仕事・ファッションの悩めることなら「ヒロローグ」

社会情勢・知っておきたいこと

送別会から分かる元社員との今後の関係性について

更新日:




送別会から分かる今後の関係性

毎月毎月なんで送別してやらんといけんのじゃと、疑問しか湧いてなかった僕です。

ここで、送る側と送られる側との意識の違いと言いますか、当たり前ですけど捉え方って全然違うんだなと実感しました。

そしてこの記事を書いてから幾月も経たぬ間に僕の出番がやって来ました。

あれ程に嫌悪していて、あれ程に辞めたいと思っていた会社。

毎日、動悸がして自動ドアを潜るのさえ躊躇し、身体を病み、心療内科に通うことを余儀なくされた程に僕にダメージを与えたこの会社。

なんなら、この日が楽しみすぎてこの日の為だけに生きて来たんじゃないかと思えるくらいに日々、仕事を頑張っていました。

そんな、待ちに待った日を迎えて、思っていたのと違う感情が芽生えていました。

これまで共に働いて来たメンバーに送別会をしていただき、30代のおっちゃんは不覚にも泣きそうになってしまったのです。

送別会って必要?

送別会をしてもらうのはこれが初めてではございません。

これまでにも何度か転職を繰り返して来ましたからね。

これまでは送別会といっても別にどうでもよくて、極端な話、悲しいとも何とも思いませんでした。

死ぬ訳でもないし、一生会えなくなる訳でもなく、仲の良いメンバーがいたのであればプライベートで会えば良いだけですからね。

これまでの会社には全く思い入れがなかったのか、それとも僕自身が非常にドライだったのでしょうか。

しかし、今回は違いました。

送別会を開いてもらうまでの、楽しかった事や苦しかった事が一気に込み上げて来て目頭が熱くなってしまったのです。

まぁ、苦しかった事の方が圧倒的に多かったんですが、それでも今日まで何度も心を折られながらも耐え抜いて来れたのは共に働いてきたメンバーのおかげだと痛感したんです。

この時にもっと自分にもできる事があったんじゃないか、してあげられる事があったんじゃないかとか色々と一気に考えてしまったんですね。

今更こんな事思っても完全に「後の祭り」状態なんですが人間ってこんなもんでしょう。

失って初めて気付く的な。

で、手紙やら花束やらをいただきまして、無事に送別されてきたのですが、送別会の重要性に改めて気付きました。

まず、送別会は必要か?という問題ですが僕は自分が送別されて「必要」という答えに辿り着きました。

大半の人が当然のように誰かが辞める時には送別会を開いている辺り、大方の人は同じ考えなのでしょう。

送られる人が、どんな想いで、どんな気持ちで働いてきたかにもよりますが、なんとなーくダラダラとサボる事だけを考えて働いている人には絶対に分からないモノを送別会では得られます。



送別会から得られるもの

結局は人情によるところが大きい訳ですが、適当に過ごしていたのであれば絶対に得ることのできない感情を得る事ができます。

僕はこれってとてもプラスな事だと思っていて、自分の成長、考え方に大きく影響すると感じました。

僕は体裁よく言えば、他にやりたい事があり、どちらかと言うと前向きな理由で退職します。

今の職場から吐き気がする程に逃げたかったのも事実としてありますけどね。

会社は死ぬ程嫌いでしたが、ここで出会った人達は死ぬ程好きでした

なのできっと今後も付き合いはあるでしょうし、仕事を辞めたからと簡単に無縁にはしたくないなと思っています。

僕の事をよく思ってない人や、無関心な人、集まってお酒を飲みたいだけの人はきっと何とも思わなかったのでしょう。

僕もこれまでずっとそうでしたし、これからもそうかもしれません。

つまり送られる側が、どう捉えるかが、送別会の意味であり、送別会を行う理由なんじゃないでしょうか。

送る側は楽しくお酒を飲んでくれたらそれでいいのです。

結局のところ、送られる側がどう捉えるかが重要なのです。

元社員との今後の関係性

これは送別会だけでは判断は難しいのですが、これまでの立ち振る舞いで全て決まります。

こんな極端な人はいないかもしれませんが、

  • 遅刻が多い
  • 納期は守らない
  • ホウレンソウはまるでしない
  • 飲み会にも顔を出さない
  • 陰口ばかり言う

これだけではなく、共に仕事をしていく上で、マイナスにしかならない様な事ばかりしている人はスグに身を改めた方がいいでしょう。

また、退職が決まってから上記の様になってしまう人もたまにいますが、これまで頑張ってきて退職が決まった途端にコレでは駄目です。

自分が思っている以上に世間は狭いですし、色んな所で繋がってきます。

そういった意味で僕は最後までキチンとやり遂げられたかなと思っています。

当たり前の事を当たり前にやっただけですけど(得意気)ですので、最初から最後まで気不味くはなりませんでしたし、良い終わり方が出来たなーっと。

送別会から分かる元社員との今後の関係性について:まとめ

送る人からすると、毎度繰り返される只の送別会かもしれませんが(僕はそうでした)、送られる側からすると、とても大事な1日です。

そんな日にわざわざ集まって自分の為に、辞める人間の為に、こんな素晴らしい会を開いてくれるなんて最高じゃないですか。

苦しい期間もありましたが、この会社に入って良かったなーと自分の気持ち的にもプラスで終えることができ、前向きに次に向かえそうです。

「送られる側が、どう捉えるかが、送別会の意味であり、送別会を行う理由なんじゃないでしょうか。」

今後も送別会に参加することは必ずあります。

(もう自分は送られたくないですが)その時の気の持ちかたとして、学ぶことが多かったです。

当たり前に転職する人が増えている世の中ですが、人との繋がりはずっと変わらないものなので、これからも大事にして行きたいですね。







関連コンテンツ

-社会情勢・知っておきたいこと

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.