仕事・ファッションの悩めることなら「ヒロローグ」

社会情勢・知っておきたいこと

仕事でLINEを使用するはNG?便利だが落とし穴も多い事実

更新日:




非常に便利なツール

今やこの「LINE」を使っていない人はいないのではなかろうか?

それくらい当たり前に我々の生活に定着している。

「友人」、「家族」、「恋人」なんかと簡単に連絡を取れる「LINE」だが、予期せぬ方向に働く場合も多く存在する。

簡単に連絡を取れる、それが故に干渉して欲しくない所まで浸透してきているのも事実だ。

メールに比べてよりカジュアルにやり取りが可能になった「LINE」だが、これが働く人々にとって害悪になってくる瞬間が多々ある。

仕事に絡ませるべきではない

僕は仕事にこのLINEを使うべきではないと考えている。

というのも、このLINEを仕事で導入する事によって、プライベートと仕事の境界線が曖昧になり、度々苦しめられているからだ。

仕事で使うにしても「個人」から「個人」に使う分にはそれほど支障はない。

多くの人々を苦しめているのは「グループ設定」だ。

このグループ設定だが、所属している社員全員に一気に連絡を出来る為非常に便利だ。

便利の反面、部下のプライベートや休日をまるで無視したLINEが飛び交う事になるケースが存在するのでとても迷惑だ。

どういったときに不備が生じるのか

例えばだが、あなたが属するチームがあるとしてそのグループリーダー、いわゆる上司が何でもかんでもこのグループLINEに指示を出し、時には報告を求めてきたらどうだろうか?

それぞれ個人に渡されているスマホでも大概しんどいのにも関わらず、大抵は個人のスマホに飛んでくるだろう。

そうなってくると休みだろうが家族サービス中だろうが、個人のスマホに仕事の連絡や報告が飛んでくるようになる。

僕は休日中にその飛んできた仕事のLINEを見る度にため息が止まらなくなる。



メリットはある?

もちろんしんどい事ばかりではなく、「仕事」という一点で見ると連絡手段が格段に楽になる

また、連絡だけでなくチームとして意見交換もしやすくなる。

また、スマホというのがとても身軽で気軽に開くことができるので、どんなに忙しくてもメールチェックは簡単にできてしまう。

しかし、それこそが落とし穴といえる。

それがパソコンのメールだとそうもいかなくなる。

パソコンのメールだとパソコンの前にいなければ見る事は出来ない。

スマホとリンクさせれば見る事は可能だが、そんな愚かな真似はするべきでない。

特に一般社員はきっちりプライベートと仕事は分けるべきだ。

そんなことするのは仕事が楽しくて仕方がない人だけでいい。

大抵の世の一般社員はプライベートな時間にまで仕事のメールなんぞ見たくもないはずだ。

それはなんの為に働いているかを考えれば一目瞭然だ。

大多数の人は「生きる為に」お金が必要だから働いているのであって、仕事の為に生きている訳ではないはずだからだ。

勿論、少数だとは思うがそういった考えの人もいるだろう。

それはそれで、それだけ打ち込めるというのは尊敬するがそれを他の人間にまで求めるのはどうかしている。どうかしてるぜ。

故に100%デメリットしかないかと言えばそうではないのだが、余りにもメリットが少ない。

効率化重視はどこまで進むのか

f:id:hiroyuxxx:20160805234630j:image

効率化を求めるとこんな便利な連絡ツールがあれば使用するのは至極当然といえる。

僕は大手勤めではないので大手の実情は知らないが、中小企業では多いのではないだろうか。

それこそ、若い世代が盛り上げているベンチャー企業などでは圧倒的に多いと思う。

実際に友人が働いているベンチャー企業も連絡は当たり前の様にLINEだ。

そもそもこれを効率化重視と言っていいのかも分からなくなってきてしまったが、社員の気持ちという部分を排除した場合には、効率はきっといいのだろう。

失うもの、得るもの

LINEを当たり前の様に仕事に導入する事で得るもの、失うものは一体何があるのだろう。

あくまで僕個人の意見だが掘り下げて考えていきたいと思う。

得るもの

正直、得るものはそんなにないかもしれないが、最強の連絡ツールであることは間違いない。

個人だけでなくグループでも連絡が簡単に取れるのは、「指示を出す側」からすればとても便利だ。

また、ギスギスした職場ではなく、皆んな仲の良い職場、悪くいえば、「なぁなぁの関係」になってしまっている職場であれば楽しいツールになるだろう。

失うもの

これは先程から述べている様に、プライベートだ。

いうなれば「時間」を失っているといえる。

勤務時間内のみに限ってこのLINEを使うのであれば不満もそこまで生じない。

勤務時間外に飛んでくるから不満が生じる。

見たくもないのに、休みの日にまで仕事の報告や指示が飛んでくると僕はとてつもなく嫌な気分になる。

休みの日の朝早くや夜にLINEがきてその内容を見るだけで吐き気を催すレベルで苦痛だ。

こんな事を言っていると休みの日に電話がないだけましだという声も飛んできそうだが、そもそもなんで休みの日に電話がかかってくるのか不思議で仕方がない。

さらになんでその電話に出なければならないのだろうか。

もちろん大事な商談の話であったり納期が近いなどの理由はあると思うがよーく考えてみてほしい。

休みの日だ。

休みの日まで朝から仕事の事で頭がいっぱいになるのだけは嫌だ。

これだけが原因ではないにしろ、少なからず休みの日に上手くリフレッシュが出来ず、結果ストレを溜め込む事になり、心療内科に通うことになるパターンは避けたい。

結論

このLINEを仕事で良かれと思って導入しているのであれば今一度、個人のプライベートな部分にも目を向けてほしい。

全員が仕事一直線な訳ではない。

生きる為に働いているだけだ。

仕事をする以上結果を求めるのは当然だと思うし僕もそうあるべきだと思う。

であれば、勤務時間内に結果を出す様に考えるべきだ。

早朝や深夜、休みの日まで仕事仕事ではみんな疲弊してしまう。

効率化の為に導入したのであればきちんと勤務時間内に終わらせる様に「効率化」しないといけない。

勤務時間を無視して簡単に連絡出来るからと部下の都合を無視してLINEで個人やグループ単位で指示を出している上司は無能と言わざるを得ない。

全てがこのLINEの所為ではないのは重々理解しているが、敢えて着目して書いた。

時間問わず個人、グループに指示を飛ばしているのであれば仕事の効率面は良くなっているのかもしれないが、信用は無くなっている事に気付かなければいけない。

 

関連記事

連休明けに会社を辞めたくなる、死にたくなる人が増えるのは何故なのだろうか

連休明けって本当に地獄ですね 皆様、今年のお盆休みはどのようなご予定だろうか。 旅行に行く人もいれば、家族サービスする人、恋人とまったり過ごすのもいいだろう。 一年の中で長期休暇が取れるのは大体の会社 ...

続きを見る







関連コンテンツ

-社会情勢・知っておきたいこと

Copyright© ヒロローグ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.