\おすすめのアパレル転職サイトはこちら/

仕事の愚痴しか言わない人の4つの特徴

4 min
仕事の愚痴しか言わない人の4つの特徴

愚痴るの好きな人って多いですよね。私も口に出してはダメだと思いつつも、ついつい愚痴ってしまう瞬間があります。

もちろんこいつになら本音で話しても大丈夫だと、信用している人間に対してだけです。しかし、基本的には愚痴るのは嫌いで、愚痴っている時はとてもスッキリするのですが、後から嫌悪感という波が押し寄せてきます。

また、どこからどんな話が漏れるか分からないので今後も今の会社で頑張って行こうと考えているのであれば、愚痴なんてこぼしてる場合ではございません。

自分の査定に影響する恐れがありますからね。

そもそも本気で仕事をしている人は愚痴なんて溢しません。そういった人は基本的に物事をポジティブに捉える人が多いので、ただ否定するという事はしないんですよね。

とはいえ、働いていると愚痴の一つや二つくらいは溢したくなるもの。たまにならいいのですが、口を開けば愚痴ばかり、というのも困り者です、何より愚痴は周りのエネルギーを奪いますから。

仕事の愚痴ばかり言う人の4つの特徴

仕事の愚痴ばかり言う人の4つの特徴

社会人を10年ほどやってきて、愚痴ばかり言う人の特徴が見えてきたので紹介していきます。

BAD Point
  1. 口だけで何もしない
  2. 辞める辞めると言いつつ辞めない
  3. 自分は努力してると思っている
  4. 新人にまで愚痴を言う

私が感じた愚痴ばかり言う人の特徴は大体こんな感じです。ですのでこれに当てはまると余りよろしくないので心当たりがある方は一度自分自身を見直すキッカケになればと思います。

ここからそれぞれ掘り下げて考えていきたいと思いますが、「あ、やべ、当てはまってる!」って方は今後に生かすべく参考にしていただければと思います。

1.口だけで何もしない

どこにでもいますよね、こういう口だけで何もしない人は。

大抵、偉そうに指示はするくせに自分は何もしません。パソコンでYouTubeや、休暇に行く予定の旅行先なんかを熱心に調べてたりします。

他の社員が気付いてないとでも思ってるんですかね。バレバレな上に上司に報告されてるケースも有りますよ?

それだけでなく、休憩や飲み会になれば偉そうにこの会社は◯◯が良くない、俺ならこうするとか流暢に話しだすわけですけど、「お前、口だけじゃねーか。」と全員が思っています。

文句だけは一人前な人が上の人間になってしまうと、それ以下のポジションの人達は地獄です。さらにこういう人ほど上司に対するゴマスリが上手なのでタチが悪いんですよね。

ゴマスリは必死にするくせに同ポジションや自分よ下の社員に対しては厳しかったり、会社の愚痴を延々と話してたりします。結構このタイプはよく見るので注意が必要です。

2.辞める辞めると言いつつ辞めない

このタイプも結構見かけます。

「もう辞めるしどーでもいいし、適当にやろう。」って言っちゃう人。別に辞めるなら辞めるで構わないのですが、周りの士気も下がる上に、そんな仕事を辞めるとか言ってる人間に何も仕事を頼みたくありません。

どんな仕事をしてこられるのかを考えると頼む側にはリスクしかありません。しかも、不思議な事にこんな事言ってる人ほど、いつまで経っても仕事を辞めません。笑

頻繁に辞める辞める言ってる人間はこの先、昇進や昇給も望めないでしょう。ある種、この会社では詰んでいるといえます。

「辞めたいならさっさと辞めろ地雷が。」と全員が思っていることでしょう。

またこういう人は「かまってちゃん」に多いです。つまり、周りの気を引きたいが為にそんな嘘を吐いて周りに必要とされているっていうのを確認したいのでしょうね。

大丈夫ですよ、すぐに「辞める、辞める」っていうあなたのことは誰も必要としてませんから。前向きでポジティブな人にこそ人望は集まるのです。

3.自分は努力してると思っている

線引きが難しいんですけどね。実際に努力している人も勿論沢山いる中で、想定外に自分に甘い人もいます。

こんなに努力しているのに何で評価されないんだと思う気持ちも分かりますし、その評価に対して愚痴ってしまうのもわかります。ただ、せっかく努力したにも関わらず、すぐに愚痴として吐き出してしまうのは非常にもったいないです。「黙っていれば評価されたのに」と思わずにいられません。

私が感じたこのタイプの人は、直ぐに評価を求めている人に多いです。言われた納期よりもこれだけ早く仕上げたのに給料は変わらない、インセンティブもない、やる気なくなるわーと愚痴るわけです。

このタイプの惜しい所はやる事はキチンとやっているところです。愚痴さえ言わなければ…と思う時がたくさんありました。実際に私もこのタイプになったことがあるので、気持ちはよくわかるのですが、自分が頑張ったぶんは評価されたいですよね。

ただ、ここで自らやったアピールだけでなく、それを評価しない会社は終わっていると愚痴ってしまっては、あなたの評価は一気になくなってしまいます。どこから上司の耳に入るかもわからないですからね。

自ら「仕事したアピール」なんてしなくても本当に努力していれば必ず見てくれている人はいます。なのですぐに結果が出ないからとそれを周りに愚痴るのは辞めましょう。

4.新人にまで愚痴を言う

私が1番最悪だと思っているのがコレです。

どう考えているかは知りませんが、少なからずやる気や希望を持って入社してきた人間に会社の悪い所や、不満な点をブチまけて何がしたいんでしょうか。

そんなに嫌ならお前1人が辞めれば済む話なのに何故、道連れにしたいのか仲間を増やそうとするのか。

親切心からですか?この会社にいたら良くないよという親心ですか?「お前がさっさと辞めろチンパンが。」と、周りの人たちはみんな思っていますよ。

まとめ:愚痴は周りのエネルギーを奪うので「愚痴が口癖」の人は要注意!

まとめ:愚痴は周りのエネルギーを奪うので「愚痴が口癖」の人は要注意!

私はどちらかというと仕事の為に生きているのではなく、生きる為に仕事をしているタイプなので嫌だなーとか仕事行きたくないなーというのは身に染みてわかっています。

ただ、他の人のモチベーションを下げる愚痴というのは極力言わないようにしているつもりです。そんな人は総じて仕事ができない人が多いです。

それは平社員でも上司でも立場が違っても同じです。

◯◯が嫌だから◯◯が気にくわないと言い放って終わるのではなく、◯◯だからこうしよう!と考えた方がよっぽど建設的です。

「口は災いの元」、「身から出たサビ」などと昔から言われるように、僕は自ら自爆したくないのでめちゃめちゃ発言には気を付けています。

仲の良い同僚同士で愚痴りながら飲むお酒は最高に美味しいですが、それを他人にマイナス影響を与えるまでに引きづってはいけないと思うんです。

共感を得たいという心理が働くのは分かりますが、愚痴ばかり言う人を信用して、さらに信頼するというのは不可能です。こういった日々、愚痴りまくる人は社内でも無能の烙印を押されている可能性が高いです。

私の経験談にはなりますが、愚痴を日常的に放つ人はすべからず上司にも筒抜けになっていますので、お先真っ暗と言えるでしょう。会社の為に頑張るというのは私もそうですが難しいです。先述しましたが生きる為に働いているだけだからです。

ですので、極論を言えば自分の給料を上げて、自分の生活を豊かにする為に働くと考えれば愚痴も少しは減るのではないでしょうか?どうせなら愚痴ばっかり言って嫌われる上司ではなくて尊敬される上司になりたいですよね。

愚痴を言ってても給料はまず上がりませんし、他の人を負のスパイラルへ道連れにする意味も分かりません。会社の為ではなく自分の為にも愚痴ばかり言うっていうのは、マイナス要素しかないのです。

リカルド

リカルド

無能と思われたくないから愚痴るのやめます。

関連記事