【毎月ある歓送迎会】歓迎会はするべきだが、送別会はなくても良い

社会のこと|コラム

【毎月ある歓送迎会】歓迎会はするべきだが、送別会はなくても良い

更新日:

リカルド
また送別会だと?!!

私の今の職場は、ほぼ毎月送別会なり歓迎会が行われる、いわゆる離職率の高い入れ替わりの多い会社です。見る人から見れば社畜全開のブラック企業かもしれないですね。

 

まぁそう思うのも仕方がないと納得の環境で、ある種慣れてしまっている自分がいるのも怖いのですが毎月送別会って何気に出費が痛いんですよね・・・

 

あ、そうそう私の職場はお昼休憩がないので、お昼代は割と節約できているんですけどね(白目)

こんな環境だとやはり、自然の摂理の如く人の入れ替わりの波が大きいんですよね。私の周りには3年以上働いている人ってほとんどいないレベルで、ベテランと新人という状態が続いている環境です。

 

毎月歓迎会、送別会が行われているなんて正直なところかなり異常だと思うし、そもそもこれだけ入れ替わりが多い事が分かってるのなら歓迎会とか送別会なんてらいらないんじゃ?と思うようになってきたのでその辺りについて書いていきたいと思います。

歓迎会は「あり」送別会は「なし」

歓迎会は「あり」送別会は「なし」

シンプルに我が社にきてくれて「ありがとう」という気持ちを込めて歓迎会は行われます。「これから宜しく」、「その人を知るため」などなど意味合いは色々があります。

 

入社したての人間は基本的には知り合いなどいない為、こういった歓迎会である程度、在職者と話すきっかけ、仲良くなるきっかけは大事なんじゃないかなとも思います。

 

少なからず私は歓迎会をしてもらえると嬉しいですし、最初は何かしらの希望をもって入社している人が大半だと思うのでこう言った場で色々と話を聞けるのはありがたいと感じます。

 

勤務時間だったり給料だったり休日の多さだったり仕事のやりがいだったり、どこまで聞けるかはわかりませんが、もしかしたら気の合う友人ができるかもしれないですしね。

 

色々な会社を受けまくった結果、受かったのがここだけだったので仕方なく通っている人もいるでしょうけども、どんな理由であれ、これから一緒に働く仲間になる訳なのでその人を知るという意味でも歓迎会は意味があると私は考えています。

 

逆に送別会とは会社から去る人間に対して行うものです。異動であれば快く送り出してやりたいですね。

 

後述しますが、結論としては送別会は基本的には「いらない」が私の考えです。と言うのも、やむを得ない理由や、やりたい事が明確化したから退職するのであれば話は別ですが、大体は一身上の都合という名の転職や単純に嫌になったからというのがほとんどだからです(ブラックだとそんなもんです)

 

ただこれまで頑張った、これからのあなたを応援するための送別会ならば少なからず意味はあると思っています。ただそれには心から相手にそう思われる仕事ぶり、人間性が必要になります。

 

どちらにしても正直なところ、してもしなくてもどっちでも良いような気もしますが、それを言ってしまうと話が終わってしまうので、もう少し続けたいと思います。

 

本来、歓迎会や送別会は毎月の恒例行事のようにするものではありません。

 

歓迎会や送別会がこうも毎月続くと本来の意味が薄れ、自らこの会社はブラックだと公言している事と同義だということに組織は気付かなければなりません。それだけ人の入れ替わりが激しいですよ!って言ってるようなものですからね

 

そもそもなんのために歓送迎会は行われるのでしょうか

歓迎会はお互いを知る意味でも「あり」

歓迎会というのは字の如く、歓迎するという事です。

 

これから一緒に働く人を迎え入れますという会だと私は解釈していますが、会社としては「社畜ゲット!ウハッ!」なのかもしれないですね、そこまで腐っているとは思いたくないですけど・・・

 

迎え入れる側からするとお酒の場を設けられる口実になるかもしれないですが、入る側からするとそれでもこうやって自分の為に集まってくれるのは嬉しいもので、メリットも多いと思います。

メリット

  • 名前と顔の一致
  • 生の意見(職場の)
  • もしかしたら仲良くなれる友達ができるかもしれないし
  • 気軽に話せる様になるかもしれない

入ってきたばかりの環境って転職者ならわかると思いますが、アウェイな環境のなか新しい環境に突撃する訳なので不安でいっぱいなのです。

 

一緒に働く「人」の事を知れるのはメリットとして大きいですよね。この辺りは新卒の頃を思い出していただけると分かっていただけると思います。

送別会は全ての退職者にする必要は「ない」

これまで会社の為に、周りの社員の士気を上げる為に、売上の為に貢献してくれてありがとう。次のステップに進んでも頑張って下さい。というのが表向きの理由になります。

 

本当にこの人が辞めたらやばい、仕事が回らなくなるといった弊害が起こるレベルの人もいるとは思いますが、体感的には30人に1人くらいじゃないでしょうか。

 

大体の組織は1人社員が抜けたくらいではダメージはそれほどないですし、一人辞めたからって著しく業績が下がることもないでしょう。誰かが突如来なくなったとしても、大抵なんとかなるのが組織です。

 

逆に、1人抜けたら全くもって仕事が回らなくなるような職場はマジでやばいと思うので早急な対策、もしくは離脱を推奨します。

 

話を戻しますが、辞める人というのは大きく2種類に分ける事ができます。

メモ

  • 前向きな退社
  • 後ろ向きな退社

前向きな退社に関しては送り出す方も送り出される方も気持ちいい。出て行く方も希望に満ち溢れ、送り出す方も心から頑張れと思えます。

 

反対に後ろ向きの退社の場合は、出て行く方は死ぬほど嬉しい。地獄と思っていた組織から抜ける事ができるのですから当然の気持ちです。私も経験ありますが、辞めたくて仕方がなかった会社の最終出勤日の嬉しさは尋常ではありません。

 

しかし、送り出す側がもしこの気持ちを知っているのだとしたら貴重な時間とお金を割き、何でこんな奴の為に送別会してやらねばならんのだ、となりますよね。

 

よって、ただ単に嫌で辞めるだけなら勝手にどうぞ、というのが私の考えです。

 

正直、送り出される方もしんどいはずです。実際に私も嫌で嫌で仕方がない会社を辞める時の挨拶は嫌でしょうがなかったですね。思ってもいないポジティブな挨拶をこなさなければいけないんですから。

 

そんな人が入れ替わりまくる職場にいると正直、歓送迎会なんていらないと思うようになるんですよね、送別会は特に。

 

つまり、「来るもの拒まず去るもの追わず」が一番シンプルで分かりやすいのではないでしょうか。仕事が人生の全てではないですし、その人が決めたことなんだから「頑張れよ!」の一言で良いような気がします。客観的に見ると、結局ただの飲み会という場が欲しいだけのように見えるんです。

 

何回もの面接を終え就職してきた人は希望に満ち溢れていて、こちらもパワーを貰えるのでウェルカムに迎えたいし、どんな理由であれ辞めるのであれば応援こそするものの、仲が良かった人同士だけで行えば、お互い気も遣わなくて済みますし、楽しい会になることでしょう。

送別会を「する・しない」は社歴で判断するのがベスト

送別会を「する・しない」は社歴で判断するのがベスト

とはいえ、毎月誰かが辞めるもんですから、全ての人に対して送別会をしていては財布の中身が死にます。経費で落ちるならまだしも、100%の自腹ですからね。

 

そうはいってもこれまでのしきたり、暗黙のルールの様なくだらない理由でどんなやつでも送別会をするのが我が社の謎のルールでもあります。

 

そこでお互いが嫌な思いをせずに、送別会の有無を判断するには「社歴」で判断するのがベストではないでしょうか。



1年未満で退社する場合は送別会はなし

さすがに入社数ヶ月とかだとない場合も過去にはありましたが、入社して数ヶ月程度であればしなくていいでしょう・・・そもそもそんな月日では、仕事内容も覚えたか、覚えてる途中レベルだろうし、個人としてもそこまで深く関わっている事もないケースがほとんどです。

 

お互いにとって去るときは送別会などしない方が親切だと思います。

 

なのでもし仮に送別会をするのであれば僕は「社歴」で判断するのが一番いいと思います。人付き合いが良いとか、仕事ができるとかっていう見る人が変われば評価が変わるところではなく、入社してから誰しもが平等に蓄積できる「社歴」を根底のルールとしてしまうのです。

 

入社してから最低でも1年経ってたら送別会有でいいのではないでしょうか?それ未満はなしでいいと思います。仲が良い人がいるならば、仲が良い人だけで行えばいいのです。

 

そもそも送別会をされたい人がいるのでしょうか?前向きな退職でない限りは最終出勤日に「お疲れ様でした。ありがとうございました」と簡単に挨拶回りをして終わりの方がスッキリします。

 

それで会社から出たらニヤニヤが止まらなくなって「ヒャッハァぁぁぁぁぁ」ってさせてあげれば良いと思うのです。




まとめ:入社1年未満の送別会は必要なし。仲が良かった者同士で集まった方がお互い幸せ

まとめ:入社1年未満の送別会は必要なし。仲が良かった者同士で集まった方がお互い幸せ

毎月毎月歓迎会、送別会があるおかげで財布の中は寂しくなっていく一方ですが、歓送迎会に対してこうやって考えることができました。

 

冷静に考えると、歓送迎会を「する・しない」のボーダーを考えていること自体、かなり洗脳されているといえます。

 

もし、私が将来社長になったら社歴1年未満の人が辞めるときは送別会はしないでしょう。

 

仲の良い人達だけでどうぞ。絶対にその方が楽しいから、という結論にいたりました。おそらくそれが一番楽しいし、後腐れなく円満退社につながると思います。

 

まぁ、結局はみんなが集まって飲みたい、騒ぎたいだけなんだろうという事は理解しています。そういった場が悪いとは思わないですが、本来の意味を見失っている気がしました。

 

感覚が麻痺ってしまってますが、毎月歓送迎会があるって結構やばいですよね。組織としては中堅社員がいない、完全に空洞化が始まっているわけですから。

 

これは送別会や歓迎会に限らずですが、飲み会って場がすでに地獄と感じる人だっています。これを強制するのもどうかと思うのでこの記事を見た管理職の方はこういった考え方をする奴もいるんだぞっていうのを頭の片隅にでも置いて置いてください。

 

そもそも参加の有無が強制ではなく自主性なら全く問題ないんですけどね。

リカルド
結局は送別される側が「何をどう感じるのか」だと思うんだ。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-社会のこと|コラム
-,

Copyright© ヒロローグ , 2019 All Rights Reserved.