思ってたより大変!転職先が決まってから円満に退職するまでの流れ【私のケース】

転職する前・後のこと

円満退社は思ってたより大変!転職先が決まってから退職するまでの流れ【私のケース】

リカルド
よっしゃぁぁぁ!転職先が決まったぜぇぇぇ!!

休みの合間を縫ってようやく決まりましたよ!就職先!!そして、それとともに終わった転職活動!!!

 

「っしゃきたぁぁぁぁぁ!自由だぁぁぁぁ!!!」そう思っていませんか?気持ちを落とすようで申し訳ないのですが、そう思っていた時期が私にもありました。

 

転職活動に打ち込んでいる間はついつい忘れてしまいがちですが、転職するという事は今まで働いてきた場所を退職する訳です。

 

つまり、その旨を上司に伝えなければなりません。

 

もしこれが、救いようのない程のブラック会社で、それだけでなく共に働く社員もゴミクズばかりであれば、1mmも臆する事なく、「辞めます!」でいいですし、直接伝えるのが億劫なのであれば、退職代行サービスを使うという手もあります。

しかし、会社に対して「情」が芽生えている場合、非常に伝えづらいのですよね。経験者ならこの気持ちを分かっていただけるはずです。

 

よく見かける意見ですと、恩を仇で返すことに…とか、自分が抜けて迷惑かけないだろうか…とかありますよね。

  • 恩を仇で返す
  • 自分が抜けて迷惑をかける などなど

1人抜けたくらいで、会社が回らなくなる訳がない事も分かっています。というか一人抜けたぐらいで崩壊する職場はブラックで間違いなしです。ただ、少なからず今まで自分が行ってきた仕事は誰かの負担として降り注ぐわけです。

 

自分を必要と思ってくれている上司であれば必死に引き止めてくるでしょう。それらを全て振り切って、「辞めます!」と言える度胸が必要になるわけなんですね。

 

そこで、具体的に実際に私が行った退職までの一連の流れをご紹介させていただきますので、これから退職される方の参考になれば幸いです。

実際に私が退職した時の一連の流れをできるだけ詳細にお伝えします

実際に私が退職した時の一連の流れをできるだけ詳細にお伝えします

あくまで一つのケースとして参考にしていただければと思います。会社や人が変われば状況は変わりますので、「あぁ、この人はこんな感じで退職したんだなぁ」と思っていただければ幸いです。

退職までの第一関門〜「上司を呼び出す」

まずは「辞める」という旨を伝えるために上司を呼び出さねばなりません。ここでまず「なんて呼び出そうか。。。」って、私の場合はすごく悩みましたね。

 

とはいえ、退職の旨を伝えないことには退職できないので、メールでこっそり伝えることにしました。

 

このメールを見て、なんの脈略もなく呼び出された上司は、察するわけです。「あ、もしかして・・・」と。しかし、退職するために呼び出す以外の選択肢が私にはありませんでしたから、勇気を振り絞ってメールを送信しました。

 

このメールを見た上司から「◯◯君、今からミーティングできる?」と周りに不信感を与えないようにナチュラルに誘い出されました。

 

私はこの段階ですでにゴール(退職決定)したかの様な気持ちになっていましたが、そんなすんなりとは事は運びませんでした。

退職までの第二関門〜「説得」

上司に時間を作ってもらい、誰にも聞かれない様にカフェに移動した私たち。ある程度予想はしていましたが、案の定引き止めが入りました。

どうしたんだ?
リカルド
会社を退職しようと思っています。
そうか。理由はなんだ?

当然、円満退社を目指している訳なので、ネガティヴな事は口が裂けてもいいませんし、ネガティブな理由を話したところで何も生まれないことだけは明白です。

 

「サービス残業MAX!お昼休憩なし!薄給!」

だからとは、絶対に言いませんし、言ってはいけません。言ったところで何も解決しませんから。

 

私は素直に次にやりたい事が決まり、それができる会社の内定をいただいたので挑戦したいんです。と、当たり障りのないことをお話ししました。実際にこれらの理由は事実でしたし、会社を辞める理由としてはシンプルですが的を得ているだろうということでの判断です。

 

「そこまでやりたいのならウチの部署でもそれが出来る所へ移動させよう。」などと、甘い言葉を吐いてきますが屈してはダメです。

 

実際に私はこの言葉で結構グラつきましたが、それよりも早くこの会社を脱出したいという気持ちが強かったのと、部署が変わったところで今の状況は改善されないだろうと思っていたからです。

 

退職するというのはそんな軽い気持ちではないのです。ここまで来るのに散々考え抜いた先の答えが現状なのですから。

 

そもそも退職すると言われたから、希望の部署へというのは私個人の気持ちとしてもズルをした様な感じでとても嫌でした。残る他の激務を強いられている仲間たちにも良い気がしませんしね。

 

こんな感じで攻防を繰り広げる中で、僕の心をグッとした上司の一言がありました。

 

「この話は私の中だけで留める。だから部署移動したとしても誰にも君が辞めると言ったから移動になったとは、わからない様に自然な感じを演出する。だからもう少し頑張ってみないか?」

 

そこまで言ってくれるのかと、半泣きになりましたし、さっき仲間たちに良い気がしないと決意したばかりです。「いや、非常にありがたいのですが、辞めると言った手前、そのような都合の良いことは気持ち的にもできません」といったやり取りを繰り広げラチがあかなくなりました。

 

会社を辞めたいと言ってきた若造に対して「ここまで言ってくれるのか…」と、上司にこれ以上何も言えなくなってしまい、沈黙が続いたのち、「3日ほど考えてくれたまえ。」と、この日に決着はつきませんでした

退職までの第三関門〜「説得:第二部」

持ち帰って改めて考えたものの、やはり今の会社でこれ以上、自分のモチベーションを上げるのは不可能だと再度思いました。上司と話している最中は話がうまい事もあり、流されそうになりましたが、よくよく考えたら私の決意はそんなもので薄らぐほど浅いものではありませんでした。

 

そういった意味では、良くも悪くも「辞める」という決意を固めるには、ちょうど良い冷却期間になりましたね。決意を固めた私は再度、上司にキッパリと退職する旨をお伝えしました。

 

「そんな事言うなよ。」

 

という哀愁たっぷりの上司の表情と言葉に僕のガラスのハートはくだけ散る寸前だったと思います。「わかった。ただ、私の判断では全てを決定する事ができない。また後日、私の上司と3人で話し合おう。」

 

この日はこれだけでサクッと終わりました。

退職までの第四関門〜「さらに上の上司登場」

3人でカフェへ移動。もはや私たちにとっては行きつけのカフェですよ。

 

この時には上司もある程度、諦めたのか理解してくれたのかは不明ですが、割と前向きに僕のこれからを応援してくれる感じでした。しかし、そのさらに上司は威圧的で、私の苦手とするゴリゴリの実の能力者だったのです。

 

タバコを吸いながら「なんで?」と聞き飽きたセルフである「何で」攻撃を仕掛けてきました。タバコを吸いながら話してくる時点で「ないなこいつ。絶対辞めるからな。」と再度決意したのを覚えています。

 

理由なんかこれまでに散々話しとるわボケナスが何も聞いてないんかハナクソ野郎、と、汚い言葉を頭の中に羅列しながら、同じ話を繰り返し説明しました。

 

しかし、あっさりと「分かった」の一言。

 

「業績も良かったから残念だ。」と、最後に軽くヨイショしてくれました。このゴリゴリの実の能力者からそんな言葉をもらえるなんて思っても見なかったので非常にびっくりしましたね。

 

この段階でおそらく、退職するという事はもう確定していたので、続いて言葉を発します。

 

「長い間、くそお世話になりました!!!!」

私は退職日について話しだしました。

退職までの第五関門〜「退職時期の提案が来年」

私は退職希望日の2ヶ月前にこの話をしました。労働規約書には原則として、退職は1ヶ月前までに申し出る事とあります。

 

私の場合、引き継ぎなども結構ありましたが、1ヶ月もあればなんとか終わると考えていました。

 

会社が定めたルールは守ってますし、引き継ぎなどの期間も考慮した上でお話ししましたが、帰ってきた答えは、「それは、無理。現状を知っているだろう?」というもの。

 

私としてもこれまでお世話になった会社なので、できるだけ要望には応えたい気持ちもあったので一応会社が求める期間を伺いました。

リカルド
いつまででしょうか?
来年の4月までだ。
リカルド
無理です。

それはいくらなんでも無理なお願いです。この時点で半年以上ありますよ・・・

 

次の仕事も決まってますし、むしろこれから頑張る会社に有利に動きたいですよね、私の気持ちとしては。なので断固として「無理」だということをお話ししました。

 

MAX期日はここです、という事を長々と説明し、在籍している間は全力でサポートもしますし、日々の業務も頑張りますのでという事で丸く収まりました(多分)。

 

ここで冷静になって考えました。会社にそこまでする義理ありますか?会社の都合もあるでしょうが、私にも僕の人生があります。こう言うと失礼かも知れませんが、辞めると決めてる会社に対して、そんな時間の浪費をしていてはダメなんです。

 

人生という時間は限られているのです。




退職が確定するまでの道のりの方が転職活動よりも疲れた

退職が確定するまでの道のりの方が転職活動よりも疲れた

ここまでで自分の希望と会社に合わせられる限界はしっかりお伝えしましたので、これ以上、しつこく迫られることはなくなりました。私がここで思ったのは、転職活動も大変ですが、退職活動も同じくらい大変だな、ということ。

 

ここまででも何度か書いていますが、良いか悪いかは置いておき、今までお世話になった会社です。環境は私には合いませんでしたが人はみんなとても素晴らしい方ばかりでした。(一部を除いて)

 

退職するからと「裏切り者」みたいになるのはスッキリしませんしね。一応、私も目的があって転職をするわけです。

 

なので、出来れば「頑張れ」と送り出してほしいという想いもありましたし、退職したからと無縁になるのではなく、どこかしらで繋がっていたいなーとも思います。話し合いで上司との間で退職する時期を含めてほぼ確定しました。

 

ここまでで、精神もすり減らし、メンタル的にもダウンしてしまい、挙げ句の果てに熱まで出るというガラスのハートでしたが、なんやかんや「退職活動」は順調に進んできたと思います。

 

転職するたびに思いますが、「退職活動」は「転職活動」よりもしんどいなと思いますね。



まとめ:思ってたより大変だった「退職」までに道のり

まとめ:思ってたより大変だった「退職」までに道のり

転職先が決まり、退職の旨を伝えたら終わり!なんて思ってましたが、この心労は転職活動よりもある種、大変に感じました。

 

退職を上司に伝えるのって勇気も入りますし、周りの目も気にしてしまいます。

 

退職までの道のりを何度か経験していますが、本当に毎回、心苦しい想いを抱えながらです。最終出勤日の最後なんかは気持ちよく退社してるんですけどね。笑

 

「偶然ではなく必然」私がいつも心に置いている言葉です。この会社で働くのも、一緒に働いたのも偶然ではなく必然だったのだと思えば無駄な事なんてないと思える魔法の言葉です。

 

私はまだまだ苦手意識を持っていますが、何事も前向きに考えて行動するというのはとても大事な事です。

 

転職活動も大変ですし、転職が終わっても退職活動が待っています。この後は無事にきっちり退職するために、最終出勤日までにできることを進めていかなければなりません。

 

新しいところへ行ったら新人として一から学ばなければなりません。転職って人生を左右するくらいの出来事だと思います。

 

今は割と転職自体カジュアルになったといいますか、一定年数毎に転職する人が増えてるとは言え、いざ、本気で転職活動をやってみると結構体力を使います。

 

ゴールは人それぞれの捉え方だと思いますが、転職先を決めて、キチンと現職を退職するまでが転職活動です。遠足と同じです。

 

これから転職する方。これから退職する方。

 

個人的には退職活動の方がしんどいケースが多いと感じていますが、挫けずに前向きに頑張っていきましょう。最後になりましたが、有休消化できてますか?

 

会社を辞める際に膨大な有給を捨てるのは非常にもったないですよ、有給は労働者の権利ですからね。この辺りは「どうなるんだろう?」と思って色々と調べましたので、下記記事も方はにも目を通しておいてくださいね。

そして万が一、辞めたいのに絶対にやめさせてくれないブラック企業に属している場合のみ、冒頭でも少し触れた「退職代行サービス」を使うっていう手もあります。

 

ここ最近、話題になることが増えたサービスですが、会社に行くことなく、上司に会うことなく退職することが可能となります。

 

無理してブラック企業に残る義理も人情もないと思いますので、スパッときれいさっぱりしたい方は下記記事も要チェックです!

リカルド
なんだか退職活動の方が気が重いんだが。。。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Pick up!

Amazon「Black Friday 2019」開催日時と参加方法や特徴は?「くろ」が付くものがお得になる! 1

Amazonで「初」となるAmazon Black Friday2019が開催されるとのこと。   これまでもprime dayなど大規模なsaleはこれまでもありましたが、今回のBlack ...

【2019最新】アパレル業界で転職するなら!絶対に後悔させないエージェント3選! 2

アパレル業界で給料を上げていくためには、転職が必須となってきます。もちろん一社で勤め上げて毎年少しづつ給料を上げていくのもいいかもしれませんが、果たしてその選択は正解なのでしょうか?   こ ...

【MIIDASガイド】転職時に活用した年収診断がヤバすぎたので徹底レビュー 3

リカルドMIIDAS(ミーダス)ってなんだ? ガールさん簡単に適正年収を割り出してくれる便利ツールよ。 転職サイト内のサービスなのですが、私が魅力的だと感じる所はたった5分ほどでしかも無料で自分の市場 ...

4

実際に僕が使っている おすすめできるASPを紹介!! リカルドブログを開始して月/30万円を超えてきたので、ワイが登録・利用しているASPを紹介しようと思うぞ ガールさん他の人がどこのASPを使ってい ...

5

リカルドAmazonプライムって知ってる? ガールさんむしろ今まで利用してなかったの? ※2019/4/12 価格改定のため、内容をアップデートしています   実はこれ、言い過ぎではないんで ...

6

リカルドアマゾンプライムの学生向けサービスがあるってマジ? 今では3人に1人は利用しているであろうAmazonプライムですが(ヒロローグ調べ)、Amazonプライムでも十分破格の性能だと思っていたんで ...

-転職する前・後のこと
-,

Copyright© ヒロローグ , 2019 All Rights Reserved.