仕事・ファッションの悩めることなら「ヒロローグ」

社会情勢・知っておきたいこと

【ビジネスマナー?】濃いヒゲもじゃの人に教えたいちょっとしたこと

更新日:




ヒゲもじゃはビジネス観点であり?なし?

僕の友人にヒゲが、もじゃもじゃの人がいるんですけどね。

貴方の周りにもいませんか?

もしくは貴方自身がヒゲもじゃですか?

僕のひげもじゃの友人の話をしますね。

友人のヒゲもじゃスタイルは、今に始まった事ではなくて中学くらいから徐々に濃くなり始めて、高校生の頃には立派な大人。いや、大人という表現は甘いかも知れないです。

そうですね、例えるなら立派な外人になっていました。

僕は今でも、そこまでヒゲは伸びないので、逆に羨ましいと思う事もあった訳ですが、彼にとったら地獄だったかもしれません。

いじられ方が半端なかったですからね。

その時は笑ってますが、もしかしたら彼は「ヒゲのせいで…」と心の中で苦しんでいたかもしれません。

救えなくて、ゴメン。

しかし、そんな彼の心とは裏腹に、彼についたあだ名も散々なもので、「マリオ」、「岩にこびりついたコケ」、「たわし」などなど、余り喜ばしくないあだ名がたくさんついていましたね。

で、そんな中、最終的に落ち着いたあだ名が「ひげ」

「ひげwww」

酷くないですか?彼はヒゲがもじゃもじゃだからヒゲにまつわるあだ名を付けられていたのにも関わらず、最終的に「ひげ」そのものをあだ名にされてしまっていました。

「ヒゲ!国語の教科書貸して!」みたいな(笑)

もうその頃には「ヒゲ」が定着し過ぎて何も違和感を感じませんでした。

そして、やはりというべきかヒゲが濃いと、ヒゲだけでなく体毛も濃いんですよね。

中でも衝撃を受けたのが、高校生なのにも関わらず胸毛が別次元にアグレッシブだった事。

すね毛がタイツ履いてるの?レベルだった事です。

そしてまたそれをネタにしては、彼とは毎日毎日一緒につるんでいました。

いやー、今思い返しても楽しかった青春!

余談ですが、そんなある日、彼のすね毛がツルッツルに消えた日が来たのです。

やはりというか、体毛についてイジられる事をとても気にしていた様で見事にツルツルになっていました。左足だけ。

彼が何で片方づつやったのか今でも謎ですが、次の日には右足もツルツルになっていました。

しかし、それも束の間の幸福で、しばらくすると彼のすね毛は見事に復元されていました。

恐ろしい生命力です。

そんな彼も今ではサラリーマン

前置きはこれくらいに、そんな彼ですが今では立派にサラリーマンを頑張っています。

ここでは職は伏せますが、一般的なサラリーマンを想像していただけるとイメージしやすいかと思います。

彼も今では30歳を超え、いい大人になっていますので、ヒゲはかっこよく整えています。

なんというか非常にダンディーで大人の色気がでているというか、かっこいいです。

しかし、ここでふと思いました。

そのヒゲかっこいいけど社会人的にありなのか?

僕は別にヒゲなんて整えてさえいれば(不潔に見えなければ)全然あり派です。

正直、ヒゲなんて個人の自由で好きにさせてあげてほしい派です。

しかし、残念ながら全ての企業・会社で受け入れられるとは到底思えない、そんな疑問がふつふつと沸き上がってきたので、「そのヒゲ、職場の人とか取引先の人に何も言われないの?」と聞いてみたところ、面識のある人にはもう受け入れられているそうですが、新規の取引先や年配の上司などはやはり心良く思っていないようです。

しかし、彼の場合、ヒゲを全部剃ってしまうと顔半分下が青ヒゲっぽくなってしまい、今の状態に整えるのが彼なりに長い年月をかけて見つけた答えなのだそうだ。

彼なりに社会人として清潔感のあるスタイルを目指した結果が敢えてヒゲを全剃りせずにイタリア人の様に整えることだったのです。

僕はここまで彼が真剣に悩んで出した答えを、「はい、ヒゲ生やしてるからだめ!」と年寄りの定年近いおじいちゃんに言われる筋合いなんてないと確信しました。

彼らが生きてきた時代とは違いますし、そもそも生やしたくて生やしている訳ではないという事実を受け入れなければいけない。

もちろん、会社の規定としてヒゲNGなのであれば、従うほかないかもしれませんが、そもそもヒゲNGって意味不明じゃないか?

そんな彼が心から嫌がっているヒゲですが、僕から見ると正直かっこいい。

しかし、当の本人からしたら10代の頃から、いじられ続けたおかげで一種のトラウマの様になっており、ヒゲなんていらないときっぱり言い切っていました。

今ならお金はかかりますが、脱毛することも可能ですし、そんなに嫌なら永久脱毛も視野に入れていいレベルだと思いましたが、それは怖いから嫌だとのこと。

「わがままやなこいつ。。。」と思いながらネットで色々と調べてみました。

ヒゲの処理方法と改善策

対処法、いっぱい出てきますねぇ。

これまでヒゲについて悩んだことがなかったので当たり前かもしれませんが、色んな隠し方、処理方法があるんですね。

  • ファンデーションで隠す
  • ヒゲが気にならないくらい日焼けする
  • 除毛クリームを使用する
  • 諦めて永久脱毛

ざっとですが、多く取り上げられていたのはこの辺りですかね。

除毛クリームと永久脱毛は想像できましたが他ふたつが面白すぎてプルプルしてしまいました。

ファンデーションで隠す

ファンデーションで隠すって面白くないですか?

・・・隠れます?

違和感の塊になりそうなんですけど大丈夫なのか?

禿げ頭をスプレーで隠してるのと同じレベルじゃないのか?

当の本人がいいのであれば、別にいいんですけどね、ジワジワきますねコレは。

果たして本当にファンデーションで隠れるのだろうか。

疑問しか沸かないのでこれは却下しました。

ヒゲが気にならないくらい日焼けする

まじ?

まぁよーく考えてみると理に適っているというかめっちゃ分かります。

極端な例ですけど、色白男子がヒゲ濃いとなんだか不健康そうに見えてしまいますし(青ヒゲ効果もプラスされて)、なんだか清潔感に欠ける気がしますが、色黒のヒゲが濃いのはなんだか健康的に見える気もします。

色黒のヒゲはEXILEにいそう、というかリーダーが色黒のヒゲでしたね。

ちょっと、軽い感じに見えてしまうのが残念なところではありますが、今の時代を考えると色白のヒゲよりは、色黒のヒゲの方がいいのでしょうが、ビジネスという観点で見ると、うさん臭さしかないので却下。

除毛クリームを使用する

僕的にはこれが一番いいんじゃない?と思いました。

理由としては自宅で簡単に出来て、かつコストもそんなにかからないであろう点が、素晴らしい。

まぁモノによっては詐欺みたいな値段のモノもありましたが、値段にすると大体3000円から10000円くらいが相場のようです。

どれくらい効果があるのだろうか・・・

友人で試したい・・・

諦めて永久脱毛

本気で、自分の未来からヒゲを消すのであれば永久脱毛一択ですね。

ただ、定期的に通わないといけないのと、価格もやっぱり、それなりにします。

ヒゲの濃さにもよるそうですが、10万円~50万円ほどはかかるらしいです。

そこまでして、ヒゲを消し去りたい気持ちが僕には分かりませんが悩んでいる人にとっては全然払える金額なのでしょう。

友人はそもそも永久脱毛は怖いと言っていたので却下ですかね。

【ビジネスマナー?】濃いヒゲもじゃの人に教えたいちょっとしたこと:まとめ

あくまで僕の考えですがビジネスに関してヒゲはやはり、好ましく思われないです。

どんなにオシャレに整えていようが理解されないケースも多々でてきます。

もちろん職種や業種にもよるでしょうが、一般的なサラリーマンと呼ばれる業種でヒゲもじゃな人をほとんど見たことがありません。

たまにいますけどね。

なんならキレイに整えているヒゲの人もあまり見かけないように思います。

大体はキレイさっぱり剃られています。

現状では、それが一番清潔感があり、好印象を与えるという風習もあるのでしょうが、「なんだかなぁ」と思ってしまいますね。

ヒゲを生やしているからといって仕事の効率には関係ないのにね。

ですので、ヒゲスタイルを肯定したい思いがほぼ100%なのですが、世間一般で見るとまだまだビジネスマナーとしては良くないのでしょう

ヒゲを生やしているとチクチクするから嫌という女性も多いですしね。

こうして考えをまとめると、ヒゲが濃いというだけで苦労している人は僕の想像以上に多いのかも知れません。

自宅で出来るヒゲ対策が最強説

ファンデーション(笑)もいいですけど、毎日塗らないといけない上に、絶対周りにばれますし、日焼けも夏だとナチュラル日焼け出来るかもしれませんが、シーズンによっては日サロに通わないといけなくなったり、後見た目がチャラ男になる可能性が高いのもリスクがあります。

また、日焼けし過ぎてしまうと仕事面でも「どうなの?」と疑問がでてきます。

ヒゲより悪印象を与える可能性も無きにしも非ずです。

なんやかんや自宅でヒゲ対策できるのが最強ではないでしょうか?

自宅で簡単に出来るヒゲケアが一番楽で誰にもバレずに実行できるのでオススメです。

中でも一番よさそうだったのが、コレ。

ゼロファクター

なんか聞いたことある名前だなと最初思ったんですが、少年ジャンプやマガジンなどの媒体でも紹介されているらしく、facebookなどでも結構、広告が出ているみたいです。

だから見覚えある名前だったんですね。

しかし、そんなものはお金の力でどうにでも出来るので信憑性としてははっきり言って薄いので、ちゃんと調べましたよ。

調べてみるとしっかりした会社という印象。

販売実績180万本突破していることと、販売から18年経った今でもこれだけの知名度をもっているのは中々すごいなぁと感心。

モンドセレクション2年連続受賞!週刊少年ジャンプ他に多数掲載!シリーズ累計の販売実績は180万本を突破!発売から18年経った今でも多くの男性に愛され続ける、大人気ヒゲ・ムダ毛ケアコスメ。参照-事業内容|株式会社エムアンドエム

口コミでも評判は中々で、結構リピーターが多い感じです。

困った時のYahoo!知恵袋様。

ゼロファクターに関するQ&A - Yahoo!知恵袋

そして、やはりというか価格はやや高めです。

まぁ予想通りではありましたが、通常だと10000円くらいします。

これでヒゲが薄くなるんだったら安いモノかもしれませんが、

通常10000円程します(Amazonで確認済)

こちらAmazonゼロファクター(公式)『5αSPローション』 青ヒゲ・剛毛対策!

10000円だと試すには高すぎて中々手がでませんが、現在キャンペーンをしていて、1か月みっちり試せるタイプのものが1000円くらいになっていました!

これ、元とれてるのか心配になるレベルですが、大丈夫なのか?

まぁどちらにせよ安く買えるに越したことはないですけどね。

1000円くらいで試せるのは魅力的です。

ちなみにゼロファクターとは?

5a理論

体毛は、毛乳頭や皮脂腺に存在する「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素が「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの1種を活性化し、より強力な男性ホルモンへと変化させた「5αデハイドロテストステロン(5α-DHT)」の影響により、成長します。
つまり、「テストステロン」を活性化して「5α-DHT」を作り出す「5αリダクターゼ」の存在がヒゲ・ムダ毛の悩みを生み出す根元なのです。 また、5αリダクターゼによって活性化した男性ホルモン「5α-DHT」は、頭髪に於いてはタンパク合成の阻害や皮脂分泌過剰を引き起こし、男性型脱毛(いわゆる若ハゲに一番多いタイプ)を引き起こす原因になるとも言われています。体毛が濃い方に頭髪が薄い場合が多いのはそのためだと言われています。
ゼロファクターは、この「5α理論」に着目し、5αリダクターゼに働きかける5つの天然成分をピックアップ。さらに同時にスキンケア効果 のある天然成分を豊富に配合しました。そうしてヒゲ・ムダ毛にお悩みの男性のために「新時代の男性の美肌をつくる天然成分配合化粧品」として生まれたのが、ゼロファクター「5αシリーズ」です。

ゼロファクター公式サイト参照

ちなみにヒゲをツルツルにしたい方は避けた方がいいとのことなので注意が必要です。

理由としてはゼロファクター は、ヒゲを除毛するタイプではなく、ヒゲを薄くするというもの。

体毛用にリムーバーも販売されてますが、あくまで体毛用で顔に使うには刺激が強すぎるので辞めておきましょう。

ヒゲにはヒゲ用を使用しましょうね。

ちなみにヒゲ用はローションタイプです。

対象としては、僕の友人の様に朝剃ったヒゲが夕方には生えてくるような剛毛タイプ、又はあだ名が「マリオ」の人にとっては素晴らしい製品ではないでしょうか。

ゼロファクターのキャンペーンは下記ボタンからどうぞ▼

最高のヒゲライフを手に入れてくださいね。







関連コンテンツ

-社会情勢・知っておきたいこと

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.