと、語弊があるかもしれませんが、どこかのタイミングで本社での勤務に移る人が多いです
それは転職なのか異動なのかは人によって様々ですが、本人が望まなくてもそうなるケースは往々にあり得ます

 

僕はデスクに座って本社で仕事っていうのは、性に合ってないので望まないですが、会社の意向であったりもしかしたら身体を悪くする可能性もあるので、今後はどうなるか分かりませんが、可能な限り「現場」でいたいですね

 

長年、アパレル販売員をやっていると、VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)など少し特殊な役割を担う事があります

 

いわゆる視覚的に商品をよりよく見せるために売り場を作って行く人たちのことを指します

 

なんだそれは?って方もいるかもしれませんので一応。こちらの記事で分かりやすく書いてくれているのでVMDってなに!!?って方は読んでみてください

VMDとは|JAVMA 日本ビジュアルマーチャンダイジング協会
VMDとは|当協会は、ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)に関わる情報の収集と発信を行い、理論に裏付けされた技術の向上、能力開発、人材育成を目的にした会員相互の...

 

VMDなど特殊なスキルだけでなく、年齢を重ねればそれだけ「経験」してきてますし、マネジメントなどスキルも身についてることでしょう

 

それを生かして、新規ブランドのスタッフ教育担当として、コンサル業なんかに行く人もいます

・経験を生かしてコンサル業
・本社勤務へ異動(転職)
・VMDやMDなどの手に職へ
ガールさん
継続して働いていれば、それだけ専門知識も身につくしマネジメントだって嫌でも経験するわね。それが丸ごとスキルとして武器に繋がるっていいわね

30代の僕は今もアパレル販売員してます

まだまだひよっこの30代中盤ですが、簡単にこれまでのアパレル販売員としての経緯を書いておきます

 

学生を終えた後は、東京に出て「某セレクトショップ」で数年働きました。で、その後また別のセレクトショップへ移りましたが、ここもまた数年で退職しました

 

30歳手前くらいで、「某ラグジュアリーブランド」へ転職し、そこでまた数年経験したのちに別のラグジュアリーブランドへ転職しました

 

そこで今もまだ働いています。アパレル販売員をスタートさせた当初はヤングカジュアル中心の売り場でしたが、今では「超」がつく高級品を扱っています

 

ヤングカジュアル時代は、客層も若く、接客も結構ノリでどうにかなっていたのですが、ラグジュアリーブランドになると客層も一気に変わり、いわゆる「お金持ち」のお客さんになるため、対応は大変です

 

下手なことできませんからね(笑きちんとした言葉使い、立ち振る舞いが求められますが、これって一朝一夕でできることではないんですよね

 

ヤングカジュアル時代があったからこそ、いまに繋がっているんだと自信を持って言えますし、お客さんの話を聞くのもまた面白いですよ

 

これまで興味がなかった投資の話なんかもしてくれる方いますし、これからは○○がいいよ!とか新しい情報をくれたりもしますしね

 

なんだかんだ、「会話」するのが好きなんだなぁとつくづく思います。なので僕はこれからも販売員として働いて行くと思いますね



給料はどうなってる?

ここまででなんとなく、歳をとてもアパレル販売員としてやっていけるっていうのは、伝わったかなぁと思います

 

後は「お給料」がどうなの?ってのも気になるかと思いますが、ここもこれまでの転職で順調に上がっていますよ

 

詳しくはこちらの記事で書いてますので、下記記事をお読みください

アパレル販売員として働く上で、僕は転職は必須だと考えています

 

その必要不可欠な「転職」で、いかに効率よくキャリアアップできるかが、とても大事で、それが年収を大きく伸ばしていくための「鍵」になります

 

人間関係など、「お金」のこと以外で転職を考えるタイミングは多々あると思いますが、「キャリアアップ」だけは必ず意識して転職してくださいね

 

たまに転職でキャリアを下げている人を見かけますが、マジで時間と労力を無駄にしています。あなたはそうならないように(時間を無駄にしないように)キチンと今後の将来プランに合わせて転職してくださいね

 

この辺りは転職エージェントに聞くのが実は一番手っ取り早かったりします。割と日本人は自分でどうにかしようとする傾向が強いので、自分の将来のためにも転職する際にはエージェントに全部聞きましょうね

 

向こうもプロなのでちらが考えてもいなかったような提案をしてくれることだってありますから!

 

実際に僕が使った転職エージェントをまとめている記事もあるので、ぜひ、参考にしてください

リカルドくん
ぶっちゃけアパレル業界に限らずきちんと自分で自分の将来設計を考えていないと、どこかで詰むよな




アパレル販売員の将来|歳をとっても働けるの?:まとめ

・歳をとってもアパレル販売員として働くことは可能

・年齢に合わせたブランドへ転職して行く

・転職の際にキャリアアップをしていかないと給与面でジリ貧になる可能性あり

結論としては全然問題なく、働くことができますよってことです!

 

なので不安にならずに「今できること」をきちんとして「きちんとキャリアアップ」していけばお金の面で困ることもそうそうないと思いますよ!

 

実際に、僕は今の給与面に不満も不安もないので、楽しく生活できています

 

結婚だってできますし、周りでも既婚者は大勢います。ただ、割合としてカジュアルブランドよりもラグジュアリーブランドの方が既婚者は多いので(僕の周りでは)、目標としてまずはラグジュアリーブランドを狙うっていうのもアリではないでしょうか

せっかくファッション業界にいるんですからその「最高峰」で働くっていうのもなかなか感慨深いものがありますよ^^給与面でもガラッと変わりますから、「ココだ!」ってタイミングがきたらぜひラグジュアリーブランドへ転職してみてください

 

アパレル販売員を長く続ける秘訣はラグジュアリーブランドにあると言っても言い過ぎではないかもしれません

リカルドくん
ラグジュアリーブランドって世界的に大規模だから潰れる心配も少なそうだなぁ
ガールさん
アパレル販売員するなら絶対にカルティエで働きたいわ!

ヒロローグがおすすめする転職サイト

CREDNCE(クリーデンス)

☑業界最大手
☑非公開求人多数
☑関西、関東と広エリア
☑登録者数130,000人以上
☑販売職から専門職まで
☑相談からでもOK

ファッショーネ

☑非公開求人多数
☑関東エリアに特化
☑対象エリア(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)
☑販売職から専門職まで多数
☑相談からでもOK

iDA

☑派遣に特化
☑ブランド数多数
☑全国に支店あり
☑取り扱いブランド1,000件以上
☑相談からでもOK

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アパレル業界について

Copyright© ヒロローグ , 2018 All Rights Reserved.