転職する前のこと

【転職活動】面接が10分で終わってしまった件について

更新日:




面接が10分で終わっただと?

リカルドくん
な、なんだってぇぇぇぇ
ガールさん
どうしたのよ

以前から進めていた転職活動だが、これまで中々受けたいと思う会社に出会えませんでした。そんな中、働きたい!と思える会社が見つかり速攻で応募し、なんなく書類は通過しました

 

そして満を持して面接へと突入の流れとなりました

 

僕は今までにそれほど多くの会社へ面接に行ったことがある訳ではないが、今回の面接で最短記録の10分で面接終了を叩き出してしまった

 

一概に僕の態度や表情が悪かった訳ではないと思うのだがこんな一瞬で終わる面接もあるのだと驚愕しましたねぇ。原因は不明だが淡々としている面接官に対して淡々と答えてしまったのも良くなかった気がするが表情だけはこれでもかと気をつけました。

面接者が多い?

色々と理由を考えてみたが、やはり1番あり得るのはこの理由かと思う。1日の中で数人から数十人の面接をする場合に毎回しっかりとした質問は難しいのだと思います

 

故に質問を決めてそれに淡々と答える(答えさせる)システムだ。で、今回の面接官の人も非常に淡々としていて、全く笑わないしポーカーフェイスを貫いていました(冷徹な顔)

 

最初に質問事項を決めて置いてそれにどう応えるのかを見ていたのでしょう

 

そういった意味では大したことも言えずに、いそいそと撤退してしまった事は非常に後悔しています。しかし出来る限り前のめりの姿勢で口角を上げまくってお話しさせていただいたのも事実

 

今回僕は転職エージェントを駆使して面接に臨んでいる為、職務経歴書や履歴書はすでに先方の手元にあります。しかしそれでも今までは職務経歴書と履歴書は持参が当たり前だと思っていたが今回の持ち物は筆記用具のみでした

 

この時点で違和感は感じていたものの特に対策が出来ていなかった点が反省点といえますね

 

もう一点最悪のケースとしては最初から消化試合だった場合です。採用する気がないのにとりあえず体裁の為に面接しただけというパターン

これであった場合、非常に残念だと感じると共にその時間を返して欲しいとさえ思うがその真意はその会社にしかわからないので深く考えない様にしました。ショックもでかいですからね



具体的な質問内容は?

最初に簡単に自己紹介を済ませ、では「面接を始めさせていただきます」と面接がスタートしました

 

「これまでの経歴を教えてください」というのが1番最初の質問だったのですが、これに対して、事前にエージェントの方から出来る限り簡潔に答えるように、と指示をいただいていたので、これまでの経歴とともに業務内容や自分の持っているスキルのみをお話ししました

 

業務内容やスキルに関しては特に掘り下げる事もせずに本当に簡潔に話をするように心がけましたね。ここで大概は「その中で苦労したことは?」や「得意なことは?」など突っ込みがあるはず

 

僕もその流れを予想していました

 

しかし、まさかの「わかりました」で終了。これには「ん?」何も聞かないの?とキョトンとしてしまったが、まぁきっとこの後に色々とお話ししてくださるのだろう、と楽観視していた自分を殺したい

 

しかし次に出てきた言葉が「何か質問ありますか?」だった

 

「おいおいおい、そりゃないぜとっつぁん。」と頭の中で思いながらも、用意していた質問を順に会社全体の事、現場の事、キャリアプランについて質問した

 

大体の面接では、3つも質問すれば充分だと自分の中で認識がありました。そしてそれぞれの質問に対してポーカーフェイスの面接官は淡々と答えてくれました

 

そこでちょっと頭の片隅の中で恐れていた事を払拭しつつ、流石に何か質問してくれるだろうという甘えがどこかにあったのだが見事に粉砕された

 

「他にも質問ありますか?」

「おいおい、待ってくれよとっつぁん。」と再びルパンが顔を出す

 

しかし僕には他に用意していた質問もなくHPをちょっと調べれば分かるような質問をしてしまうのを避けたいという想いもあったので、「ご質問にお答えいただき、ありがとうございます。僕からは以上です。」と答えてしまった

 

というよりこの時の僕にはこれ以上の答えが思い浮かばなかったですし、この場の空気の重さに吐き気がしていました

 

そして面接官より、とどめの一言である「では、本日の面接は以上になります。」と無情の言葉が飛んできて終了

 

僕はここで挫けてはダメだと満面の笑みで「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました。」と会釈して退室した。早々と面接は終了したのでした

反省点

思い返せば反省点だらけの面接でしたねぇ

 

最初の職務経歴を話す段階で簡潔にではなく、もう少し自己アピールすべく、掘り下げて話せばよかったとか、質問も3つではなく5つ用意しておけばよかったなど今になって思うわけだが終わってしまったものは仕方がない

 

こういった面接の仕方もあるのだと勉強になった。まだ面接の結果は出ていないですが厳しいでしょうね

 

ここまで自分の事を話せなかった面接は初めてだが、逆にこの面接で面接官はどこを見ていたのだろうか・・・次に活かす為にも是非知りたい

 

今までにこういった面接経験(面接する側)がある方がいらしたら是非とも教えてほしいです。ようやく受けたいと思える会社に出会い、面接まで辿り着けたものの無残な結果に終わってしまって半泣きです

 

まだまだ結果は分からないものの、今の職場を一刻も早く辞めたいという想いが強いので、ようやく出会えた会社に自分の良さや強みを話す前に蹴られるとなると非常に落ち込みますね。これからも良いと思った会社は随時受けていく予定だがそれまで僕の心が持つか心配です

面接時間がたったの10分で終わった件:続編

面接時間が10分で終わってしまった結果が届いた

 

他人の合否など興味ないかも知れないが、あくまで1つのケース、パターンとして参考になれば幸いです

予想通り撃沈

まったく期待していなかったと言えば嘘になるが、97%くらいはダメだろうと予測していました

 

リカルドくん
残りの3%は希望です

 

結果予測通りになった訳だが、それもそうだろうと素直に納得しました。なんせ、自分の強みや会社への関心、興味など一切話す事なく面接を終えているのですから当然といえば当然の結果ですよね

 

今となっては分からないですが、もしかしたら最初から取る気がないのに面接したのかもしれないですね。この辺りは会社にしか分からない事で考えても答えは出てこないので考えるのはやめた



原因と対策

面接を終えてから3日くらいで、早々に連絡がきたわけですが、無駄に期間を引っ張られなかったのでここは好感を持てた(ポジティブシンキング)

 

ちなみに会社側からの対応としてはこうです

※僕は転職エージェントを通しているので、転職エージェントから連絡が来る

選考結果:大変残念ながら、今回はお見送りとのご連絡を頂戴いたしました。
ご理由:同社でのキャリアビジョンが明確でなく、企業についても勉強不足、準備不足の印象を受けた。

なぜ◯◯社に入りたいかを、自己紹介や質問からとらえることができなかった。

お力になれず誠に申し訳ございません。
今回、ほかの方も同様の面接を受けておられ、いかに熱度高く志望されているかが大きなポイントになりました。
限られた時間でいかに多くの情報・印象を与えられるか、そのために事前の準備がどれくらい必要であるか、次回につなげて頂きたいと思っております。

この答えに対して、僕は一体どうしたら良かったのか分からなくなりましたね

 

その理由としては、転職エージェントを経由している場合、これまでの傾向と対策、事前に分かっている情報を共有していただける

 

その共有にはこう記されていた。

相手企業は事前に質問内容をしっかり固めておられます。

質問された内容について的確かつ簡潔にお答えするようにお願いいたします。

簡単にだが、こういった内容であった為、その言葉通り、的確に簡潔に答えることを意識しました

 

結果、日本の企業という広大な海に沈められた

 

今になって思うが、的確に簡潔に答えるという事はどんな場面でも必要な事でもはや当たり前の事で、ロジカルに話ながらもいかに自分をアピールしていくかがこの面接という場なのですね

 

そんな事は大前提であり本当にその会社に入りたかったのであれば簡潔に答えながらも熱意を盛り込ませる事は出来たはずです。たとえ向こうから飛んできた質問が、「今までの経歴を話して下さい。」だけだったとしても・・・

 

書類審査に通ったという事は少なからず希望はあったはずなのです。にも関わらず、事前に共有のあったそのまんま、的確に簡潔に答えただけでは沈められて当然だといえますね

最後に

いくら転職エージェントが転職活動のプロだとしても全部が全部分かっている訳ではない。これは人間対人間なのだから当たり前です

 

あくまで今までの実績と経験、会社との繋がりを元にアドバイスしてくださる。僕は1つ致命的なミスをしていて、その結果今回の様な寂しい結果に繋がったと考えています

 

それは転職エージェントを「信じすぎて何も疑わなかった」ということ。こう言うと転職エージェントの方が全て悪いと捉えられそうだが、そうではない

 

自分で考える事をやめ、全て言われる通りに行動してしまった事ですね

 

これが今回の僕の反省点です。もちろん、そもそも僕がその会社を受けるスペックではなかったのかも知れないし、実績不足だったのかも知れない。しかしそんな事はこちらには分からないので僕は気にしないことにしました。世の中には会社なんて腐るほどありますしね

 

現状では会社に入って働かないと僕は生きて行けないので、条件や環境が良くなるチャンスがあるのであればチャレンジしていきたいと思います。今回の件で僕が学んだ事は、「なぜ、その会社に入りたいのか」という「熱意」を伝える事の重要さです

 

今更何を言っているんだこいつは当たり前だろうそんな事と言われそうだが、そんな事も忘れていました。どのタイミングで面接が終わるかなんて面接官にしかわからないのですから

 

なにより、向こうから質問してくれるという甘え。甘えた結果、僕は何1つ胸に秘めていた熱意や自己PRが何1つ出来なかった無念さ。これは必ず次に生かさなければならない

 

なので、的確に簡潔に答える様にと言われていようが、本気の想いがあるのであれば、その胸に秘めているこの会社に入りたいんだという「熱意」は話せるタイミングがあればどんどん織り交ぜていくべきだと思うし、事前共有から大きく逸れない程度に大袈裟なくらい態度に出せば良いと思います

 

それであれば撃沈したときも「僕はやりきった。それで無理なのであれば仕方がない。」と納得がいきます。自分自身の中で腑に落ちます

 

この時の失敗を生かして記事も書いてます。アパレル業界の面接で絶対聞かれる質問と詳しく話すべき内容まとめ失敗して学んだことなのでこれから面接を受ける方の参考になるはずです

 

自分の中にフラストレーションを貯めない為にもやれる事はやりきることが重要だと学んだ今回の件でした!

リカルドくん
面接って苦手だぜぇ・・・
ガールさん
合う・合わないは必ずあるから落ち込みすぎずに次に活かしましょ







関連コンテンツ

-転職する前のこと

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.