【転職活動】アパレル販売員の面接が10分で終わったら採用?不採用?【私の経験談】

転職する前・後のこと

【転職活動】アパレル販売員の面接が10分で終わったら採用?不採用?【私の経験談】

リカルド
な、なんだってぇぇ!!!
ガールさん
どうしたのよ!

以前から進めていた転職活動ですが、これまで中々受けたいと思う会社に出会えませんでした。そんな中、働きたい!と思える会社が見つかり速攻で応募し、なんなく書類は通過しました。

 

そして満を持して面接へと突入の流れとなったのですが・・・

 

私は今までにそれほど多くの会社へ面接に行ったことがある訳ではないですが、今回の面接で最短記録の10分で面接終了を叩き出してしまった。実際には10分もなかったかもしれません。

 

一概に私の態度や表情が悪かった訳ではないと思うのですが、こんな一瞬で終わる面接もあるのだと驚愕しましたね。笑 原因は不明ですが、これでもかと淡々としている面接官に対して淡々と答えてしまったがよくなかったのでしょうか。

 

結論だけを先にお伝えしますと、「沈められ」ました。

憧れのアパレル販売員になるべく張り切って行った面接が10分で終わりました

憧れのアパレル販売員になるべく張り切って行った面接が10分で終わりました

なんでたった10分で面接が終わったのだろう・・・面接が終わってから色々と考えました。

メモ

  • 初見で私が面接官好みではないと判断されたのか
  • 最初から採用する気のない面接だったのか
  • 希望者が多かったので面接時間を短く設定していたのか
  • 逆に採用する気しかなかったから10分だったのか

色々と理由を考えてみましたが、ポジティブな私は「面接者が多かったので面接時間が決まっていた」のだと思いました。1日の中で数人から数十人の面接をする場合に毎回しっかりとした質問は難しいのだろう、そんな風に考えていました。

 

故に最初から質問を決めていて、それに淡々と答える(答えさせる)システムです。で、今回の面接官の人も非常に淡々としていて、全く笑わないしポーカーフェイスどころかマスクでもかぶってんのかくらいの勢いでしたね。

 

最初に質問事項を決めておいて、その質問に対して求職者がどう応えるのか、どんな反応を取るのかを見ていたのでしょう。

 

そういった意図があった場合、大したことも言えずにいそいそと撤退してしまった事は非常に後悔しています。しかし出来る限り前のめりの姿勢で口角を上げまくってお話しさせていただいたのも事実。

 

私は転職エージェントを駆使して面接に臨んでいる為、職務経歴書や履歴書はすでに先方の手元にあります。しかし、それでも今までは職務経歴書と履歴書に関しては、持参するのが当たり前だと思っていましたが、今回の持ち物は筆記用具のみでした。

 

この時点で違和感は感じていましたが、結果的にこの違和感は的中したことになります。

 

もう一点最悪のケースとしては最初から消化試合だった場合です。採用する気がないのにとりあえず体裁の為に面接しただけというパターンですね。

 

これであった場合、非常に残念だと感じると共にその時間を返して欲しいとさえ思います。が、その真意はその会社にしかわからないので深く考えない様にしました。ショックもでかいですからね。

10分の間に聞かれた質問は「これまでの経歴を話してください」のみだった

最初に簡単に自己紹介を済ませ、では「面接を始めさせていただきます」と面接がスタートしました。

 

「これまでの経歴を教えてください」というのが1番最初の質問だったのですが、これに対して、事前にエージェントの方から出来る限り簡潔に答えるように、と指示をいただいていたので、これまでの経歴とともに業務内容や自分の持っているスキルのみをお話ししました。

 

業務内容やスキルに関しては特に掘り下げる事もせずに本当に簡潔に話をするように心がけましたね。ここで大概は「その中で苦労したことは?」や「得意なことは?」など突っ込みがあるはずでした。

 

しかし、まさかの「わかりました」で終了。これには「ん?」何も聞かないの?とキョトンとしてしまったが、まぁきっとこの後に色々とお話ししてくださるのだろう、と楽観視していた自分を殺したいですね。

 

しかし次に出てきた言葉が「何か質問ありますか?」だったのです。

 

「おいおいおい、そりゃないぜとっつぁん。」と頭の中で思いながらも、用意していた質問を順に会社全体の事、現場の事、キャリアプランについて質問しました。

 

大体の面接では、自分が考え抜いた質問を3つもすれば充分だと自分の中で認識がありました。その考え抜いた質問に対してポーカーフェイスの面接官は淡々とさっぱりと答えてくれました。

 

そこでちょっと頭の片隅の中で恐れていた事を払拭しつつ、流石に何か質問してくれるだろうという甘えがどこかにあったのだが見事に粉砕されたのです。

 

「他にも質問ありますか?」

 

「おいおい、待ってくれよとっつぁん。」と再びルパンが顔を出します。

 

しかし、私には他に用意していた質問もなくHPをちょっと調べれば分かるような質問をしてしまうのを避けたいという想いもあったので、「ご質問にお答えいただき、ありがとうございます。私からは以上です。」と答えてしまいました。

 

というよりこの時の僕にはこれ以上の答えが思い浮かばなかったですし、この場の空気の重さに吐き気がしていました。そして面接官より、とどめの一言である「では、本日の面接は以上になります。」と無情の言葉が飛んできて終了したのです・・・

 

私はここで挫けてはダメだと満面の笑みで「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました。」と会釈して退室し、早々と面接は終了したのでした。

10分で終わってしまった面接の反省点

10分で終わってしまった面接の反省点

思い返せば反省点だらけの面接でしたね。

 

最初の職務経歴を話す段階で簡潔にではなく、もう少し自己アピールすべく、掘り下げて話せばよかったとか、質問も3つではなく5つ用意しておけばよかったなど今になって思うわけですが、終わってしまったものは仕方がありません。

 

エージェントを責めるのもお門違いなのですが「簡潔に」と言われていましたから。逆にこういった面接の仕方もあるのだと勉強になりました。まだ面接の結果は出ていないですが厳しいでしょう。

 

ここまで自分の事を話せなかった面接は初めてでしたが、逆にこの面接で面接官はどこを見ていたのだろうか・・・次に活かす為にも是非知りたいという思いが沸いてきます。

 

今までにこういった面接経験(面接する側)がある方がいらしたら是非とも教えてほしいものです。ようやく受けたいと思える会社に出会い、面接まで辿り着けたものの無残な結果に終わってしまって半泣きですよ。

 

まだまだ結果は分からないものの(この時点では)、今の職場を一刻も早く辞めたいという想いが強いので、ようやく出会えた会社に自分の良さや強みを話す前に蹴られるとなると非常に落ち込みますね。

 

これからも良いと思った会社は随時受けていく予定ですが、それまで僕の心が持つか心配です。

面接時間がたったの10分で終わった場合「不採用」

面接時間がたったの10分で終わった場合「不採用」

面接してから3日後に面接時間が10分で終わってしまった結果が届きました。

 

「不採用」

 

他人の合否など興味ないかも知れなませんが、あくまで1つのケース、パターンとして参考になれば幸いです。

予想していた通りの結果「不採用」でした

まったく期待していなかったと言えば嘘になりますが、97%くらいはダメだろうと予測していました。

リカルド
ちょっとだけ希望を残していたんだ。

結果、予測そていた通りになった訳ですが、それもそうだろうと素直に納得しました。なんせ、自分の強みや会社への関心、興味など一切話す事なく、そして聞かれる事なく面接を終えているのですから当然といえば当然の結果ですよね。

 

不採用の理由は面接官にしか分からないですが、もしかしたら最初から取る気がないのに面接したのかもしれないですね。この辺りは会社にしか分からない事で考えても答えは出てこないので考えるのはやめました。



次の面接に向けての対策は徹底した「自己分析」が大事

面接を終えてから3日で、早々に連絡がきたわけですが、無駄に期間を引っ張られなかったのでここは好感を持てました。(ポジティブシンキング)

 

ちなみに会社側からの対応としてはこうです。

※私は転職エージェントを通しているので、転職エージェントから連絡がきます

選考結果:大変残念ながら、今回はお見送りとのご連絡を頂戴いたしました。
ご理由:同社でのキャリアビジョンが明確でなく、企業についても勉強不足、準備不足の印象を受けた。

なぜ◯◯社に入りたいかを、自己紹介や質問からとらえることができなかった。

お力になれず誠に申し訳ございません。
今回、ほかの方も同様の面接を受けておられ、いかに熱度高く志望されているかが大きなポイントになりました。
限られた時間でいかに多くの情報・印象を与えられるか、そのために事前の準備がどれくらい必要であるか、次回につなげて頂きたいと思っております。

この答えに対して、僕は一体どうしたら良かったのか分からなくなりましたね・・・

 

その理由としては、転職エージェントを経由している場合、これまでの傾向と対策、事前に分かっている情報を共有していただけるのですが、その共有にはこう記されていたからです。

相手企業は事前に質問内容をしっかり固めておられます。

質問された内容について的確かつ簡潔にお答えするようにお願いいたします。

簡単にですが、こういった内容であった為、その言葉通り、的確に簡潔に答えることを意識しました。

 

今になって思いますが、的確に簡潔に答えるという事はどんな場面でも必要な事で、もはや当たり前の事なのです。そこでロジカルに話ながらもいかに自分をアピールしていくかがこの面接という場なのです。

 

そんな事は大前提であり本当にその会社に入りたかったのであれば簡潔に答えながらも熱意を盛り込ませる事は出来たはずです。たとえ向こうから飛んできた質問が、「今までの経歴を話して下さい。」だけだったとしても・・・

 

書類審査に通ったという事は少なからず希望はあったはずなのです。にも関わらず、事前に共有のあったそのまんま、的確に簡潔に答えただけでは沈められて当然だといえますね。

 

それに毎回、同じ人が面接をするかどうかなんて分からないですし、人事が変われば面接方法も変わってくるはずです。エージェントからの事前共有はあくまで「これまでの傾向」なだけで、今回も「同じだろう」と安易に考えてしまった私のミスであり、エージェントの人はなんら悪くありません。

 

ちなみに私が利用したエージェントはクリーデンスです。今回は不採用でしたが、本当に親身になってくれるエージェントです。

この失敗を次に活かすだけです。

 

ここで学んだ次に向けての「対策」は

ポイント

  • 事前共有はあくまで「これまで」の傾向
  • エージェントに言われた通りの事をするだけでは難しい(傾向が変わった場合、対応できなくなる)
  • どんな質問にも対応できるようにきちんと「自己分析」しておく

特に「自己分析」をかなり詰めてできていると、自分の中に「芯」ができるので、非常にオススメです。頭で考えるだけでなく、紙に書き出すだけで、視野はかなり広がります。

 

私はこの面接を終えた後に「紙に書き出す」+無料でできる「グッドポイント診断」を行い、徹底的に自己分析をしました。

自己分析がしっかりできていると、自分に自信が持てるようになるので、まだ深く自己分析していないって方はぜひこの機会にやってみてください。面接に受かる確率を引き上げられます。




まとめ:面接官が自分に興味が向いていなければ高確率で落ちている

まとめ:面接官が自分に興味が向いていなければ高確率で落ちている

いくら転職エージェントが転職活動のプロだとしても全部が全部分かっている訳ではありません。これは人間対人間なのだから当たり前です。

 

面接官が変われば傾向も対策も変わってきますから。

 

エージェントは今までの実績と経験、会社との繋がりを元にアドバイスしてくださる訳です。私は今回の面接で1つ致命的なミスをしていて、その結果今回の様な寂しい結果に繋がったと考えています。

 

それは転職エージェントを「信じすぎて自分で何も考えなかった」ということ。こう言うと転職エージェントが悪いと捉えられそうですが、そうではありません。

 

自分で考える事をやめ、全て言われる通りに行動してしまった結果です。エージェントのいう事を聞いてれば間違いないだろうという甘えです。

 

私はこの時に担当してくれたエージェントさんが、どれだけ一生懸命私の要望に沿った求人を探してくれたかを知ってるからです。

 

これが今回の面接を終えての私の反省点です。もちろん、そもそも私がその会社を受けるスペックではなかったのかも知れないし、実績不足だったのかも知れない。しかしそんな事はこちらには分からないので私は気にしないことにしました。世の中には会社なんて腐るほどありますしね。

 

現状では会社に入って働かないと私は生きて行けないので、条件や環境が良くなるチャンスがあるのであればチャレンジしていきたいと思います。なにより、向こうから質問してくれるという甘え。甘えた結果、私は何1つ胸に秘めていた熱意や自己PRが何1つ出来なかった無念さ。これは必ず次に生かさなければなりません。

 

なので、的確に簡潔に答える様にと言われていようが、本気の想いがあるのであれば、その胸に秘めているこの会社に入りたいんだという「熱意」は話せるタイミングがあればどんどん織り交ぜていくべきだと思うし、事前共有から大きく逸れない程度に大袈裟なくらい態度に出せば良いと思います。

 

それであれば撃沈したときも「自分はやりきった。それで無理なのであれば仕方がない。」と納得がいきます。自分自身の中で腑に落ちます。

 

終わった後に後悔しても「時すでに遅し」です。結果はどうあれ、面接に向けて準備期間含めて「やりきった」かどうか?なのです。

 

※追記

現在では無事にラグジュアリーブランドへの転職を成功させることができました。この時の面接官はいわゆるベーシックなタイプで、この時の様子も記事にしていますので、参考までにどうぞ。

ガールさん
「合う・合わない」は誰にでもあるわ。次よ!次!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Pick up!

Amazon「Black Friday 2019」開催日時と参加方法や特徴は?「くろ」が付くものがお得になる! 1

Amazonで「初」となるAmazon Black Friday2019が開催されるとのこと。   これまでもprime dayなど大規模なsaleはこれまでもありましたが、今回のBlack ...

【2019最新】アパレル業界で転職するなら!絶対に後悔させないエージェント3選! 2

アパレル業界で給料を上げていくためには、転職が必須となってきます。もちろん一社で勤め上げて毎年少しづつ給料を上げていくのもいいかもしれませんが、果たしてその選択は正解なのでしょうか?   こ ...

【MIIDASガイド】転職時に活用した年収診断がヤバすぎたので徹底レビュー 3

リカルドMIIDAS(ミーダス)ってなんだ? ガールさん簡単に適正年収を割り出してくれる便利ツールよ。 転職サイト内のサービスなのですが、私が魅力的だと感じる所はたった5分ほどでしかも無料で自分の市場 ...

4

実際に僕が使っている おすすめできるASPを紹介!! リカルドブログを開始して月/30万円を超えてきたので、ワイが登録・利用しているASPを紹介しようと思うぞ ガールさん他の人がどこのASPを使ってい ...

5

リカルドAmazonプライムって知ってる? ガールさんむしろ今まで利用してなかったの? ※2019/4/12 価格改定のため、内容をアップデートしています   実はこれ、言い過ぎではないんで ...

6

リカルドアマゾンプライムの学生向けサービスがあるってマジ? 今では3人に1人は利用しているであろうAmazonプライムですが(ヒロローグ調べ)、Amazonプライムでも十分破格の性能だと思っていたんで ...

-転職する前・後のこと
-, ,

Copyright© ヒロローグ , 2019 All Rights Reserved.